横浜市戸塚区にて築30年の屋根調査、これまでの屋根材を活かして屋根カバー工事のご提案 | 横浜の屋根工事、屋根リフォーム、屋根塗装は街の屋根やさん横浜

HOME > ブログ > 横浜市戸塚区にて築30年の屋根調査、これまでの屋根材を活かし.....

横浜市戸塚区にて築30年の屋根調査、これまでの屋根材を活かして屋根カバー工事のご提案

更新日:2018年09月25日

本日は横浜市戸塚区O様宅より、屋根の調査のご依頼をいただき伺ってまいりました。O様宅は築30年、5年前に中古で購入された建物になります。購入当時は外壁のメンテナンスは済んでいる事は確認していたそうですが、屋根に関してはいつ頃にメンテナンスが行われたのかはっきりしない状況だったそうです。今回はその屋根についての点検調査のご依頼になります。

「平屋建てのシンプルな切妻屋根」

切妻屋根 屋根勾配
O様宅は平屋建てで、屋根はシンプルな切妻屋根になります。屋根勾配があるので、滑りを確認しながら慎重に上り、調査をいたします。屋根の調査では基本的に屋根に上っての点検を行います。足で踏んだ感触や、下からでは確認し難い屋根材表面の劣化具合など、最適なメンテナンスのご提案が行える様に隅々までしっかりと点検をいたします。屋根の形状や勾配によって上ることが困難な屋根の場合は、調査用の足場の設置を行う事もございます。多少コストが掛かってでも雨漏りや不具合が起きてからではそれ以上の費用や問題(二次被害など)が生じる恐れがございます。それだけ屋根や建物に対しての定期的な点検は重要な役割を担っております。

棟板金の釘浮き トップライト

まず、O様宅の屋根で気になる点は棟板金の釘浮きです。板金自体が浮いてしまっている所を見ますと、今まで板金の交換は行われていなかった様です。棟板金は下地(貫板)の腐食や劣化が原因で、棟板金を止めている釘が抜けやすくなります。釘が抜けると板金が外れてしまいますので、飛散するリスクが伴います。台風や強風後のお問い合わせで最も多いのが、棟板金の飛散のご相談です。外れた板金を修理するだけなら良いのですが、飛散して周囲に迷惑や被害が及んでしまっては大変です。メンテナンスを行っておくべき部分の一つです。また、雨漏りの原因となりやすい箇所の一つにトップライトがございます。トップライトの寿命は20年から25年と言われております。トップライトが設置してあるお宅で、トップライト自体の交換が必要な事を把握している方は少ないと言えるでしょう。雨漏りや不具合が起きた時に初めて気にする方も少なくありません。

O様宅

O様宅の屋根は一度は塗装によるメンテナンスは行われていた形跡は確認できましたが、屋根材表面の劣化具合から10年以上は手を加えられていないと判断できます。現状雨漏りなどの不具合は無いことや既存の屋根(下地)が活かせる事を考慮に入れ、屋根のカバー工事を行う事をご提案いたしました。築30年ですと、下地の防水紙の寿命は過ぎております。棟板金も貫板からの交換が必要ですので、併せて行えるカバー工事が良いでしょう。後はトップライトについてです。交換を行うのも一つですが、カバー工事を行う際にトップライトを上から板金で塞いでしまうのも一つです。雨漏りや不具合が起きない様にメンテナンスをする事が大切ですので、今後はご予算なども踏まえ、最善のメンテナンス方法を打ち合わせていきたいと思います。
街の屋根やさんでは点検調査は無料です。屋根に関するご相談は(フリーダイヤル0120-989-936 まで)お気軽にお問い合わせください。

 

 記事内に記載されている金額は2018年09月25日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

横浜市戸塚区ではたくさんのお客様にご依頼をいただいております!

工事種類

雨樋交換

お問い合わせ内容

横浜市戸塚区Y様
雨樋が詰まってしまい雨漏りが発生しているとご相談をいただきました。雨樋の詰まりの改善と雨漏りのお悩みを解決するために雨樋部分交換工事を行なわせていただきました!

関連動画をチェック!

防水紙(ルーフィング)は雨漏り防止の要【プロが解説!アメピタ!】

 今回の記事で登場した工事やお住まいのトラブルに関連する動画をご紹介します!


 こちらの動画では、工事の内容やお住まいのトラブルの対処方法などをより詳しく説明しています。
 お役立ち情報が満載ですのでぜひご覧になってみてください。


このページに関連するコンテンツをご紹介

瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?
 和風と洋風のテイスト、現代的と伝統的の時代感、現在はそれらの枠を飛び越えた様々なデザインの建築が増えました。一般的なお住まいも実に多彩です。 また、それに合わせて屋根の形状も多様になってきました。オーソドックスな三角屋根、地球環境に配慮し太陽光発電を数多く載せられるように南斜面を広く取った屋根、…続きを読む
屋根葺き替えと屋根カバー工法 どちらを選ぶのが正解?
 屋根工事の中で大型リフォームと言えば屋根葺き替えと屋根カバー工法が挙げられます。いずれも屋根材を新設するリフォームですが、工期やコストの違いがあるなどそれぞれにメリットやデメリット、特徴があります。  こうした大型の屋根葺き替えや屋根カバー工法を検討するタイミングとしては経年劣化により屋根が寿命を…続きを読む
長寿命な屋根材はどれ?耐用年数から考える各屋根材の耐久性ランキング
 お住まいの中で最も過酷な環境に晒されている部位を問われたら、多くの方が屋根だと答えるでしょう。  高いから強風の影響を受けやすく、寒暖・雨・直射日光といった天候の影響をダイレクトに受ける、本当にとんでもないところです。  寒い地方になれば、降雪や降雹はもちろんのこと、軒に氷柱ができます。積雪の重み…続きを読む
屋根の維持費はどれくらい?各屋根材のコストを比較してみました!
 お住まいのご購入、そして住み続けるための維持管理、人間が生活していく上で基本となる「衣食住」はいずれもお金がかかります。 特に「住」、お家のことに関しては購入する際にかなりの金額を必要としますし、数十年に渡って維持していくのにも相当な費用がかかります。 また、お子様がいるご家庭では「学」にもお金が…続きを読む
あなたの屋根はどの形?18種類の屋根と名称をご紹介
 普段、生活する上で屋根の形を気にすることはあまりないと思います。ちょっと街を歩いてみましょう。ご近所を散歩するだけで、様々な形、様々な材料の屋根があることが分かります。  カッコイイ屋根、素敵な屋根、オシャレな屋根、かわいらしい屋根、ユニークな屋根、実に様々です。神社・仏閣ともなれば荘厳なものが多…続きを読む
お住まいの寿命を延ばす!季節別・築年数別のメンテナンスポイント
 「家のメンテナンスって、いつがベストか分からないなぁ…」そうお考えの方、いらっしゃるのではないでしょうか。  一生に一度の大きな買い物とされるお住まいは、手に入れたらそこで終わりではありません。    初めは新築だった住まいも、年月が経つと、どれだけ大切にしても劣化してしまいます。…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店
      街の屋根やさん横浜支店
      お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      横浜市戸塚区のその他のブログ

      2024/02/18 横浜市戸塚区上矢部町にて築30年のスレート屋根が劣化していました

      スレート屋根材の端部が白く変色している    横浜市戸塚区上矢部町にて築30年のお住まいの現地調査を行いました。  調査を開始すると全体的にスレート屋根材の端部が白く変色していました。スレート屋根の性質として横殴りの雨や毛細管現象などによってスレートの隙間などから内部に...続きを読む

      2024/01/28 横浜市戸塚区品濃町にて瓦屋根調査、飛散物が瓦を割ってしまい防水紙が丸見えの状態でした

       横浜市戸塚区品濃町にお住まいのY様より、強風が続いたとある日から数日後に敷地内に自宅の屋根に使われているかもしれない瓦屋根の欠片が落ちていた。もし本当に自宅の屋根が破損していたら心配との事で、私たち街の屋根やさんへ屋根点検調査のご相談を頂きました。平屋造りで築30年程経過しているとの事でした。さっ...続きを読む

      2024/01/24 横浜市戸塚区上矢部町にて築30年のスレート屋根が劣化していました

      スレート屋根材の端部が白く変色している    横浜市戸塚区上矢部町にて築30年のお住まいの現地調査を行いました。屋根調査の際は梯子をかけ、屋根に上り調査を行います。調査を開始すると全体的にスレート屋根材の端部が白く変色していました。  スレート屋根の性質として横殴りの雨...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      横浜市戸塚区のその他の施工事例

      施工内容
      屋根カバー工法
      築年数
      築約25年
      使用材料
      IG工業 スーパーガルテクト Sシェイドチャコール
      施工内容
      屋根カバー工法
      築年数
      18年
      使用材料
      エコグラーニ(ブラックオニキス)

      その他の施工事例一覧→

      防水工事を行った現場ブログ

      2024/02/21 屋上防水とは?効果的な防水工事の種類・方法を解説

        皆様、こんにちは!街の屋根やさん 横浜店です(^^♪  本記事では、建物の屋上部分を雨水や湿気から守る屋上防水工事について解説します。定期的なメンテナンスの重要性や適切な工法についてもご紹介しております。  屋上のあるお家にお住まいの方、ビルやアパート・マンションの...続きを読む

      2024/02/17 縁切りされていない斜壁に付いたスレートと劣化した防水の点検に横浜市港北区日吉本町に来ました!

        こんにちは! 街の屋根やさんです(=゚ω゚)ノ  今回は雨漏りがあるから点検と修理の見積もりが欲しいとご連絡をいただき調査に来ました。  それでは早速調査開始です! 調査開始!  まずは雨漏りしている箇所の点検からしていきます!  点検...続きを読む

      2024/02/5 サンルームの雨漏りトラブル解決!修理方法と費用の相場を徹底解説

       皆様、こんにちは!街の屋根やさん 横浜店です!(^_^)/  「サンルームで雨漏りが起きるようになってしまった!」 「積もった雪がサンルームの屋根を破壊してしまった」  サンルームに関して、こんなトラブルでお悩みではありませんか?  本記事では、サンルームのトラブルを...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      防水工事を行った施工事例

      施工内容
      その他塗装
      築年数
      約25年
      使用材料
      ロンシール ニューベストプルーフ 塩ビシート防水 機械固定工法

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お気軽にお問合せ下さい!


      お電話でのお問い合わせは

      通話料無料

      0120-989-936

      8時30分~20時まで受け付け中!