逗子市新宿にて強風により棟の冠瓦が庭先に落下、二次被害が起きないように早めの修繕が必要な状況でした

HOME > ブログ > 逗子市新宿にて強風により棟の冠瓦が庭先に落下、二次被害が起き.....

逗子市新宿にて強風により棟の冠瓦が庭先に落下、二次被害が起きないように早めの修繕が必要な状況でした

更新日:2020年11月06日

 逗子市新宿にお住まいのO様より、最近の強風で屋根から瓦が落ちてきたので早急に点検調査と修繕が可能な所を探しているとご相談を頂きました。

お住まいは築30年程経過しており、屋根は和瓦で葺かれておりましたが屋根に関してのメンテナンスは一度もされていなかったようです。外壁は塗装でのメンテナンスをされていらっしゃったようで綺麗な外観でした。

 落ちていた瓦はO様が集めて保管されていたそうです。瓦は棟と呼ばれる部分の熨斗(のし)瓦と冠(かんむり)瓦でした。どうやらO様邸の屋根は棟が倒壊していると、この時点で分かりました。さっそく屋根に上がり状況を見てみます。

 季節の変わり目、再度拡がりつつあるコロナ禍にありますが、街の屋根やさんでは引き続きマスク着用やアルコール消毒などを徹底し、引き続き現地対応にあたらせて頂いておりますのでご安心ください。

 

棟のメンテナンスは和瓦も洋瓦も必要です

屋根から落下していた棟瓦 屋根に上がるといたるところに養生テープが貼られている

 

 屋根に上がる前に写真左の落下していたという瓦を確認し、屋根にあがってみますと想定通り棟が一部倒壊してしまっている様子が確認できました。知り合いの大工さんにとりあえずビニールシートと粘着テープで養生をしてもらっていたようです。ここで気になるのが、養生はいいのですがその方法です。今回、結果からお伝えしますとO様には築年数も考慮し屋根葺き替え工事をご提案させて頂きました。

 しかし、様々な事からとりあえず今回は傷んでいる棟の修繕、棟取り直しを行い原状復旧のみとなった場合に困るのが養生に使用された粘着テープです。よく養生に防水ブチルテープや室内用の養生テープが使用されていますが、陶器瓦に粘着テープを一度ども貼ってしまうと剥がしたときに跡が残ってしまい汚くなってしまいます。

 瓦には瓦用の養生の仕方がありますので、緊急性が高いが修繕工事まで時間がどうしてもかかってしまう時に行う養生には後々の事も考え専門業者に任せましょう。確かに大工さんというと万能で何でもできると思われがちですが、専門外という事を忘れずにいた方が良いでしょう。

 

漆喰のメンテナンスをしていなく経年で歪んだ棟は強風で倒壊しやすい

漆喰のメンテナンスをしていない棟は倒壊しやすい

 

 近くで確認している様子です。一番上に被せる形でのせている冠瓦とその下にある平板の熨斗瓦が部分的になくなってしまっており、こうするしか今はなかったのかもしれません。隣家や公道が目の前にあり、さらに隣家にはカーポートもありました。それらに養生をしないままにし瓦が再度落下し損害を与えてしまう二次被害が出てしまったら大変危険です。

 原因は築年数30年近く経過しておりましたが、棟を支える葺き土が雨水を吸わないように棟の両側面から保護する「漆喰」のメンテナンスをしていなかった事と思われます。この漆喰は紫外線の影響や外的要因により必ず傷んでしまう箇所ですので定期的に詰め直しや取り直しでメンテナンスが必要です。

 

桟瓦をめくると野地板が雨水や湿気を吸い込んでたわんでしまっておりました 雨水をはじくルーフィングが切れてしまっていては、瓦同士の隙間や棟から入り込んだ雨水を吸って雨漏りしてしまいます

 

 その他にも、桟瓦をランダムに捲ってみますとどこの箇所でもルーフィングが傷んでしまって機能していない事がわかりました。棟や瓦同士の重なりなどから裏側に雨水が入り込んだ時に受け流し雨漏りしないように敷設してありますルーフィングですが切れてしまっており、その近辺の野地板は雨水を吸って押してみると絨毯の様に柔らかくたわんでしまう程でした。

 以上の事から、今回はまだ今後手入れをして長くお住まいになりないとのO様のご希望もありましたので、棟の修繕だけではなく屋根全体の修繕として自然災害にも強くなる軽量なガルバリウム鋼板、スーパーガルテクトを使用しての屋根葺き替え工事をご提案させて頂きご用命頂きました。

 私達、街の屋根やさんでは今必要な修繕は何か、またそれをしなかった場合近い将来起こり得る事をしっかりとした現地調査にてわかりやすくご説明させて頂くように心がけております。

屋根の事ならどんな事でも街の屋根やさんへお任せください。

 

 

 記事内に記載されている金額は2020年11月06日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

2024年最新情報!補助金でお得にリフォーム!

逗子市ではたくさんのお客様にご依頼をいただいております!

工事種類

漆喰詰め直し

お問い合わせ内容

逗子市のS様
築25~30年程経過されるお住まいの屋根の漆喰補修をご検討中とのことでした。漆喰詰め直し工事と雨樋交換工事を行なわせていただきました!

関連動画をチェック!

【屋根葺き替え】屋根のお悩みを一新できる屋根葺き替え工事!【街の外壁塗装やさん】

 今回の記事で登場した工事やお住まいのトラブルに関連する動画をご紹介します!


 こちらの動画では、工事の内容やお住まいのトラブルの対処方法などをより詳しく説明しています。
 お役立ち情報が満載ですのでぜひご覧になってみてください。


屋根葺き替え898,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

【最新版】火災保険が適用される屋根工事
 近年では地球温暖化の影響もあり、自然災害が増加しています。そのせいで、自宅の屋根が壊れてしまい損害保険を使って修理するケースが増えてきました。  自宅を新築した時に必ず加入するのが「火災保険」です。なんとなく「火災保険は火事の被害の補償」だと思っている方が多いようですが、「火災や天災」はもちろ…続きを読む
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
 最近では台風や地震が頻繁に発生し、瓦屋根に不安を感じている方も多いのではないでしょうか?  重くて堅固な瓦が地に落ちると、まず間違いなくその着地点の物を傷つけ、破壊してしまいます。 自分の敷地内であればまだしも、お隣に被害を及ぼしてしまった場合、問題が複雑化します。  頑丈で重い屋根材故に、適切…続きを読む
瓦の種類はたくさん!粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦など瓦の種類や見分け方、メンテナンス方法について詳しく解説!
 日本の伝統的な屋根材と言えば「瓦」。昔から馴染みがある屋根材で、瓦と聞いただけでイメージが頭に浮かぶ人も多いのではないでしょうか。 しかし、ひとくちに「瓦」と言っても、神社などの建築で使われる和風な瓦から、外国を彷彿させるような洋風な瓦までさまざまあります。色や形状などの見た目はもちろん、材質や…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店
      街の屋根やさん横浜支店
      お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      逗子市のその他のブログ

      2024/02/11 逗子市久木で屋根塗装を検討中のお客様からの依頼で調査に伺いました!

        こんにちは! 街の屋根やさんです(=゚ω゚)ノ  今回は逗子市久木のお客様より屋根塗装を検討しているから見積もりが欲しいとご連絡をいただき調査に来ました。  それでは早速調査開始です(*'▽') 全体的に綺麗な屋根  早速屋根に上り調査開始です!...続きを読む

      2023/09/23 逗子市沼間にてある日突然屋根にあるはずの化粧スレートが落下、経年でクラックが入りすぎるコロニアルNEOが使われていました

       逗子市沼間にお住まいのH様より、庭に屋根材が落ちてきているとの事でまずは屋根をみてほしいと点検調査のご依頼を頂きました。築15年ほどで、外装のリフォームはまだ一度もした事がないとのお話でした。 隣地との距離がなかった為に梯子を直接二階まで架けられなかった為、ベランダに脚立をもって行き屋根に上がらせ...続きを読む

      2023/05/19 逗子市小坪にて廃盤となったエスロンE70雨樋の調査!廃盤の雨樋の不具合は雨樋交換工事で新しいものに取り替えることで解決できます

       逗子市小坪にお住いのお客様より、「雨樋から水が溢れ近隣へご迷惑がかかっているため見に来てほしい」とのご依頼をいただき、調査に伺いました。 築年数が30年以上とのことですので、経年劣化による不具合の可能性が考えられます。大雨でないときでも雨樋から雨水が溢れ出てしまい、漏れた雨水が地面に落ちる音が相当...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      逗子市のその他の施工事例

      その他の施工事例一覧→

      屋根葺き替えを行った現場ブログ

      2024/07/9 相模原市中央区淵野辺で劣化したアスベストスレートの点検を行いました

      スレートが傷んできているように感じる 相模原市中央区淵野辺にお住まいのお客様より、屋根のメンテナンスを考えているので状態の確認と見積をお願いしたいとお問合せをいただき、現地調査にお伺いしてきました(^^)/  屋根を拝見すると苔の発生が顕著で、築25年程になるけれども屋根のメンテナンスは何...続きを読む

      2024/07/7 金属屋根における「ガルバリウム鋼板屋根材」の魅力とは?注意点・デメリットと併せてご紹介!

       日本国内で昔から使用されてきた屋根材と言えば「瓦」で、耐久性や重厚感のある景観が大きな魅力です! しかし、重量の大きさから耐震性への不安が大きく挙げられ、地震が多い日本では特にデメリットに感じる方も増えてきています。 そこで、近年増えてきているのが、金属屋根材「ガルバリウム鋼板屋根材」への葺き替え...続きを読む

      2024/06/25 相模原市南区新磯野でボロボロになったニチハのパミールの点検をしました

      屋根がボロボロなので点検をお願いしたい 相模原市南区新磯野にお住まいのお客様から、屋根の傷みが激しいので状態の確認と必要な工事の見積もりをお願いしたいとお声掛けをいただき、現地調査にお伺いしてきました。  屋根を拝見すると、使われていたスレート屋根はニチハ製のパミールという屋根材でした。&...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      屋根葺き替えを行った施工事例

      施工内容
      屋根葺き替え
      築年数
      約17~18年
      使用材料
      IG工業 スーパーガルテクト Sシェイドグリーン
      施工内容
      屋根葺き替え
      築年数
      41年
      使用材料
      オークリッジスーパー オニキスブラック

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お気軽にお問合せ下さい!


      お電話でのお問い合わせは

      通話料無料

      0120-989-936

      8時30分~20時まで受け付け中!