屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

HOME > ブログ > 現在造られていないセメント瓦は葺替え工事で対応します|横浜市.....

現在造られていないセメント瓦は葺替え工事で対応します|横浜市金沢区

更新日:2017年11月23日

朝晩が段々寒くなってきましたが、日中との気温の差で体調を崩さない様にお気を付けください。

さて、今日伺ったのは横浜市金沢区のお客様で、屋根から瓦が落っこちてきたので見て欲しいとお問い合わせがあった建物です。10月の台風21号が通過してから暫くは気付かなかったそうですが、庭掃除をしている時に瓦の欠片が落ちていたのに気付かれたそうです。庭に落ちて割れていたので他に被害はなかった様ですが、一歩間違えればお隣のお宅に穴を開けてしまったり、歩行者にぶつかったりしたら非常に危険です。落下する前に定期的なメンテナンスをおこなっていれば落下しそうな瓦を事前に直す事が出来たかもしれません。建物のメンテナンスは被害が広がる前に早めにおこなう事をおススメしています。

こちらの屋根に葺いてある瓦はセメント瓦といってセメントを使って瓦の形に形成した屋根材です。陶器瓦と違って塗装などのメンテナンスが必要になるのですが、現在では造られておらず破損した場合には差し替えが出来ません。陶器瓦の規格サイズよりも大きいので代替え品も無いという、結構厄介な材料なんです。部分的に直せない場合は全体の葺替え工事をおこなう必要があるのですが、古いセメント瓦が葺いてあるので下に敷いてある防水紙が劣化している事も考えられますので、葺き替え工事をおこなう事で、防水紙も新しくなり下地の傷みも分かります。更に軽い金属屋根へ屋根材を変える事で建物への負担も軽くなるので、一石三鳥のメンテナンス方法です。

早めにメンテナンスをおこなえば建物の延命にも繋がりますので、傷みが広がる前にしっかりと直していきましょう。

どんな瓦が使われているかを調べます

左の画像が落下した瓦です。棟の先に付いている『鬼瓦』が落下した様です。

落下したのはこの部分の鬼瓦でした。鬼瓦は野地板から同線で引っ張って固定していくので、元に戻す時には棟を一度はがす必要がありますが、その時に調べなければならないのが今葺いている瓦は現在も造っているのかどうかです。結論から言いますと、この瓦は現在造っておりません。セメント瓦と言って、セメントを使って瓦の形に形成した屋根材で、陶器瓦と比べてサイズが大きいので代替え品も無い瓦です。

傷みが出ていそうな所は一緒に直しましょう!

漆喰が完全に剥がれ落ちて棟の下地になっている土まで雨でえぐられていましたので、全体の棟瓦がズレ始めていました。このまま放置すれば台風の時の様に風で飛散してしまったり落下の危険があります。

セメント瓦が葺いてあるという事は大分築年数が経過している建物ですので、瓦の下に葺いてある防水紙が劣化していると考えられます。防水紙の寿命は20~25年ですので一緒に直したほうが良さそうです。瓦が取れないので必然的に屋根全体を新しい屋根材にする必要がありますので、新しくするのであれば軽くて耐久性の高いガルバリウム鋼板性の屋根に葺き替えて建物の負担を軽くしていきましょう!

ご質問やご不明な点など御座いましたら、フリーダイヤル0120-989-936までお気軽にご相談・お問い合わせください。

このページに関連するコンテンツをご紹介

セメント瓦とモニエル瓦、塗り替えを必要とする瓦の最適なメンテナンス方法
セメント瓦とモニエル瓦、塗り替えを必要とする瓦の最適なメンテナンス方法
 一般的な日本家屋に使用される陶器瓦と比較しても価格の安いセメント瓦やモニエル瓦。これらの瓦は高度経済成長期の住宅不足を解消する一端を担い、1980年代から1990年代にかけて国内で広く普及しました。 現在ではすっかり影をひそめ、新築でも使用されることがなくなり、手に入れることも困難になってきた屋根…続きを読む
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
 台風などの強風で被害に遭いやすく、他の部分へ被害を拡大してしまうケースも多いのが瓦屋根です。ずれてしまうだけならまだしも、災害の規模が大きいと屋根から瓦が落下してきます。重くて固い瓦が落下すると、まず間違いなく落下地点のものを傷つけ、破壊します。2階屋根から1階屋根に落下すれば、その部分の瓦がほぼ…続きを読む
瓦の種類はたくさん!粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦など瓦の種類や見分け方、メンテナンス方法について詳しく解説!
瓦の種類はたくさん!粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦など瓦の種類や見分け方、メンテナンス方法について詳しく解説!
 日本の伝統的な屋根材と言えば「瓦」。昔から馴染みがある屋根材で、瓦と聞いただけでイメージが頭に浮かぶ人も多いのではないでしょうか。 しかし、ひとくちに「瓦」と言っても、神社などの建築で使われる和風な瓦から、外国を彷彿させるような洋風な瓦までさまざまあります。色や形状などの見た目はもちろん、材質や…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店 街の屋根やさん横浜支店 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      横浜市金沢区のその他のブログ

      2021/09/8 横浜市金沢区西柴にて築50年程経過しているお住まいで雨漏り発生、経年劣化でセメント瓦と防水紙が劣化しており葺き替え工事が必要でした

       横浜市金沢区西柴にお住まいのK様より、以前より雨漏りがあったらが放置してしまっていた。最近の雨で室内に大量に漏れるようになってしまったので修繕をしたいと街の屋根やさんへご相談を頂きました。お話を伺いますと、築50年程経過しているお住まいで屋根に関しては何も手をかけたことがないそうです。日程調整をさ...続きを読む

      2021/06/27 横浜市金沢区金沢町で傷んだスレート屋根を調査、板金の釘抜けや浮きが見つかりました

       スレート屋根はスレート以外にもメンテナンスが必要になることのある箇所が存在します。スレート屋根の棟部分は、屋根材や外壁材のように定期的というほどの頻度は必要ないものの、建てられてから15年~25年のうちに交換されているお宅が多いです。横浜市金沢区金沢町にお住いになられているH様より「スレート屋根を...続きを読む

      2021/06/25 築40年以上が経過した、横浜市金沢区高舟台のお住まいの屋根は塗装の劣化によりスレート材の傷みも進んでしまっておりました

       横浜市金沢区高舟台にお住まいのE様より、築40年以上が経過したお住まいの屋根の調査をご依頼を頂きました。20年ほど前に屋根塗装は一度行っているが、その後はメンテナンスはされていないとのことでした。調査のため屋根を見させていただくと、以前行った屋根の塗装は塗膜がほとんど剥がれ落ち、塗膜が剝がれたスレ...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      横浜市金沢区のその他の施工事例

      施工内容
      屋根葺き替え
      築年数
      約17年
      使用材料
      IG工業:スーパーガルテクト 
      色:Sシェイドブラック

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム

      『街の屋根やさん』ホームページをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

      当社では、各種ご相談・お問合せを承っております。どうぞお気軽にお問合せください。

      下記フォームにお問合せ内容をご入力のうえ、ご送信ください。

      ※お問い合わせが完了しますと、受信確認メールを自動送信いたします。お客さまのご利用環境、また迷惑メール対策等の設定により、受信確認メールや返信メールがお届けできない場合がございます。「@sharetech.co.jp」からのメール受信が可能な設定にしていただきますようお願いいたします。

      ※お問い合わせの内容によって、ご回答までに多少お時間をいただく場合もございますので予めご了承くださいませ。

      お名前
      必須

      苗字

      名前

      例:屋根 一郎

      ふりがな必須

      苗字

      名前

      例:やね いちろう

      ご住所
      必須

      郵便番号
      -

      ご住所

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      必須
      例:045-XXX-XXXX
      ご希望の
      連絡時間帯
      【任意】
      例:午前中、18時以降
      ご希望の工事
      (一つ以上項目を選択して下さい。)
      【任意】
      複数選択可
      お問い合わせ内容
      必須
      複数選択可


      お問い合わせ
      詳細
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して
      入力内容確認画面へお進みください。

       

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      お問い合わせバナー

      屋根やさんの10のルール リフォーム瑕疵保険
      施工事例 お役立ち情報
      施工の流れ 屋根工事の種類
      お客様の声 スタッフ紹介
      支店長ブログ 会社概要
      お問い合わせ・ご相談 資料請求
      電話でお問い合わせ プライバシーポリシー
      ▼メニューを閉じる