小田原市小台にて瓦屋根の現地調査、屋根から落ちてくる白い塊の正体は経年劣化によって剥がれた漆喰でした

HOME > ブログ > 小田原市小台にて瓦屋根の現地調査、屋根から落ちてくる白い塊の.....

小田原市小台にて瓦屋根の現地調査、屋根から落ちてくる白い塊の正体は経年劣化によって剥がれた漆喰でした

更新日:2023年04月14日

 小田原市小台にお住いのお客様より、瓦屋根のご相談をいただきました。築30年以上のお住まいで瓦屋根の上から白い塊が落ちてきたため調べてほしいとのことで、現地に伺い状況を確認させていただきました。

 街の屋根やさんでは、新型コロナウィルス感染拡大防止対策を引き続き行い、お客様に安心していただけるよう現地対応にあたらせていただきます。

 

棟の漆喰は経年劣化してしまいます。

 

屋根の上から白い塊が落ちてきた!となる前に、棟取り直し工事をしておきましょう!

 

内部に藻や黒カビなどが繁殖しています。 経年劣化により漆喰が剥がれ落ちています。

 棟を近くで見てみると、内部に藻や黒カビなどが繁殖しており、白い漆喰が剥がれ落ちている箇所が多いことがわかります。「瓦屋根の上から白い塊が落ちてきた」というご相談の原因は、漆喰の経年劣化によるものだったのです。
 漆喰の耐用年数は20年程度と言われています。そのため、今まで目に見える変化もなく不具合も感じられなくとも、一度も点検をしたことがない方であれば専門業者にご相談していただくことをお勧めします。

 

雨漏りをしない屋根にするには、棟取り直し工事で漆喰の剥がれと歪みを修繕しましょう!

 

隅棟は屋根の頂上の大棟から雨樋の方向に伸びている部分の事です。 内部に藻や黒カビなどが繁殖しています。

 こちらの写真は隅棟(すみむね)といい、屋根の頂上の大棟から雨樋の方向に伸びている部分です。先ほどの大屋根部分の棟と同じく、表面部分に黒カビや藻が繁殖し、白い漆喰が剝がれてしまっていることが窺えます。
 漆喰には瓦を固定するという重要な役割があります。そのため漆喰が劣化し剥がれ落ちると瓦の固定力が弱くなり、棟瓦が動きやすく、ずれてしまいます。ずれた瓦の隙間からは雨水が侵入しやすくなります。
 それに加え、経年によってルーフィングと呼ばれる防水紙が傷んだ建物は、傷んだ部分から雨水が建物内に入り込んでしまいます。そして下地の腐食が進み、屋根裏は白カビだらけになってしまう上に、雨漏りまで起こってしまうのです。
 気が付いた時にはもう手遅れになってしまっていた、となる前に、定期的な棟のメンテナンス、漆喰のメンテナンスが必要なのです。

 今回伺ったお住まいでは下地の状態に問題がなかったため、棟取り直し工事(税込\18,150/m²~)のご提案をさせていただきました。
また、漆喰の剥がれ・崩れが軽微であれば漆喰詰め直し工事(税込\6,600/m²~)のご提案ができます。もしルーフィングが傷んだり、切れていたりなどしていた場合は、葺き替え工事(税込\1,097,800~)の一択になってしまいます。
 料金は施工内容によって変動があります。無料でのお見積もりを承っておりますので、お気軽にお問合せください。

 私達、街の屋根やさんでは、瓦屋根の雨漏り調査やその修繕工事、または雨漏りを事前に防ぐ工事のご提案が可能です。瓦など、屋根に関する工事の事なら街の屋根やさんへお任せください!

 記事内に記載されている金額は2023年04月14日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

2024年最新情報!補助金でお得にリフォーム!

関連動画をチェック!

和瓦?セメント瓦?漆喰補修や塗装などのメンテナンス【街の屋根やさん】

 今回の記事で登場した工事やお住まいのトラブルに関連する動画をご紹介します!


 こちらの動画では、工事の内容やお住まいのトラブルの対処方法などをより詳しく説明しています。
 お役立ち情報が満載ですのでぜひご覧になってみてください。


このページに関連するコンテンツをご紹介

瓦屋根の方へ、漆喰詰め直し・漆喰取直しで長寿命な屋根を目指しましょう
 漆喰の歴史は古く、約5000年前から世界中で使われています。瓦や石材の接着、目地の充填、壁の上塗りなど漆喰は様々な場面に用いられてきました。日本が世界に誇る世界遺産「姫路城」、その白鷺と形容される美しい白壁にも漆喰が用いられています。 瓦屋根では瓦の固定や接着に漆喰が用いられています。この漆喰も…続きを読む
4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう
 「瓦屋根は手入れいらずで安全」と思っていませんか? 確かに瓦屋根は耐久性が高く、数十年以上も持ちますが、台風や強風の影響を受けやすい場合があります。  瓦屋根の耐用年数をさらに延ばし、安全かつ安心してご利用いただくために、瓦屋根のメンテナンスについて説明します。メンテナンスのタイミングや方法につ…続きを読む
瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?
 和風と洋風のテイスト、現代的と伝統的の時代感、現在はそれらの枠を飛び越えた様々なデザインの建築が増えました。一般的なお住まいも実に多彩です。 また、それに合わせて屋根の形状も多様になってきました。オーソドックスな三角屋根、地球環境に配慮し太陽光発電を数多く載せられるように南斜面を広く取った屋根、…続きを読む
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
 最近では台風や地震が頻繁に発生し、瓦屋根に不安を感じている方も多いのではないでしょうか?  重くて堅固な瓦が地に落ちると、まず間違いなくその着地点の物を傷つけ、破壊してしまいます。 自分の敷地内であればまだしも、お隣に被害を及ぼしてしまった場合、問題が複雑化します。  頑丈で重い屋根材故に、適切…続きを読む
屋根や外壁の劣化を促進させる苔・藻・カビの放置は絶対ダメ!?
 新築時や外装リフォーム後は綺麗だった屋根や外壁も時が経つにつれ、だんだんと汚れてきます。その中で屋根や外壁に苔や藻、カビが生えてしまうのは珍しいことではありません。苔や藻、カビは「汚れている・お手入れされていない」という美観の問題だけでなく、建材の劣化を早めてしまう可能性もあるのです。【動画で確認…続きを読む
瓦の種類はたくさん!粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦など瓦の種類や見分け方、メンテナンス方法について詳しく解説!
 日本の伝統的な屋根材と言えば「瓦」。昔から馴染みがある屋根材で、瓦と聞いただけでイメージが頭に浮かぶ人も多いのではないでしょうか。 しかし、ひとくちに「瓦」と言っても、神社などの建築で使われる和風な瓦から、外国を彷彿させるような洋風な瓦までさまざまあります。色や形状などの見た目はもちろん、材質や…続きを読む
あなたの屋根はどの形?18種類の屋根と名称をご紹介
 普段、生活する上で屋根の形を気にすることはあまりないと思います。ちょっと街を歩いてみましょう。ご近所を散歩するだけで、様々な形、様々な材料の屋根があることが分かります。  カッコイイ屋根、素敵な屋根、オシャレな屋根、かわいらしい屋根、ユニークな屋根、実に様々です。神社・仏閣ともなれば荘厳なものが多…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店
      街の屋根やさん横浜支店
      お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      小田原市のその他のブログ

      2019/08/15 小田原市飯田岡のベランダ屋根(波板)が強風で壊れたので交換工事を実施

      経年劣化で塩ビの波板が劣化している本日は小田原市飯田岡で行いましたベランダの屋根の交換工事をご紹介いたします。ベランダ屋根には波板が使われていましたが、強風で外れてしまったため今回工事を行います。もともとは塩ビ(塩化ビニール)の波板で、年数がだいぶ経っていたこともあり経年劣化の影響で強風に煽られ割れ...続きを読む

      2019/08/1 小田原市曽我原で屋根の漆喰剥がれから棟取り直し工事

      2階の屋根は見えにくいため、地上から見える不具合は氷山の一角かもしれません本日は小田原市曽我原にて実施いたしました棟取り直し工事をご紹介いたします。二階建ての建物でかろうじて地上から見えるところでも、棟部分の漆喰が剥がれているのがわかるということでお問い合わせをいただきました。現地調査にて実際に屋根...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      小田原市のその他の施工事例

      施工内容
      棟板金交換
      築年数
      24年
      使用材料
      ガルバリウム製棟包み
      施工内容
      その他の工事
      築年数
      築23年
      使用材料
      ガルバリウム鋼板製ケラバ板金

      その他の施工事例一覧→

      棟瓦取り直しを行った現場ブログ

      2024/05/28 相模原市中央区横山で強風で崩壊した棟瓦を点検・調査しました

      屋根が崩れてしまったので見に来てほしい 相模原市中央区横山にお住まいのお客様より、ご自宅の瓦屋根のてっぺん部分が崩れてしまったので状態を確認して欲しいとお問合せをいただき、現地調査にお伺いしてきました。   早速屋根に登ってみると、棟瓦が崩壊している状態でした(;´・ω・)&nb...続きを読む

      2024/04/16 棟瓦の読み方・役割とは?|棟瓦を構成する「のし瓦」などの部材を併せてご紹介!

      棟瓦は、一般的に瓦屋根の頂点など面と面の合わさり部に設置されます! それでは、棟瓦はどの様な役割があるのでしょうか(・・? 今回は棟瓦の読み方・役割をはじめ、棟瓦を構成する「のし瓦」などの部材の位置やそれぞれの役割をご紹介いたします!棟瓦の読み方・役割 棟瓦は「むねがわら」と読み、冒頭でもお伝え致し...続きを読む

      2024/03/7 コーキングとシーリングの違いとは?施工を必要とする工事事例をご紹介!

       コーキング・シーリングと聞きますと、何となく「浸水を防ぐ役割を持っている」と分かるもののその違いについて分からないと言う方も多いのではないでしょうか(・・? この記事では、コーキングとシーリングの違いや役割と併せて必要とする施工箇所の一例をご紹介致します!コーキングとシーリングの違い 結論からお話...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      棟瓦取り直しを行った施工事例

      施工内容
      棟瓦取り直し
      築年数
      11年
      使用材料
      南蛮漆喰 シルガード(黒)

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お気軽にお問合せ下さい!


      お電話でのお問い合わせは

      通話料無料

      0120-989-936

      8時30分~20時まで受け付け中!