屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
台風4号によりお住まいに被害を受けた、受けたかもしれない方は街の屋根やさんの無料点検をご利用ください 台風4号によりお住まいに被害を受けた、受けたかもしれない方は街の屋根やさんの無料点検をご利用ください

HOME > ブログ > 小田原市小台にて日本瓦屋根補修の為点検調査、野地板が一部無く.....

小田原市小台にて日本瓦屋根補修の為点検調査、野地板が一部無くなり小屋裏に外から見える状態でした

更新日:2019年5月10日

本日は強風の影響でしばらく前に日本瓦屋根が傷んでしまっていたのがきっかけでご相談頂きました小田原市小台のお客様宅へ屋根補修の為点検調査に伺った様子をお伝えいたします。養生だけしていてどう補修するか、悩んでいるうちに傷みが広がってしまったようでした。

さっそく屋根に上がらせて頂き状況の確認を致します。

 

土のうとブルーシートで養生だけされているようでした

土のうとブルーシートで瓦屋根を養生

屋根に上がると切妻屋根のこちらの建物の棟を中心にブルーシートが被せてあり土のうで飛ばない様に固定されておりました。

ただこちらはあくまで養生ですので、これをしていたところで根本的な解決には何もならないため、どのように修繕するかは早めに判断しないといけない所です。

 

では瓦が実際どのように傷んでいるのかを調べる為、養生を一時的に撤去し確認します。

 

瓦数枚がなくなってしまい野地板が守られておらず腐食し一部なくなっているのがわかりました

水を吸って野地板が腐食し一部なくなっています 屋根から小屋裏内が確認できるほどの空間があります

 

瓦が何かしらの外的要因により飛散しなくなっていたようです。野地板が相当雨水を吸い込んでいるのが写真からもお分かりいただけると思います。

黒く湿ってしまっております。この時ちょうどパラパラと小雨が降りましたがそれとは関係なく養生を外すとこの状態でした。

しかも角度を変えてみてみると写真右の様に小屋裏が屋根から見えています。断熱材が確認できるほどです。早急に修繕しませんと雨漏りに直結します。

 

 

漆喰のメンテナンスは一度もされていないようです 小屋裏に屋根からの光が差し込んでいる様子

 

他にも屋根を点検調査してみると、棟の漆喰が剥がれて内部のの土や泥が一部屋根に落ちてきているのも確認できます。棟の歪み、ズレは放置してしまうと雨漏りに繋がるために早めに修繕が必要です。ただ屋根自体あまり普段から見る機会がなく、何かあってから動き出す事が多いと思います。

その様になにかあってから、ゆっくり修繕の為に考える時間がなく間違った判断をしてしまわないようにどんな屋根材が使われている建物でも、定期点検・メンテナンスは必要です。

そのような時はどんな屋根材にも対応している街の屋根やさんへお気軽にご相談ください。

 

 記事内に記載されている金額は2019年05月11日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

このページに関連するコンテンツをご紹介

街の屋根やさんの無料点検でお住まい全体の不安も解消!
街の屋根やさんの無料点検でお住まい全体の不安も解消!
 日頃、意識することは殆どありませんが、屋根は毎日、私たちの生活を守るという大役を繰り返しています。 風に曝され、砂埃を叩きつけられ、紫外線を照らされ続け、雨を浴び、夏は暑さ、冬は寒さ... 屋根がとれだけ頑張っているか分かるでしょうか。 実は毎日かなりの負担を強いられているのです。 ご近所のお住…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識
知ってお得!屋根の便利な豆知識
 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。 素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の…続きを読む
4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう
4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう
 瓦屋根というと半世紀、またはそれ以上もの耐用年数を期待できる大変寿命の長い屋根材ですよね。そのため瓦屋根にお住まいの方の中にはどうしてもメンテナンスが怠りがちになってしまっているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。 しかし瓦屋根と言えども経年劣化がまったくないかというとそうではありません…続きを読む
瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?
瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?
 和風と洋風のテイスト、現代的と伝統的の時代感、現在はそれらの枠を飛び越えた様々なデザインの建築が増えました。一般的なお住まいも実に多彩です。 また、それに合わせて屋根の形状も多様になってきました。オーソドックスな三角屋根、地球環境に配慮し太陽光発電を数多く載せられるように南斜面…続きを読む
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
 台風などの強風で被害に遭いやすく、他の部分へ被害を拡大してしまうケースも多いのが瓦屋根です。ずれてしまうだけならまだしも、災害の規模が大きいと屋根から瓦が落下してきます。重くて固い瓦が落下すると、まず間違いなく落下地点のものを傷つけ、破壊します。2階屋根から1階屋根に落下すれば、その部分の瓦がほぼ…続きを読む
こんな症状でていませんか?お住まいが教えてくれる屋根補修の時期
こんな症状でていませんか?お住まいが教えてくれる屋根補修の時期
 お住まいの屋根などがメンテナンスの時期にさしかかりますと、さまざまなサインを出して私たちに教えてくれます。しかし、このサイン、軽微なものだとついつい見逃してしまいがちですし、初期症状では判断できないことも多かったり、ましてや屋根の上だと気付かないことすらあるのではないでしょうか?  初期症状を放…続きを読む
屋根の部分補修と全面補修はどちらがお得?全面補修を行った方が良い3つの理由
屋根の部分補修と全面補修はどちらがお得?全面補修を行った方が良い3つの理由
 建物の屋根に不具合が発生した場合、部分補修で済ますべきなのか、それとも思い切って全面的な改修をしてしまうのか、迷うことがあると思います。  金銭的に余裕があるならば、全面改修の方が間違いはないのですが、世の中にそういう方は少数です。部分補修と全面改修、時と場合によってを使い分けるのが賢い屋根リフォ…続きを読む
野地板は屋根材と防水紙の下の超重要部分、張り替えと増し張りでより強く
野地板は屋根材と防水紙の下の超重要部分、張り替えと増し張りでより強く
 屋根の最重要部分でありながら、それほど目にする機会もなく、耳にすることもないのが野地板です。表面の屋根材、その下の防水紙、その下にあるのが野地板で、防水紙や屋根材の土台となっていることを考えれば、かなり重要な部分であることはお分かりになると思います。 また、メンテナンスしにくい部分であり、手を入れ…続きを読む
瓦の種類はたくさん!粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦など瓦の種類や見分け方、メンテナンス方法について詳しく解説!
瓦の種類はたくさん!粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦など瓦の種類や見分け方、メンテナンス方法について詳しく解説!
 日本の伝統的な屋根材と言えば「瓦」。昔から馴染みがある屋根材で、瓦と聞いただけでイメージが頭に浮かぶ人も多いのではないでしょうか。 しかし、ひとくちに「瓦」と言っても、神社などの建築で使われる和風な瓦から、外国を彷彿させるような洋風な瓦までさまざまあります。色や形状などの見た目はもちろん、材質や…続きを読む
あなたの屋根はどの形?18種類の屋根と名称をご紹介
あなたの屋根はどの形?18種類の屋根と名称をご紹介
普段、生活する上で屋根の形を気にすることはあまりないと思います。ちょっと街を歩いてみましょう。ご近所を散歩するだけで、様々な形、様々な材料の屋根があることが分かります。 カッコイイ屋根、素敵な屋根、オシャレな屋根、かわいらしい屋根、ユニークな屋根、実に様々です。神社・仏閣ともなれば荘厳なものが多いで…続きを読む
瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格
瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格
  瓦に飛来物が当たり割れてしまった場合、また風によって少しずれてしまっている場合、雨漏りが起きていなくとも防水紙の劣化に繋がりますので、補修は必要です。瓦の差し替え工事瓦の並び戻し工事    漆喰が剥がれることによって内部の土が露出し、雨水で流れ出てしまいます。そのまま放置してしまうと棟自体の並…続きを読む
相談するのが躊躇われるような屋根に関するご相談や軽微な補修も全てお任せください!
相談するのが躊躇われるような屋根に関するご相談や軽微な補修も全てお任せください!
 「瓦が数枚、ずれてしまった」、「1枚、割れてしまった」など頼むのがためらわれるほどの軽微な補修な屋根工事、業者にわざわざ来てもらうのも気が引けるという方も多いと思います。高所である屋根は危険な場所ですから、必ず専門業者に修理をご依頼ください。何かがあってからでは遅いのです。【動画で確認「軽微な補修…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店 街の屋根やさん横浜支店 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      小田原市のその他のブログ

      2019/08/15 小田原市飯田岡のベランダ屋根(波板)が強風で壊れたので交換工事を実施

      経年劣化で塩ビの波板が劣化している本日は小田原市飯田岡で行いましたベランダの屋根の交換工事をご紹介いたします。ベランダ屋根には波板が使われていましたが、強風で外れてしまったため今回工事を行います。もともとは塩ビ(塩化ビニール)の波板で、年数がだいぶ経っていたこともあり経年劣化の影響で強風に煽られ割れ...続きを読む

      2019/08/1 小田原市曽我原で屋根の漆喰剥がれから棟取り直し工事

      2階の屋根は見えにくいため、地上から見える不具合は氷山の一角かもしれません本日は小田原市曽我原にて実施いたしました棟取り直し工事をご紹介いたします。二階建ての建物でかろうじて地上から見えるところでも、棟部分の漆喰が剥がれているのがわかるということでお問い合わせをいただきました。現地調査にて実際に屋根...続きを読む

      2019/05/11 小田原市小竹にて急こう配片流れ屋根の棟板金交換工事の為にスレート屋根点検調査を行いました

      本日はルーフバルコニーからふと屋根を見たら、板金がはがれていそうだと分かった事がきっかけでお問い合わせをいただきました、小田原市小竹にありますA様邸へ点検調査に伺った時の様子をお伝えいたします。前日強風が吹いていたようでその影響かもしれないとの事でした。屋根の形状は様々ありますが、ご自宅の屋根がどの...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      小田原市のその他の施工事例

      施工内容
      棟板金交換
      築年数
      24年
      使用材料
      ガルバリウム製棟包み
      施工内容
      その他の工事
      築年数
      築23年
      使用材料
      ガルバリウム鋼板製ケラバ板金

      その他の施工事例一覧→

      屋根補修工事を行った現場ブログ

      2022/04/7 横浜市緑区台村町では築30年近くメンテナンスされていなかった庇板金が腐食し錆が回ってしまっておりました

       横浜市緑区台村町にお住まいのK様より、サッシの上にある小さい屋根が傷んでいるようなので、どのような方法で修繕できるか一度見てほしいと街の屋根やさんへご相談を頂きました。 サッシの上との事ですので、庇や霧除けと呼ばれる部分かと思われます。築30年以上経過しているとの事でしたので、まずは現地にて状態を...続きを読む

      2022/03/24 横浜市港北区日吉にて腐食による劣化で瓦が落ちた屋根を点検・を加工した板金にて補修をご提案

       横浜市港北区日吉のお住まいの方からお問い合わせを頂きました。お話を伺うと瓦屋根の袖部分の瓦が数枚落ちてしまったとのことでした。現地調査に伺うと、セメント系の洋瓦が使用されている屋根でした。セメント系の洋瓦は、現在入手することが難しく、入荷できるとしてもかなりの日数を要してしまう事をお伝えしました。...続きを読む

      2022/03/4 逗子市新宿にて瓦が割れたというお住いの屋根を調査、部分的な補修と劣化した漆喰のメンテナンスをご提案

       逗子市新宿にてお住いのお客様より、「屋根の瓦が何枚か割れているようなので、メンテナンスをお願いしたい」とのお問い合わせを頂きました。日本瓦は耐久性が非常に高いイメージがあるかと思いますが、瓦屋根にも劣化によってメンテナンスが必要になる部位は必ず存在します。そういった点も含めまして、屋根全体の点検を...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      屋根補修工事を行った施工事例

      施工内容
      屋根補修工事
      築年数
      25年
      使用材料
      ニチハ 横段ルーフS 色:KブラックS

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      苗字

      名前

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      苗字

      名前

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      お問い合わせバナー

      屋根やさんの10のルール リフォーム瑕疵保険
      施工事例 お役立ち情報
      施工の流れ 屋根工事の種類
      お客様の声 スタッフ紹介
      支店長ブログ 会社概要
      お問い合わせ・ご相談 資料請求
      電話でお問い合わせ プライバシーポリシー
      ▼メニューを閉じる