屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

HOME > ブログ > 川崎市幸区|バルコニーからの雨漏り、原因は施工不良!?

川崎市幸区|バルコニーからの雨漏り、原因は施工不良!?

更新日:2018年3月26日

本日は川崎市幸区N様宅のバルコニー補修工事の様子をお伝えいたします。N様宅は築15年、半年前から雨漏りが確認されており、原因は3階に設けられたサービスバルコニーからと断定されておりました。実は3年程前にも同じ箇所から雨漏りがあり、N様ご自身でコーキングなどでの補修を行ったそうですが、ここ最近になって、同じ箇所から漏るようになり、今回、本格的に直すことを決められたとの事です。

N様宅 アスファルトマスチック化粧板「バリキャップ」

こちらの床には「バリキャップ」と言われるアスファルトマスチック化粧板が貼られております。3年前の雨漏りでは、その下の防水の劣化が原因と考え、至る所にコーキングを施し、一時的に雨漏りを止めたそうですが、はっきりとした原因箇所の特定までには至っていなかったそうです。今回は事前に散水試験を行い、原因箇所の特定を行っております。

窓廻りコーキング跡 立上り部分の施工不良!?

原因は窓まわりの施工不良、立ち上がり部分に防水処理がされていないことによるものと断定されました。本来なら何かしらの処理が行われていなければいけない箇所にも関わらず、下地がむき出しのまま、化粧版に覆い隠されておりました。雨水は床面に落ち、排水溝へ流れる仕組みではありますが、横殴りの雨などは、立ち上がりや壁面に当たります。その水が化粧版の下の下地(防水処理がなされていない木自体)に浸透し、劣化を伴い、雨漏りへとつながった経緯になります。その問題箇所を伝って窓枠まわりの木下地、全体の腐食も確認される事態です。ここまで至っては補修で済ます工事ではありません。窓まわりを解体し、腐食した下地をやり直してからの防水処理が必要になります。

L字アングルでの補強 防水工事

しかし、今回はN様のご要望やご予算の都合もあり、現段階での雨漏りを改善させるのを第一優先とし、下地はそのままでこれからの雨水の浸透を防ぐ目的で、上からの防水処理を行うことになりました。方法は雨漏りの原因箇所(腐食部分)の窓まわりにL字のアングルをかませて補強を行い、その上からウレタン防水処理を行います。あくまでも補修の一環で、下地の腐食した状態はそのままなので、モノを置いたり、踏んだりすることがない様、注意が必要です。

ウレタン防水処理 立上り部分の処理

幸い、サービスバルコニーで、特に人の出入りがある訳ではないので行えた工事ではありますが、理想は腐食部分を解体撤去し、作り直すことです。勿論、それなりの費用はかかります。当時の施工不良だとしても、15年前であれば保険や補償は適用されず、自己負担になるので、判断が難しい事もあります。

防水工事完了

それでも補修での最善は尽くしておりますので、これからの雨に関しては心配ないでしょう。今後も定期的な点検とメンテナンスを意識しながら、建物全体を見守っていきたいと思います。

防水工事に関するご相談は街の屋根やさんへ(フリーダイヤル0120-989-936)点検・調査・お見積りは無料です。

 

 記事内に記載されている金額は2018年08月29日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

このページに関連するコンテンツをご紹介

とても重要!雨漏りを防止する雨仕舞い
とても重要!雨漏りを防止する雨仕舞い
 「防水」は一般の方でも馴染みのある言葉だと思いますが、「雨仕舞い」は聞いたことがないという方がほとんどではないでしょうか。屋根やさんなどの建設関係者でなければ、聞く機会がない「雨仕舞い」、雨漏りを防ぐためにとても重要な考え方なのです。雨水を残留させないのが雨仕舞いの基本的な考え方 雨を仕舞うと書い…続きを読む
雨漏りの原因となりやすいパラペット、メンテナンスは必須です
雨漏りの原因となりやすいパラペット、メンテナンスは必須です
 誰しも一度はビルの屋上に上がったことがあるのではないでしょうか。一般的にビルの屋上は陸屋根と呼ばれるほぼ平らな屋根で、ほぼ傾斜がありません。そして、その外周部は建物によって違いますが、低い壁か高い壁で取り囲まれていることがほとんどです。低い壁の場合、その上に手摺りが設置されていなければ歩行可能な…続きを読む
雨漏り修理・雨漏り工事は街の屋根やさんへ
雨漏り修理・雨漏り工事は街の屋根やさんへ
 雨漏りは屋根から漏ると思われがちですが、原因が屋根以外である事も普通です。よくある窓回り、外壁、ドレインからの他、異常気象で雨水が吹き上がって軒天の隙間から入り込んだり、太陽光パネルの設置による下地の破損など、原因が多様化しているのが最近の傾向です。そのため、気がついた時にはすでに様々な経路を伝っ…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店 街の屋根やさん横浜支店 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      川崎市幸区のその他のブログ

      2022/06/17 川崎市幸区南幸町にてニチハ・パミールのスレート屋根の調査依頼をお問い合わせいただきました

      川崎市幸区南幸町にてスレート屋根が劣化していました 川崎市幸区南幸町にてお問い合わせをいただきましたお客様のお住まいはニチハ・パミールの屋根材を使用しているとのお話でした。この屋根材は劣化がとても早く7年程度で徐々に劣化が始まり、10年経つ頃にはボロボロになってしまう屋根材です。その劣化の仕方や速さ...続きを読む

      2021/10/19 川崎市幸区下平間にてスレート屋根からカバー工法で金属屋根へ、見えないところも安心部材

       川崎市幸区下平間にお住まいのお客様より、屋根の点検をご依頼いただき現地調査へ伺いました。2018年・2019年と台風を経験され、メンテナンスをする際には、安心できる屋根にしたいと思われていたそうです。屋根の色あせが気になりだした頃、近くで工事されていた業者さんから棟板金が浮いているとの指摘をされ、...続きを読む

      2021/07/19 川崎市幸区戸手本町で雨漏りの原因箇所は散水試験で特定します

       川崎市幸区戸手本町で雨漏りの調査をおこないました。 出窓の上から雨漏りしているのですが、内装リフォームでクロスを剥がした時に下地がカビだらけになっていて雨漏りに気付かれたそうです。 この上はバルコニーになっていますので、どこから雨水が入り込んだのかを調査して被害が広がらない様にしなければなりません...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      川崎市幸区のその他の施工事例

      施工内容
      屋根塗装
      築年数
      築18年
      使用材料
      コロニアルクァッド
      施工内容
      棟板金交換
      築年数
      築32年
      使用材料
      ガルバリウム製棟包み,スレート屋根材

      その他の施工事例一覧→

      防水工事を行った現場ブログ

      2022/06/24 横浜市青葉区たちばな台でカバー工事後の天窓からの雨漏りを調査しました

      天窓からの雨漏り  横浜市青葉区たちばな台にお住まいのお客様より、天窓から雨漏りをしているので調査をお願いしたいとお問合せをいただき、現地調査にお伺いしてきました。 天窓の角の方から大きな雨の時にだけ水が垂れてくるとのことで、雨染みができている状態でした。天窓の寿命はおおよそ20年と言われており、2...続きを読む

      2022/05/28 横浜市青葉区市ケ尾町にて平屋造りのお住まいの破風モルタルが滑落しており早急な工事が必要な状態でした

       横浜市青葉区市ケ尾町にて、築30年以上経過した平屋造りにお住まいのお客様より、玄関横の樋の内側の外壁が崩れているので一度見てほしいと、私たち街の屋根やさんへご相談を頂きました。さっそく日程調整し現地調査にお伺いさせて頂きました。 新型コロナウィルス感染拡大防止の為、ソーシャルディスタンスやこまめな...続きを読む

      2022/04/14 横浜市都筑区中川にて屋上の防水を点検・通気緩衝工法による防水工事をご提案

       横浜市都筑区中川にて屋上防水工事を検討しているというお客様からお問い合わせを頂きました。現地調査に伺い点検を開始致します。鉄筋コンクリート造のこちらのお住まいは、前回メンテナンスをしてから10年以上たっているとの事で、そろそろ防水工事を検討しても良い時期です。現地調査の様子   現地調査...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      防水工事を行った施工事例

      施工内容
      防水工事
      築年数
      約40年
      使用材料
      田島ルーフィング GO-JIN
      施工内容
      防水工事
      築年数
      33年
      使用材料
      オートンイクシード

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      苗字

      名前

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      苗字

      名前

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      お問い合わせバナー

      屋根やさんの10のルール リフォーム瑕疵保険
      施工事例 お役立ち情報
      施工の流れ 屋根工事の種類
      お客様の声 スタッフ紹介
      支店長ブログ 会社概要
      お問い合わせ・ご相談 資料請求
      電話でお問い合わせ プライバシーポリシー
      ▼メニューを閉じる