屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

HOME > ブログ > 化粧スレートが反るのは傷みすぎた状態|横浜市戸塚区

化粧スレートが反るのは傷みすぎた状態|横浜市戸塚区

更新日:2017年11月1日

化粧スレートが反るのは傷みすぎた状態です。横浜市戸塚区内の屋根を眺めていると、塗装でメンテナンスしている屋根が非常に多く、カバー工事や葺き替え工事を行った形跡のある屋根が非常に少ないです。もちろん全ての屋根がという訳ではないのですが、それでもどの屋根も築10年前後でしっかり塗装しているというのは現実的ではなく、全ての屋根が塗装で済む訳がありません。本日お伺いした横浜市戸塚区N様のお宅の屋根も、化粧スレートが反っており傷みすぎた状態でした。

 

【化粧スレートが反るのは傷みすぎた状態】

化粧スレートが反るのは傷みすぎた状態① 化粧スレートが反るのは傷みすぎた状態②

横浜市戸塚区N様のお宅は、台地の上に建っている環境にありました。築13年が経過したお宅ですので、年数で言えばまだ塗装でもメンテナンスが可能な範囲です。屋根の上に立って見下ろすと、築13年相応な化粧スレートに見えますが、軒先から見上げてみるとその化粧レートの状態がよく分かります。

 

化粧スレートが反るのは傷みすぎた状態③ 化粧スレートが反るのは傷みすぎた状態④

左側の画像は、横浜市戸塚区N様のお宅の化粧スレートですが、軒先から見上げてみた画像です。重なり部分に隙間が出来ているのが分かると思います。右の画像は、築15年経過した化粧スレートですが、重なり部分に隙間が全く出来ていない化粧スレートの例です。この隙間の差は、大したことがなさそうで、実は大したことがあるんです。この隙間は、化粧スレートが反っていることで起こります。化粧スレート表面の防水性が無くなって、雨が降るたびに雨水を吸ってしまい、その状態で太陽に当たると表面が先に乾いてしまいどんどん反っていきます。

 

化粧スレートが反るのは傷みすぎた状態⑤

反っているということは、化粧スレートが傷みすぎた状態です。この隙間に風が入り込むと、化粧スレートは割れだします。この状態になってしまっては塗装でのメンテナンスはリスクがあります。塗装はあくまで表面に塗ることで防水性を向上させ、反りや割れなどの劣化現象を防ぐために行うものです。すでに反ってしまっている状態の化粧スレートに塗装しても、塗装の効果が最大限に発揮されません。要は遅すぎているということです。コストをかけても維持できる可能性はとても低いのです。塗膜の耐用年数が10年の塗料を塗っても、15年の塗料を塗っても、隙間が出来て風の影響を受けやすい状態になってしまっていたら、塗膜の耐用年数に関係なく化粧スレートは割れてしまいます。この場合は、屋根カバー工事や屋根葺き替え工事のような抜本的なメンテナンスが最適です。コストをかけてその分の効果がしっかりと発揮されるメンテナンスです。横浜市戸塚区では、塗装工事の訪問営業が多いと聞きます。かけたコストに対して効果がしっかりと発揮されるメンテナンスを行って、大切なお宅を長持ちさせましょう。街の屋根やさんでは入念な調査のもと、最適なご提案をいたします。かけたコストに対して効果がしっかりと発揮されるメンテナンスは、街の屋根やさんにお任せ下さい。

フリーダイヤル0120-989-936まで。

 記事内に記載されている金額は2017年11月01日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店 街の屋根やさん横浜支店 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      横浜市戸塚区のその他のブログ

      2022/03/14 横浜市戸塚区下倉田町にて軒天調査 鳥獣被害に遭う前に早めの補修を!

       横浜市戸塚区下倉田町にお住まいのお客様より「屋根の庇(ひさし)部分が5箇所剥がれてしまった」とのご相談をいただき現地調査へ伺いました。「庇(ひさし)部分の剥がれ」というと「軒天(のきてん)」や「破風(はふ)」の辺りかな・・などと予想できます。建築用語や建物の部位に使われている言葉は難しいですが、何...続きを読む

      2022/03/9 横浜市戸塚区品濃町にて築40年程経過した瓦が使用された屋根の点検調査、漆喰が傷みすぎており棟が歪み鬼瓦が倒壊しておりました

       庭先に屋根瓦の破片みたいなものが落ちている、と横浜市戸塚区品濃町にお住まいのN様より街の屋根やさんへ屋根の点検調査のご依頼を頂きました。以前から所々修繕はしてきたつもりとのお話でしたので、落ちた瓦の破片と思い割れるものの確認と屋根の調査を行わせて頂くため現地調査にお伺いさせて頂きました。 新型コロ...続きを読む

      2022/03/3 横浜市戸塚区上倉田町で棟板金の浮きを指摘された屋根を調査しました

      複数の業者から屋根に異常があると指摘を受けた 横浜市戸塚区上倉田町で、飛び込みの業者さんから棟板金の真ん中あたりが浮き上がっていて今にも飛んでいきそうだから工事をした方がいいと指摘を受けたので、本当かどうか見に来てほしいとお問合せをいただきました。 棟板金とは屋根の頂点部分に取り付けられている板金製...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      横浜市戸塚区のその他の施工事例

      施工内容
      屋根カバー工法
      築年数
      18年
      使用材料
      エコグラーニ(ブラックオニキス)
      施工内容
      棟瓦取り直し
      築年数
      36年
      使用材料
      シルガード(黒)

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      苗字

      名前

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      苗字

      名前

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      お問い合わせバナー

      屋根やさんの10のルール リフォーム瑕疵保険
      施工事例 お役立ち情報
      施工の流れ 屋根工事の種類
      お客様の声 スタッフ紹介
      支店長ブログ 会社概要
      お問い合わせ・ご相談 資料請求
      電話でお問い合わせ プライバシーポリシー
      ▼メニューを閉じる