屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

HOME > ブログ > 横浜市鶴見区|屋根の瓦が一枚ズレての雨漏り~調査

横浜市鶴見区|屋根の瓦が一枚ズレての雨漏り~調査

更新日:2017年10月29日

横浜市鶴見区で「屋根の瓦がズレて雨漏りをした」とのご相談を受け、現地へお伺いました。詳しく話をお聞きすると、ひと月前に室内天井から雨漏りを起こし、外から屋根の瓦を見たところ、一枚だけズレているのが確認出来たそうです。そこで、近所の方で梯子を持っている方に相談をし、ズレた瓦を戻してもらったそうで、それからは室内の雨漏りはおさまったとの事です。しかし、その後(先日の)台風の影響で、再度、同じ箇所から雨漏りが起き、今回、本格的に調査の依頼してもらうことに決めたそうです。

屋根全体の状況を見ると、瓦自体に問題はなさそうです。ただ、棟瓦の下の漆喰の劣化は気になるところです。続いて、雨漏りを起こした原因とされている箇所(瓦のズレが確認された所)の調査をします。ズレは復旧されていたので見た目は問題が無いように思われましたが、問題はズレただけで雨漏りを起こした要因です。おそらく瓦の下に問題があるのではないでしょうか。

瓦をはずし、下地の状況を確認したところ、防水紙の役割を成す部分がボロボロで劣化しているのが見て取れます。また、雨漏りを起こしたところには小さな穴も見受けられました。原因はその穴から水が浸入して漏った事によるものでしょう。今回は(たまたま)ここの一部部分で雨漏りを起こしたに過ぎず、この下地の状況では、おそらく、この先も所々で同じような状況(雨漏り)が起こる可能性は考えられます。ご依頼をされた方は、なるべく費用を抑え、雨漏りが収まる補修がご希望との事ですが、防水紙や野地板の劣化を考えれば全体的に葺き直し、または葺き替えを行うのが、最善の選択になります。勿論、ご予算などの都合で、部分的な補修だけで収めたいとの事であるならば、雨漏りを起こした部分の下地の補修、防水紙の交換も可能です。ただその際も、その一部だけの交換は難しく、劣化した防水紙を替えるために、その部分と繋がりのある(重なり合う)ところまでは替える必要があります。(一部、棟までの瓦をはずし、その棟の部分までの防水紙を新たに交換し、瓦を積み直すことが必要です。)屋根は雨漏りをした一部分だけを補修すれば解決、とはなかなかいかないものです。

調査を行い、もう一つ気になるところがあります。それは、屋根の一つ下の庇部分の劣化(腐食)です。

こちらは崩れて落下した場合、二次被害などを起こす可能性があります。ご依頼をされた方は、ご自身の雨漏りの方が心配の様ですが、客観的な視点で見ますと、落下の恐れのある庇部分の方も、早急に対処をした方がよいと思われる箇所です。まず、簡易的に雨漏りの補修を行い、その後、部分的に(繋がりのある部分の)瓦を外し、下地補修、防水紙の交換を行います。あわせて、劣化の激しい庇部分の復旧工事も行います。その後は段階的に、劣化した漆喰部分の補修、できれば屋根全体のメンテナンスとして、瓦の葺き直し、または葺き替えを行い、下地と防水紙を新しいものに替える様、ご提案をしていきたいと思います。
街の屋根やさんでは調査・お見積りは無料です。屋根に関する事は(フリーダイヤル0120-989-936まで)お気軽にご相談ください。

 

 記事内に記載されている金額は2018年08月29日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

横浜市鶴見区で令和元年房総半島台風・令和元年東日本台風によって被災してしまった方へ

 2019年9月9日の台風15号、10月12日の台風19号の勢力は凄まじく、各地より被害のご相談をいただきました。横浜市鶴見区にお住まいのお客様からもお問合せをいただき、私たち街の屋根やさんでは、数多くの災害復旧工事を実施してきました。
 台風発生当時に比べて、ブルーシートがかかった屋根を見かける機会も減り、それだけ復旧工事が進んでいるように感じますが、中には、まだ工事を行えていない方もいらっしゃると思います。台風シーズン前にしっかりと補修を行いましょう。

令和元年房総半島台風・令和元年東日本台風に関する横浜市鶴見区特設ページはこちら

このページに関連するコンテンツをご紹介

知ってお得!屋根の便利な豆知識
知ってお得!屋根の便利な豆知識
 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。 素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の…続きを読む
瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?
瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?
 和風と洋風のテイスト、現代的と伝統的の時代感、現在はそれらの枠を飛び越えた様々なデザインの建築が増えました。一般的なお住まいも実に多彩です。 また、それに合わせて屋根の形状も多様になってきました。オーソドックスな三角屋根、地球環境に配慮し太陽光発電を数多く載せられるように南斜面…続きを読む
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
 台風などの強風で被害に遭いやすく、他の部分へ被害を拡大してしまうケースも多いのが瓦屋根です。ずれてしまうだけならまだしも、災害の規模が大きいと屋根から瓦が落下してきます。重くて固い瓦が落下すると、まず間違いなく落下地点のものを傷つけ、破壊します。2階屋根から1階屋根に落下すれば、その部分の瓦がほぼ…続きを読む
瓦の種類はたくさん!粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦など瓦の種類や見分け方、メンテナンス方法について詳しく解説!
瓦の種類はたくさん!粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦など瓦の種類や見分け方、メンテナンス方法について詳しく解説!
 日本の伝統的な屋根材と言えば「瓦」。昔から馴染みがある屋根材で、瓦と聞いただけでイメージが頭に浮かぶ人も多いのではないでしょうか。 しかし、ひとくちに「瓦」と言っても、神社などの建築で使われる和風な瓦から、外国を彷彿させるような洋風な瓦までさまざまあります。色や形状などの見た目はもちろん、材質や…続きを読む
とても重要!雨漏りを防止する雨仕舞い
とても重要!雨漏りを防止する雨仕舞い
 「防水」は一般の方でも馴染みのある言葉だと思いますが、「雨仕舞い」は聞いたことがないという方がほとんどではないでしょうか。屋根やさんなどの建設関係者でなければ、聞く機会がない「雨仕舞い」、雨漏りを防ぐためにとても重要な考え方なのです。雨水を残留させないのが雨仕舞いの基本的な考え方 雨を仕舞うと書い…続きを読む
あなたの屋根はどの形?18種類の屋根と名称をご紹介
あなたの屋根はどの形?18種類の屋根と名称をご紹介
普段、生活する上で屋根の形を気にすることはあまりないと思います。ちょっと街を歩いてみましょう。ご近所を散歩するだけで、様々な形、様々な材料の屋根があることが分かります。 カッコイイ屋根、素敵な屋根、オシャレな屋根、かわいらしい屋根、ユニークな屋根、実に様々です。神社・仏閣ともなれば荘厳なものが多いで…続きを読む
雨漏りの原因となりやすいパラペット、メンテナンスは必須です
雨漏りの原因となりやすいパラペット、メンテナンスは必須です
 誰しも一度はビルの屋上に上がったことがあるのではないでしょうか。一般的にビルの屋上は陸屋根と呼ばれるほぼ平らな屋根で、ほぼ傾斜がありません。そして、その外周部は建物によって違いますが、低い壁か高い壁で取り囲まれていることがほとんどです。低い壁の場合、その上に手摺りが設置されていなければ歩行可能な…続きを読む
雨漏り修理・雨漏り工事は街の屋根やさんへ
雨漏り修理・雨漏り工事は街の屋根やさんへ
 雨漏りは屋根から漏ると思われがちですが、原因が屋根以外である事も普通です。よくある窓回り、外壁、ドレインからの他、異常気象で雨水が吹き上がって軒天の隙間から入り込んだり、太陽光パネルの設置による下地の破損など、原因が多様化しているのが最近の傾向です。そのため、気がついた時にはすでに様々な経路を伝っ…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店 街の屋根やさん横浜支店 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県
      街の屋根やさん東京 東京都の方はこちら
      街の屋根やさん千葉 千葉県の方はこちら
      街の屋根やさんポータル 全国版はこちら

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県
      街の屋根やさん東京

      東京都の方はこちら

      街の屋根やさん千葉

      千葉県の方はこちら

      街の屋根やさんポータル

      全国版はこちら

      横浜市鶴見区のその他のブログ

      2022/11/20 横浜市鶴見区駒岡にて雨樋の汚れの調査を致しました

      雨樋の汚れ状況    横浜市鶴見区駒岡にお住いのお客様より雨樋の汚れが気になるとお問い合わせをいただきました。調査をしてみると雨樋の中に土埃や錆のようなものが確認できました。今回のお客様の雨樋はそこまで土が多く詰まっているわけではないのですが、雨樋に土が積もってしまうと詰まりの原...続きを読む

      2022/10/31 横浜市鶴見区東寺尾にてアスベスト入りスレート屋根の調査を行いました

      アスベスト入りのスレート屋根でした 横浜市鶴見区東寺尾にお住まいのお客様より、築40年近いお住まいの屋根の状態を確認してほしいとお問合せをいただき、現地調査にお伺いしてきました。現場を拝見すると使われているスレートはクボタのコロニアルという屋根材でした。 小口部分にコーキングが打たれてしま...続きを読む

      2022/08/9 横浜市鶴見区諏訪坂にて屋根足場を用いて棟板金交換を行いました

       横浜市鶴見区諏訪坂にお住いのお客様より「屋根の上の方で音がする」とうことで調査に伺いました。実は、以前に外壁塗装を施工させていただいたお客様で、再度ご用命をいただきました。メンテナンスやリフォームの時だけでなく、風災害などのお困りの際にもご連絡いただき、お役に立てることは、とてもありがたく励みにな...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      横浜市鶴見区のその他の施工事例

      施工内容
      棟板金交換
      築年数
      18年
      使用材料
      ニスクカラーつや消し Sブラック
      施工内容
      屋根塗装
      築年数
      25年
      使用材料
      ファインパーフェクトベスト(Jブラック)

      その他の施工事例一覧→

      屋根補修工事を行った現場ブログ

      2022/12/5 横浜市港北区高田東で棟板金の指摘を受けた屋根を調査してきました

      屋根に不具合があるから工事をした方がいい 横浜市港北区高田東にお住まいのお客様より、近所で工事をしていたという業者さんから屋根の板金がグラグラしていて危ないから屋根工事をした方がいいと声をかけられたとお問い合わせをいただきました。今回のお客様は約10年前に弊社で屋根カバー工事をしていただいたお客様で...続きを読む

      2022/04/7 横浜市緑区台村町では築30年近くメンテナンスされていなかった庇板金が腐食し錆が回ってしまっておりました

       横浜市緑区台村町にお住まいのK様より、サッシの上にある小さい屋根が傷んでいるようなので、どのような方法で修繕できるか一度見てほしいと街の屋根やさんへご相談を頂きました。 サッシの上との事ですので、庇や霧除けと呼ばれる部分かと思われます。築30年以上経過しているとの事でしたので、まずは現地にて状態を...続きを読む

      2022/03/24 横浜市港北区日吉にて腐食による劣化で瓦が落ちた屋根を点検・を加工した板金にて補修をご提案

       横浜市港北区日吉のお住まいの方からお問い合わせを頂きました。お話を伺うと瓦屋根の袖部分の瓦が数枚落ちてしまったとのことでした。現地調査に伺うと、セメント系の洋瓦が使用されている屋根でした。セメント系の洋瓦は、現在入手することが難しく、入荷できるとしてもかなりの日数を要してしまう事をお伝えしました。...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      屋根補修工事を行った施工事例

      施工内容
      屋根補修工事
      築年数
      25年
      使用材料
      ニチハ 横段ルーフS 色:KブラックS

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      お問い合わせバナー

      屋根やさんの10のルール リフォーム瑕疵保険
      施工事例 お役立ち情報
      施工の流れ 屋根工事の種類
      お客様の声 スタッフ紹介
      支店長ブログ 会社概要
      お問い合わせ・ご相談 資料請求
      電話でお問い合わせ プライバシーポリシー
      ▼メニューを閉じる