屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
台風15号によりお住まいに被害を受けた、受けたかもしれない方は街の屋根やさんの無料点検をご利用ください 台風15号によりお住まいに被害を受けた、受けたかもしれない方は街の屋根やさんの無料点検をご利用ください

HOME > ブログ > 大和市代官にて強風に煽られ棟板金が部分的に飛散した為に棟板金.....

大和市代官にて強風に煽られ棟板金が部分的に飛散した為に棟板金交換工事を実施、築年数が経過していたら全交換が必要です

更新日:2020年2月9日

大和市代官にお住まいのK様より、とある日強風が吹いた翌日に庭先に金属の板が落ちていたとの事で屋根の調査依頼を頂き、屋根全体の調査を実施致しました。

屋根に上がった結果は四面からなる方形屋根の斜めに降っている隅棟と呼ばれる部分の棟板金が一部飛散し下地である「貫板」があらわになってしまっていました。

屋根全体をくまなく調査した結果、飛散した部分以外の板金を含め棟板金交換工事をご提案させて頂きご用命頂きました。

今回は部分的に交換しても問題ない場合とそうではない場合の参考にして頂ければと思い工事最中、棟板金を撤去した屋根の様子をお伝えいたします。

まずは調査時の様子から。

 

隅棟は強風や台風時に影響を受けやすく傷みやすい

隅棟の一部が飛散 すぐそばには固定に使用していたであろう釘が屋根の上に落ちていました

 

こちらは現地調査で屋根に上がった様子です。写真左にありますように斜めに降っている場所に設置してあります隅棟が部分的に飛散し下地の木材、貫板が見えてしまっている状態でした。

近くには飛散した影響で、この下地に向かって板金の上から打ち込んでいたであろう釘も落ちていました。

貫板をよく見ますと経年劣化で雨水を吸い込んでしまっており黒ずんでいる所が多く散見されます。これでは板金に錆がなく異常がなくとも板金が飛散する原因になってしまいます。

 

釘浮きやコーキングが切れている場合は下地が腐食している可能性が高い

釘が浮いている 板金取合いのコーキングが切れている

 

飛散した部分以外を確認しているところです。多くの箇所に釘が浮いてしまって板金がきちんと固定できていないようです。横から手を差し込むとスッと入ってしまうほどの隙間が出来ている箇所が多く確認できました。これでは横殴りの強風や台風時、また降雨時に雨水が内部へ侵入し貫板の腐食に繋がります。また、板金がぶつかる取合いは必ず隙間が生じてしまいますのでコーキングで隙間を埋め雨水が侵入しないようにするのですが、このコーキングにも耐用年数がございますので定期的に打ち換える必要があります。

K様邸の板金取合いのコーキングは全ての箇所で切れてしまいこちらも雨水の侵入経路になってしまっています。

これらをお伝えした所今回は部分的な交換ではなく全ての棟板金を交換するご提案に納得いただけました。それでは実際に今書かせていただたような事が原因で本当に内部の貫板が腐食しているかどうか、実際の施工中に棟板金を撤去した所を見てみましょう。

 

全ての貫板に黒ずんでいる腐食部分がある事が確認できます

 

これは職人が既存の棟板金を全て撤去した所です。飛散していた箇所以外も内部の腐食が相当進んでおり今回飛散しなかったのは運が良かったといえるほど。

さわるとボロボロと崩れる所も多く、雨仕舞としての棟板金として機能していなかったようです。幸いまだ室内への雨漏りもなく屋根材自体にはそれほど傷みが見られなかった為に棟板金交換のみで今は問題ないのですが、この状態が進むと雨漏りに繋がってしまいます。

築15年以上経過しており、もし棟板金のメンテナンスをされていない場合は棟板金交換工事をお勧めいたします。

街の屋根やさんでは調査時にきちんとした調査を行い必要な工事のご提案をさせて頂いております。ガルバリウム鋼板を用いたカバー工事葺き替え工事、棟板金交換工事は街の屋根やさんへお任せください。

 

 

 記事内に記載されている金額は2020年02月10日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

このページに関連するコンテンツをご紹介

棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!
棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!
 毎年9月、10月の台風の時期になると特に増えるお問い合わせがあります。それは「棟板金交換」です。こちらのページをお読みの方でも「屋根の上から異音がする」など屋根の上の異変に不安を抱えていらっしゃる方はいらっしゃいませんでしょうか? 台風に限らず春一番や竜巻、木枯らしなど突発性の強風でも被害を受ける…続きを読む
お住まいの寿命を延ばす!季節別・築年数別のメンテナンスポイント
お住まいの寿命を延ばす!季節別・築年数別のメンテナンスポイント
 一生に一度のお買い物と言われるお住まい、手に入れるまでは相当な努力と苦労を伴います。何年もかけて貯めた頭金、購入してからはローンと大変です。手に入れたということで満足してしまい、そこでゴールという方も多いようです。  かつては新築だったお住まいも年月を経れば、どんなに大事にしていてもいろいろなとこ…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店 街の屋根やさん横浜支店 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      大和市のその他のブログ

      2022/01/23 大和市福田にて防水紙の劣化により外壁との取り合い部分から雨漏り

       大和市福田にお住まいのお客様より、雨漏りのご相談をいただき現地調査へ伺いました。屋根から雨漏りする場合、「屋根材の経年劣化・破損」、「防水紙の劣化・破損」、「板金部分の劣化・破損」、稀に施工不良が主な原因です。今回は、点検から修繕した方法についてご報告します。雨漏り部分の確認  「雨染み」を確認し...続きを読む

      2021/07/17 大和市福田にて棟板金交換工事に伴い遮熱塗料サーモアイSiで屋根塗装!

       夏は室内の温度が高いため、エアコンを使用する頻度も多くなると思います。テレワークやお家時間が増えた現在では、電気代が掛かりお悩みの方もいらっしゃるでしょう。暑さ対策として、遮熱塗料を使用した屋根塗装を行うのも一つの手です。 大和市福田にお住まいのお客様は棟板金交換工事に伴い、遮熱塗料を使用した屋根...続きを読む

      2020/10/23 大和市大和南にて強風により棟板金と下地木である貫板が飛散しており早急な棟板金交換工事が必要な状況でした

       大和市大和南にお住まいのK様より、最近の台風や強風時だと思うが屋根から木材が落ちて庭先に置いてある。自宅の物かどうかも分からない状態なので一度屋根調査をして、もし自宅の物であれば修理を依頼したいとのご相談を頂きました。 K様邸は築20年以上経過されておりましたが、今までに足場を架けての外装リフォー...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      大和市のその他の施工事例

      その他の施工事例一覧→

      棟板金交換を行った現場ブログ

      2022/09/21 横浜市緑区中山で訪問業者から「棟板金の下の木材が見えている」と指摘を受けたお客様より調査のご依頼です

       横浜市緑区中山にて、訪問業者の方に無料で調査をすると言われ屋根の異常を指摘されたというお客様よりご相談をいただきました。指摘内容が疑わしかったために、インターネットで検索したところ私たち街の屋根やさんのホームページを見つけてくださったそうです。 その訪問業者の方は偶然付近の工事をされていたそうで、...続きを読む

      2022/09/10 横浜市金沢区柴町にて築10年のお住いの現地調査、築10年でも劣化が見られました

      スレート屋根のお住いの調査 横浜市金沢区柴町にてスレート屋根の調査を行いました。築10年のお住まいで外観はとてもきれいでした。しかし、屋根の調査を行うと様々な劣化状況を確認することが出来ました。築年数10年ですと塗膜や棟板金の劣化が始まるタイミングですので気になる方は専門業者に点検してもらうことをお...続きを読む

      2022/09/6 横浜市緑区鴨居町で棟板金の不具合を調査しました

      棟板金が浮いていると指摘があって補修してもらった 横浜市緑区鴨居にお住まいのお客様より、近所で工事をしていたという業者から棟板金の浮きを指摘されて補修してもらったが、別の業者にも見てもらいたいと思って連絡したとお問合せをいただき、現地調査にお伺いしてきました。棟板金の浮きの指摘を受けたというお問い合...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      棟板金交換を行った施工事例

      施工内容
      棟板金交換
      築年数
      約築20年
      使用材料
      ガルバリウム鋼板製 棟板金

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      お問い合わせバナー

      屋根やさんの10のルール リフォーム瑕疵保険
      施工事例 お役立ち情報
      施工の流れ 屋根工事の種類
      お客様の声 スタッフ紹介
      支店長ブログ 会社概要
      お問い合わせ・ご相談 資料請求
      電話でお問い合わせ プライバシーポリシー
      ▼メニューを閉じる