屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

HOME > ブログ > 川崎市多摩区登戸で雨漏り原因調査の為に散水試験をおこないまし.....

川崎市多摩区登戸で雨漏り原因調査の為に散水試験をおこないました

更新日:2021年6月29日

 川崎市多摩区登戸で雨漏りにお困りの建物の調査をおこないました。

 天井に雨漏りの跡が有り原因を調査するための散水試験をおこなっております。雨漏りはどこから雨水が入り込んだのかを特定する事が重要で、雨が降った状態を再現する為に原因と想定できる部分に水をかけて浸入箇所を特定する作業を散水試験と言います。

 この点を確認せずに雨漏り修理をおこなおうとすると、必要無い部分の工事もおこなう事も出てきますので、明らかに穴が空いていてここから雨水が入っています、といった状況でない限り雨漏りの原因調査には散水試験は必須です。

小屋裏の状態

軒先近くが雨漏りしています

 和室の天袋から天井裏に入り込んで小屋裏の状態を確認します。

 矢印部分が雨漏りしている箇所で、木が雨漏りによって黒ずんでいます。天井の上に乗せてある断熱材にも雨染みが出来ていました。

天井裏から状態を確認 雨漏りしていて腐朽菌が繁殖しています

 白く見えるのは腐朽菌です。木材が腐食すした際に繁殖するので、相当前から雨漏りしていたようです。黒いシミは雨漏りにる染みで、木材が大分傷んでいるのが分かります。腐朽菌はどんどん広がっていきますので、早急に対処しなければ被害が拡大してしまいます。

屋根の上で散水試験

散水試験で雨漏り調査

 小屋裏と屋根に分かれて散水試験をおこないます。雨漏りしているのは屋根の谷部分の真下で、赤丸部分に水をかけたら数秒で小屋裏に雨水が出てきました。

 スレート葺き屋根の下には防水紙(ルーフィング)が葺いてあるのですが、水をかけて数秒で雨漏りするという事は、防水紙が切れているなど、全く機能していない事が分かります。

 川崎市多摩区登戸でおこなった散水試験により雨水の浸入箇所は特定出来ました。下地の木部に腐朽菌が繁殖していますので、下地から直す必要があり、今回雨漏りを止めるためには葺き替え工事が必要です。被害が広がる前に工事をおこなってしっかりと直していきましょう。

 私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス対策としてマスク着用・アルコール消毒を徹底しておりますので、安心して工事をお任せください。

 記事内に記載されている金額は2021年06月29日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

雨漏り修理30,000円~(消費税・諸経費別) 雨漏り修理30,000円~(消費税・諸経費別)雨漏り修理30,000円~(消費税・諸経費別) 雨漏り修理30,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

屋根葺き替えで不安を解消しませんか?
屋根葺き替えで不安を解消しませんか?
 これまでの屋根を解体・撤去し、新しい屋根材に葺き替える工事です。屋根材を取り外しますので、その下の防水紙や野地板といった手の入れにくい部分も同時にメンテナンスや補修を行うことができます。屋根の葺き替えというと老朽化した屋根というイメージがありますが、最近では耐震対策としての軽い屋根へ葺き…続きを読む
とても重要!雨漏りを防止する雨仕舞い
とても重要!雨漏りを防止する雨仕舞い
 「防水」は一般の方でも馴染みのある言葉だと思いますが、「雨仕舞い」は聞いたことがないという方がほとんどではないでしょうか。屋根やさんなどの建設関係者でなければ、聞く機会がない「雨仕舞い」、雨漏りを防ぐためにとても重要な考え方なのです。雨水を残留させないのが雨仕舞いの基本的な考え方 雨を仕舞うと書い…続きを読む
雨漏りの原因となりやすいパラペット、メンテナンスは必須です
雨漏りの原因となりやすいパラペット、メンテナンスは必須です
 誰しも一度はビルの屋上に上がったことがあるのではないでしょうか。一般的にビルの屋上は陸屋根と呼ばれるほぼ平らな屋根で、ほぼ傾斜がありません。そして、その外周部は建物によって違いますが、低い壁か高い壁で取り囲まれていることがほとんどです。低い壁の場合、その上に手摺りが設置されていなければ歩行可能な…続きを読む
雨漏り修理・雨漏り工事は街の屋根やさんへ
雨漏り修理・雨漏り工事は街の屋根やさんへ
 雨漏りは屋根から漏ると思われがちですが、原因が屋根以外である事も普通です。よくある窓回り、外壁、ドレインからの他、異常気象で雨水が吹き上がって軒天の隙間から入り込んだり、太陽光パネルの設置による下地の破損など、原因が多様化しているのが最近の傾向です。そのため、気がついた時にはすでに様々な経路を伝っ…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店 街の屋根やさん横浜支店 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      川崎市多摩区のその他のブログ

      2021/07/20 川崎市多摩区登戸で雨漏りしているスレート屋根の葺き替え工事が始まりました

       川崎市多摩区登戸で屋根葺き替え工事が始まりました。 雨漏りしていて先日散水試験で雨漏りの原因になっている部分が特定出来ましたので、その部分を直す為に葺き替え工事をおこなう事になりました。 屋根の谷間部分が劣化していて水をかけると直ぐに小屋裏に水が垂れてきました。スレート葺き屋根の場合、谷板金の回り...続きを読む

      2021/07/18 川崎市多摩区菅で下地の劣化によって釘が浮いた棟板金は交換工事が必要です

       川崎市多摩区菅で屋根の調査をおこないました。 お問合せのきっかけは近所で工事をしている業者から『棟板金の釘が抜けているので直ぐに直した方が良い』と言われた事でした。 その業者は屋根に上ってはいませんでしたので、屋根の状況を確認するために梯子を架けて調査していきます。屋根の状態を調べます  スレート...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      川崎市多摩区のその他の施工事例

      施工内容
      屋根葺き替え
      築年数
      築29年
      使用材料
      コロニアルクアッド

      その他の施工事例一覧→

      雨漏り修理を行った現場ブログ

      2022/06/24 横浜市青葉区たちばな台でカバー工事後の天窓からの雨漏りを調査しました

      天窓からの雨漏り  横浜市青葉区たちばな台にお住まいのお客様より、天窓から雨漏りをしているので調査をお願いしたいとお問合せをいただき、現地調査にお伺いしてきました。 天窓の角の方から大きな雨の時にだけ水が垂れてくるとのことで、雨染みができている状態でした。天窓の寿命はおおよそ20年と言われており、2...続きを読む

      2022/06/12 横浜市港北区新吉田東では天窓廻りからの雨漏り調査、室内の木枠に腐食や白カビが繁殖している時はメンテナンスをしましょう

        横浜市港北区新吉田東にお住まいのK様邸ではお二階にある天窓があるお部屋へ雨が降ると雨が垂れて来るとの事で原因特定の為にはどうしたらいいかとご相談を頂きました。 築25年程、屋根に関しては何もメンテナンスをされていないとの事ですので、天窓からの雨漏りの原因は複数の要因が絡み合っている可能性がありま...続きを読む

      2022/05/28 横浜市青葉区市ケ尾町にて平屋造りのお住まいの破風モルタルが滑落しており早急な工事が必要な状態でした

       横浜市青葉区市ケ尾町にて、築30年以上経過した平屋造りにお住まいのお客様より、玄関横の樋の内側の外壁が崩れているので一度見てほしいと、私たち街の屋根やさんへご相談を頂きました。さっそく日程調整し現地調査にお伺いさせて頂きました。 新型コロナウィルス感染拡大防止の為、ソーシャルディスタンスやこまめな...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      雨漏り修理を行った施工事例

      施工内容
      屋根葺き替え
      築年数
      約32年
      使用材料
      IG工業 スーパーガルテクト 色:Sシェイドブルー
      施工内容
      雨樋工事
      築年数
      30年以上
      使用材料
      ガルバリウム鋼板製棟板金0.35mm厚

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      苗字

      名前

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      苗字

      名前

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      お問い合わせバナー

      屋根やさんの10のルール リフォーム瑕疵保険
      施工事例 お役立ち情報
      施工の流れ 屋根工事の種類
      お客様の声 スタッフ紹介
      支店長ブログ 会社概要
      お問い合わせ・ご相談 資料請求
      電話でお問い合わせ プライバシーポリシー
      ▼メニューを閉じる