屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

HOME > 施工事例 > 横浜市港北区師岡町で塗膜が劣化したスレート屋根をファインパー.....

横浜市港北区師岡町で塗膜が劣化したスレート屋根をファインパーフェクトベスト(モスグリーン)で塗装工事いたしました

更新日:2022年8月23日

【施工前】
塗装前の屋根

【施工後】
塗装後の屋根

施工内容屋根塗装

築年数築26年

平米数82.3㎡

施工期間約1週間

使用材料日本ペイント ファインパーフェクトベスト モスグリーン

費用詳しくはお問合せください

保証5年

ハウスメーカー地元工務店

足場アイコン屋根塗装

【お問い合わせのきっかけ】


担当:高田


 横浜市港北区師岡町にお住まいのY様より、ご自宅のメンテナンスについてご相談を受けたことが今回の工事のきっかけでした。日頃からウォーキングをされていらっしゃるとのことで、その際にたまたま見かけた弊社のラッピングカーを見てお問合せいただいたとのことでした。見つけていただき大変嬉しく思います。

 屋根は10年ほど前に塗装工事をされたとのことでしたが、塗膜が劣化してチョーキング現象が発生している状態でした。再度塗装によるメンテナンスをご希望とのことでしたので、屋根塗装工事でお見積りをさせていただきました。

 いつもであれば塗装と併せて棟板金の交換もオススメするのですが、棟板金は数年前に交換をされたとのことで状態もとても良好だったので、今回は据え置きといたしました。

 塗料はコストパフォーマンスに優れた日本ペイントのファインパーフェクトベストを使い、色は今までの茶色からイメージを変えてモスグリーン色となりました。明るく落ち着いた印象の屋根に生まれ変わり、Y様にとても喜んでいただくことができました。
 横浜市港北区師岡町にお住まいのY様より、ご自宅のメンテナンスについてご相談を受けたことが今回の工事のきっかけでした。日頃からウォーキングをされていらっしゃるとのことで、その際にたまたま見かけた弊社のラッピングカーを見てお問合せいただいたとのことでした。見つけていただき大変嬉しく思います。

 屋根は10年ほど前に塗装工事をされたとのことでしたが、塗膜が劣化してチョーキング現象が発生している状態でした。再度塗装によるメンテナンスをご希望とのことでしたので、屋根塗装工事でお見積りをさせていただきました。

 いつもであれば塗装と併せて棟板金の交換もオススメするのですが、棟板金は数年前に交換をされたとのことで状態もとても良好だったので、今回は据え置きといたしました。

 塗料はコストパフォーマンスに優れた日本ペイントのファインパーフェクトベストを使い、色は今までの茶色からイメージを変えてモスグリーン色となりました。明るく落ち着いた印象の屋根に生まれ変わり、Y様にとても喜んでいただくことができました。


担当:高田


ご自宅の塗装メンテナンスをご検討中

 横浜市港北区師岡町にお住まいのY様より、ご自宅のメンテナンスについてご相談を受けたことが今回の工事のきっかけでした。日頃からウォーキングをされていらっしゃるとのことで、その際にたまたま見かけた弊社のラッピングカーを見てお問合せいただいたとのことでした。見つけていただき大変嬉しく思います。

 

前回の塗装が劣化してチョーキングが発生していました

チョーキングチェック チョーキング確認

 現地調査にお伺いして早速屋根に登らせていただいたところ、屋根はニューコロニアルというスレート屋根で葺かれていました。前回の塗装から約10年が経過していたとのことで、屋根の表面に手を触れると塗装の色が手に付着してくる状態でした。これはチョーキング現象と言われていて、塗膜の劣化を示すサインです。チョーキング現象が起きた塗膜は撥水性なども失われている状態となります。塗り替え時期の判断材料としていただけますと幸いです。

 

棟板金はとても綺麗な状態でした

棟板金 棟板金

 屋根のてっぺんに被さっている板金を棟板金と呼びますが、屋根の中で1番劣化が早い箇所と言われています。屋根に登った際は必ず確認をしているのですが、今回の棟板金は非常にきれいな状態でした。Y様にお伺いしたところ、棟板金だけは数年前に工事をしたばかりとのことでした。いつもであれば屋根塗装と併せて棟板金の交換もおすすめすることが多いのですが、今回は屋根の塗装のみでお見積もりすることになりました。

 

高圧洗浄からスタート

高圧洗浄 高圧洗浄後

 全体に足場をかけて、工事開始です。屋根でも外壁でも、基本的に塗装工事のはじめは高圧洗浄からの開始となります。高圧洗浄によって既存の屋根などに付着した汚れを落としていきます。汚れを落とすことでこの後塗装する塗料を対象に定着しやすくなる効果や、見た目を綺麗にする効果があります。高圧洗浄が終了したらその日の作業は終了です。十分時間は残っていますが、濡れた面に対しての塗装工事は基本的にNGであるため、この日の作業は不可能となります。

 

ファイン浸透シーラーで下塗り

ファイン浸透シーラー 下塗り最中

 翌日以降に時間を空けて、続いて下塗りを進めていきます。今回の下塗り材はファイン浸透シーラーという下塗り材を使います。既存の屋根材はスレート屋根でしたが、年数もそれなりに経っている状態だったので屋根材によく浸透して屋根材の頑丈さを強化できる下塗り材を選びました。色は透明タイプなので少し濡らしたような色味になりますが、大きな変化はこの地点では感じられません。

 

縁切りのためタスペーサーを設置

タスペーサー タスペーサー設置

 下塗りが終了した後に、タスペーサーという樹脂製のチップのようなものを屋根材と屋根材の隙間に挟んでいきます。これは縁切り作業という工程で、屋根塗装には欠かせない作業となります。写真ではまだ差し込む前の状態ですが、これを屋根の隙間にグッと差し込みます。

 屋根材と屋根材の隙間は、屋根材の裏に回った雨水や、湿気、結露の水を逃すために欠かせない隙間です。よく、全部埋めることで防水できるという間違った知識をすすめてくる業者さんもいらっしゃいますが、先述した通りで隙間を埋めると水が逃げないようになってしまい雨漏りの原因になってしまいます。前回の塗装の際には縁切りが行われていなかったようですので、しっかりと縁切り作業をさせていただきました。

 縁切りのタイミングは下塗り後に行うことが一般的です。最後に縁切りをすると既に塗料が固まっていて隙間を開けることが大変になってしまいますし、一番最初にタスペーサーを入れるとその後の下塗り材とタスペーサーが化学反応を起こしてしまい溶けてしまうこともあります。そのため、下塗り後に行うことが一般的とされています。

 

ファインパーフェクトベストで中塗り

ファインパーフェクトベスト 中塗り

 下塗りと縁切りが終わり、中塗りに入っていきます。中塗り作業では上塗りと同じ塗料を塗るので、日本ペイントのファインパーフェクトベストで塗装していきます。今までは赤茶色系の色をしていましたが、今回は気分を変えて落ち着いた緑系のモスグリーン色で塗装いたしました。中塗りは今までの色からの変化が一番大きい工程なので、色の変化を楽しんでいただけます。

 

上塗りを進めていきます

上塗り 上塗り後

 中塗りが乾燥したら再度ファインパーフェクトベストを塗り重ねていきます。下塗りと合わせて合計三回塗りとなりますが、この塗装の回数はメーカーがHPなどで公開している施工規程の回数に沿ったものとなっています。メーカーは規定の回数で塗装することでその塗料が最も期待する効果を発揮するように作っているため、指定の塗装回数を守ることも塗装工事で大事な要素となってきます。時折、規定回数よりも多い回数で塗ることを勧めてくる業者さんもいらっしゃいますが、塗り過ぎは塗膜の膨らみなどを助長することにもなるため、あまりおすすめはしていません。

 

屋根塗装工事完了

完成

 3回目の塗装も無事に終了しました。今回の工事は外壁も併せて塗装していますが、外壁の施工事例はまた別の記事でご紹介いたします。もともと赤茶色の屋根でしたが、イメージを一新して緑色の屋根に生まれ変わりました。落ち着いた印象となり、この色にして良かったとY様に喜んでいただくことができました。Y様には完工後のインタビュー動画の撮影にもご協力いただいております。近日中に公開となりますので、併せてご覧いただけますと幸いです。屋根塗装工事の価格は¥382,800円(税込)~ご案内しておりますが、実際の屋根材や形状等に応じて金額は前後いたします。

 記事内に記載されている金額は2022年08月23日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

屋根塗装348,000円~(消費税・諸経費別)

工事を行ったY様のご感想をご紹介いたします

Y様のアンケート

【工事前】

工事前お客様の顔写真

Q2.工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?
前回工事より12,3年経過し、屋根に傷みがあり、外壁は少しチョーキング化していた。
Q3.弊社をどのように探しましたか?
ウォーキング中、貴社商用車の広告が目に飛び込んで来た。
Q4.弊社を知りすぐにお問合せをされましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?
工事を依頼するには、3社程から見積りをもらいたいと思っていた。
Q5.何が決め手となり弊社にお問合せをされましたか?
近くに貴社があったこと
Q6.実際に弊社担当者がお伺いしていかがでしたでしょうか?
対応が迅速だったし、見積りの説明が手際よく分かり易かった。
工事前アンケート

【工事後】

Q2.当初、工事を依頼する会社にどんなことを期待されていましたか?
確かな工事と工事価格(費用)
Q3.弊社にご依頼いただく際に他社と比較しました方はどこの会社と比較しましたか?
・N社 ・Y社
Q4.弊社に工事をご依頼いただいた決め手は何ですか?
担当者さんの迅速な対応と価格(決定)
Q5.工事が終わってみていかがですか?良かった事・嬉しかったことを忌憚なく頂戴出来ましたら幸いです。
・職人さんが本当に厳暑の中、頑張って頂いたこと ・外観が綺麗にスッキリなったこと
Q6.街の屋根やさんを他の方に紹介するとしたらなんと紹介しますか?
・御要望に、迅速に適格な対応をしてくれますよ。
工事後アンケート

Y様のアンケートを詳しく見る→

このページに関連するコンテンツをご紹介

防水性の低くなった屋根は危険!屋根塗装で防水性を回復
防水性の低くなった屋根は危険!屋根塗装で防水性を回復
 前述の通り、屋根塗装・外壁塗装の主な目的は「お住まいの耐久性を保持する」ことです。近年ではそれに「快適な室温にする」、「汚れがつきづらくする」といった機能を追加できるようになりました。断熱塗料・遮熱塗料 夏の暑さと冬の寒さを軽減してくれる断熱塗料は夏の冷房と冬の暖房、二つの季節の光熱費を削減してく…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識
知ってお得!屋根の便利な豆知識
 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。 素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の…続きを読む
瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?
瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?
 和風と洋風のテイスト、現代的と伝統的の時代感、現在はそれらの枠を飛び越えた様々なデザインの建築が増えました。一般的なお住まいも実に多彩です。 また、それに合わせて屋根の形状も多様になってきました。オーソドックスな三角屋根、地球環境に配慮し太陽光発電を数多く載せられるように南斜面…続きを読む
地震に備えるなら軽い屋根を!スレート屋根へのカバー工法と種類をご紹介
地震に備えるなら軽い屋根を!スレート屋根へのカバー工法と種類をご紹介
 スレート屋根への屋根リフォームとして行われる屋根カバー工法。これまでの屋根の上に新しい屋根を被せる工法で、その新しい屋根には金属屋根材が用いられることがほとんどです。  実は金属屋根材以外でも屋根カバー工法は可能ということをご存知ですか。それでも金属屋根材が使われるのには合理的な理由があるのです。…続きを読む
屋根や外壁の劣化を促進させる苔・藻・カビの放置は絶対ダメ!?
屋根や外壁の劣化を促進させる苔・藻・カビの放置は絶対ダメ!?
 新築時や外装リフォーム後は綺麗だった屋根や外壁も時が経つにつれ、だんだんと汚れてきます。その中で屋根や外壁に苔や藻、カビが生えてしまうのは珍しいことではありません。苔や藻、カビは「汚れている・お手入れされていない」という美観の問題だけでなく、建材の劣化を早めてしまう可能性もあるのです。【動画で確認…続きを読む
あなたの屋根はどの形?18種類の屋根と名称をご紹介
あなたの屋根はどの形?18種類の屋根と名称をご紹介
普段、生活する上で屋根の形を気にすることはあまりないと思います。ちょっと街を歩いてみましょう。ご近所を散歩するだけで、様々な形、様々な材料の屋根があることが分かります。 カッコイイ屋根、素敵な屋根、オシャレな屋根、かわいらしい屋根、ユニークな屋根、実に様々です。神社・仏閣ともなれば荘厳なものが多いで…続きを読む
スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のチェックポイントとメンテナンス方法
スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のチェックポイントとメンテナンス方法
 国内でもっとも使用されている屋根材の一つが今回のテーマにもなっているスレート(化粧スレート)と呼ばれる屋根材です。コロニアルやカラーベストとも呼ばれることも多く、「我が家も屋根材にスレートを使っている」という方も多いかもしれませんね。仮に瓦や金属といった他の屋根材のお住まいに住んでいらっしゃる方で…続きを読む

実際にお客様に感想を伺いました

横浜市港北区 Y様

横浜市港北区で令和元年房総半島台風・令和元年東日本台風によって被災してしまった方へ

 2019年9月9日の台風15号、10月12日の台風19号の勢力は凄まじく、各地より被害のご相談をいただきました。横浜市港北区にお住まいのお客様からもお問合せをいただき、私たち街の屋根やさんでは、数多くの災害復旧工事を実施してきました。
 台風発生当時に比べて、ブルーシートがかかった屋根を見かける機会も減り、それだけ復旧工事が進んでいるように感じますが、中には、まだ工事を行えていない方もいらっしゃると思います。台風シーズン前にしっかりと補修を行いましょう。

令和元年房総半島台風・令和元年東日本台風に関する横浜市港北区特設ページはこちら

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県
      街の屋根やさん東京 東京都の方はこちら
      街の屋根やさん千葉 千葉県の方はこちら
      街の屋根やさんポータル 全国版はこちら

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県
      街の屋根やさん東京

      東京都の方はこちら

      街の屋根やさん千葉

      千葉県の方はこちら

      街の屋根やさんポータル

      全国版はこちら

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      施工内容
      屋根塗装,棟板金交換
      築年数
      21年
      使用材料
      日本ペイント サーモアイSi 色:クールダークグレー

      横浜市港北区と近隣地区の施工事例のご紹介

      施工内容
      屋根カバー工法
      築年数
      約30年
      使用材料
      オークリッジスーパー オキニスブラック


      同じ工事のブログ一覧

      大和市西鶴間でスレートの亀裂を部分補修!亀裂の原因や危険性、補修方法は?

      2022/12/8 大和市西鶴間でスレートの亀裂を部分補修!亀裂の原因や危険性、補修方法は?

       大和市西鶴間にてお客様より築13年のスレート屋根の塗装メンテナンスのご依頼をいただきました。現地調査をさせていただいたところ、スレート屋根には亀裂が起きており、塗装前に補修が必要な状態でした。スレート屋根に亀裂が起きてしまう原因や補修の様子など詳しく見ていきましょう! スレート屋根を現地調査...続きを読む

      横浜市青葉区田奈町でノンアスベスト屋根の調査を行いました

      2022/11/14 横浜市青葉区田奈町でノンアスベスト屋根の調査を行いました

      そろそろ屋根の塗装を考えている  横浜市青葉区田奈町にお住まいのお客様より、築15年となりそろそろ屋根の塗装工事を考えているので状態を見てほしいとお問合せをいただき、現地調査にお伺いしてきました。築15年程のお住まいの方はちょうど塗装などのメンテナンス時期となりますので、お問合せをいただく割合...続きを読む

      横浜市神奈川区神大寺で古くなってきたという屋根を調査。スレートの黒ずみや苔は塗装のサインです

      2022/09/23 横浜市神奈川区神大寺で古くなってきたという屋根を調査。スレートの黒ずみや苔は塗装のサインです

       横浜市神奈川区神大寺で屋根が古くなってきたように感じるとお客様よりご相談をいただきました。築年数は17年ほどで、遠目から見ると明らかに色褪せてしまっていることがわかるそうです。まずは現地調査をさせていただき、お住まいの状態やメンテナンス方法について詳しくお伝えさせていただきます!  現地...続きを読む

      お問い合わせバナー

      屋根やさんの10のルール リフォーム瑕疵保険
      施工事例 お役立ち情報
      施工の流れ 屋根工事の種類
      お客様の声 スタッフ紹介
      支店長ブログ 会社概要
      お問い合わせ・ご相談 資料請求
      電話でお問い合わせ プライバシーポリシー
      ▼メニューを閉じる