屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
台風15号によりお住まいに被害を受けた、受けたかもしれない方は街の屋根やさんの無料点検をご利用ください 台風15号によりお住まいに被害を受けた、受けたかもしれない方は街の屋根やさんの無料点検をご利用ください

HOME > ブログ > 横浜市港北区篠原東で屋根の劣化・不具合を点検しました

横浜市港北区篠原東で屋根の劣化・不具合を点検しました

更新日:2022年3月25日

棟板金の釘が浮いていました

浮いた釘

 横浜市港北区篠原東で屋根の調査をしてきました。屋根に登って必ず点検する箇所はいくつかありますが、写真の場所は棟板金(むねばんきん)と言われる屋根のてっぺんなどに取り付けられている板金性のカバーです。屋根と屋根が交わる部分には隙間ができてしまうので、その隙間を覆うように造られています。棟板金の固定は基本的に釘で行いますが、内部の下地材が木でできているため、経年と共に劣化して固定力が弱まり、写真のように釘が抜けてきてしまいます。交換工事の目安の金額としては、長さによって変動しますが20mで132000円(税込)〜といったところです。

前回塗装工事をした際に、縁切りがされていなかったようです

縁切りされていない塗装 縁切り無し

 屋根にはスレート屋根が葺かれており、何年か前に塗装工事をされたようでした。塗装工事で注意しなければいけないのは縁切りという作業です。スレートは何枚ものスレートが重なり合って屋根を覆っていますが、この重なり部分は湿気を逃がしたり、進入した雨水を排出する役割があるため、開けておかなければならない隙間です。塗装の際に塗料が隙間に溜まって埋まってしまうので、カワスキやタスペーサーという道具を使って隙間を開けてあげる必要があり、これを縁切り作業と言います。手抜きの塗装業者さんが塗装すると、この隙間も全て塗料で埋めてしまうため、湿気が溜まって屋根の劣化が早まったり、雨水の逃げ道が無くなって最悪の場合雨漏りを起こしてしまいます。写真を見て分かる通り、以前の塗装では縁切りがされておらず、隙間が塗料で埋まってしまっていました。

新築当初からの不具合で、ケラバの出幅が短く雨染みができていました

ケラバが短い ケラバから染みた雨水

 細かい部分ですが、屋根のケラバと言われる箇所の板金が短く設置されていました、写真を見て分かるとおり、ケラバの出幅が8mm程しかありませんでした。その結果、ケラバから水が切れずに水が染みてしまっており内部では雨漏りが起きていました。室内にまで入る雨漏りでは無かったので気がつきにくい症状ではありますが、放置して良いものでもありません。ケラバ板金を上から重ねて出幅を伸ばしてあげるなどの工事が必要そうな状態でした。

 私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウィルスへの感染対策としてマスクの着用・手指消毒を徹底して実施しております。お問い合わせの際はご安心いただけますと幸いです。

 記事内に記載されている金額は2022年03月25日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

屋根塗装348,000円~(消費税・諸経費別)

横浜市港北区で令和元年房総半島台風・令和元年東日本台風によって被災してしまった方へ

 2019年9月9日の台風15号、10月12日の台風19号の勢力は凄まじく、各地より被害のご相談をいただきました。横浜市港北区にお住まいのお客様からもお問合せをいただき、私たち街の屋根やさんでは、数多くの災害復旧工事を実施してきました。
 台風発生当時に比べて、ブルーシートがかかった屋根を見かける機会も減り、それだけ復旧工事が進んでいるように感じますが、中には、まだ工事を行えていない方もいらっしゃると思います。台風シーズン前にしっかりと補修を行いましょう。

令和元年房総半島台風・令和元年東日本台風に関する横浜市港北区特設ページはこちら

このページに関連するコンテンツをご紹介

屋根のトラブルでお困りの方、屋根修理を必要としている方へ
屋根のトラブルでお困りの方、屋根修理を必要としている方へ
 普段、普通に生活している限り、屋根のことで悩むことはほとんどないと思います。ましてや築浅のお住まいだったら、なおさらですよね。  お庭に出てみても見えませんし、離れてみても今度は細かいところまでは見えません。視界に入っても、注意深く観察することはまずないと思います。  立派な鬼瓦でも備えているの…続きを読む
街の屋根やさんの無料点検でお住まい全体の不安も解消!
街の屋根やさんの無料点検でお住まい全体の不安も解消!
 日頃、意識することは殆どありませんが、屋根は毎日、私たちの生活を守るという大役を繰り返しています。 風に曝され、砂埃を叩きつけられ、紫外線を照らされ続け、雨を浴び、夏は暑さ、冬は寒さ... 屋根がとれだけ頑張っているか分かるでしょうか。 実は毎日かなりの負担を強いられているのです。 ご近所のお住…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識
知ってお得!屋根の便利な豆知識
 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。 素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の…続きを読む
瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?
瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?
 和風と洋風のテイスト、現代的と伝統的の時代感、現在はそれらの枠を飛び越えた様々なデザインの建築が増えました。一般的なお住まいも実に多彩です。 また、それに合わせて屋根の形状も多様になってきました。オーソドックスな三角屋根、地球環境に配慮し太陽光発電を数多く載せられるように南斜面…続きを読む
屋根や外壁の劣化を促進させる苔・藻・カビの放置は絶対ダメ!?
屋根や外壁の劣化を促進させる苔・藻・カビの放置は絶対ダメ!?
 新築時や外装リフォーム後は綺麗だった屋根や外壁も時が経つにつれ、だんだんと汚れてきます。その中で屋根や外壁に苔や藻、カビが生えてしまうのは珍しいことではありません。苔や藻、カビは「汚れている・お手入れされていない」という美観の問題だけでなく、建材の劣化を早めてしまう可能性もあるのです。【動画で確認…続きを読む
あなたの屋根はどの形?18種類の屋根と名称をご紹介
あなたの屋根はどの形?18種類の屋根と名称をご紹介
普段、生活する上で屋根の形を気にすることはあまりないと思います。ちょっと街を歩いてみましょう。ご近所を散歩するだけで、様々な形、様々な材料の屋根があることが分かります。 カッコイイ屋根、素敵な屋根、オシャレな屋根、かわいらしい屋根、ユニークな屋根、実に様々です。神社・仏閣ともなれば荘厳なものが多いで…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店 街の屋根やさん横浜支店 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      街の屋根やさん東京 東京都の方はこちら
      街の屋根やさん千葉 千葉県の方はこちら
      街の屋根やさんポータル 全国版はこちら

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      街の屋根やさん東京

      東京都の方はこちら

      街の屋根やさん千葉

      千葉県の方はこちら

      街の屋根やさんポータル

      全国版はこちら

      横浜市港北区のその他のブログ

      2022/09/24 横浜市港北区富士塚にてセメント瓦の調査を行いました

      調査したお住いの屋根材がセメント瓦でした 横浜市港北区富士塚にてセメント瓦の屋根材が葺かれているお住まいの現地調査を行いました。セメント瓦とはその名の通りセメントで形成されている瓦のことを言います。瓦と名前についていますがどちらかというとスレートに近い性質を持っている屋根材となっています。そのため塗...続きを読む

      2022/08/24 横浜市港北区師岡町にて強風発生、スレート葺き屋根の棟板金が捲れてしまっており早急な工事が必要でした

      変形し、捲れてしまった棟板金    横浜市港北区師岡町にて棟板金が変形し捲れてしまっているお住いの現地調査を行いました。 写真を見てみますと隅棟と呼ばれる箇所の棟板金が大きく捲れている状況が確認できました。棟板金の下には貫板と呼ばれる棟板金を固定するための下地が葺かれているのです...続きを読む

      2022/08/21 横浜市港北区大倉山で棟板金が台風によって飛散してしまったお住まいを調査。注意点や対策方法とは

       横浜市港北区大倉山でアパートのオーナーをされているお客様より、数年前の台風によって破損してしまった棟板金を補修したいとご依頼をいただきました。棟板金は屋根の頂上部を守っているとても大切な部材です。現地調査を行い、最適なメンテナンスを行うため棟板金の状態を確認していきましょう。 今回調査をさせていた...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      横浜市港北区のその他の施工事例

      施工内容
      屋根塗装
      築年数
      築26年
      使用材料
      日本ペイント ファインパーフェクトベスト モスグリーン

      その他の施工事例一覧→

      屋根塗装を行った現場ブログ

      2022/09/23 横浜市神奈川区神大寺で古くなってきたという屋根を調査。スレートの黒ずみや苔は塗装のサインです

       横浜市神奈川区神大寺で屋根が古くなってきたように感じるとお客様よりご相談をいただきました。築年数は17年ほどで、遠目から見ると明らかに色褪せてしまっていることがわかるそうです。まずは現地調査をさせていただき、お住まいの状態やメンテナンス方法について詳しくお伝えさせていただきます! 現地にお伺いし、...続きを読む

      2022/09/21 横浜市緑区中山で訪問業者から「棟板金の下の木材が見えている」と指摘を受けたお客様より調査のご依頼です

       横浜市緑区中山にて、訪問業者の方に無料で調査をすると言われ屋根の異常を指摘されたというお客様よりご相談をいただきました。指摘内容が疑わしかったために、インターネットで検索したところ私たち街の屋根やさんのホームページを見つけてくださったそうです。 その訪問業者の方は偶然付近の工事をされていたそうで、...続きを読む

      2022/08/22 横浜市青葉区荏子田でモニエル瓦の屋根を調査しました

      モニエル瓦で葺かれた屋根 横浜市青葉区荏子田にお住まいのお客様より、瓦屋根に苔などが生えているので塗装を考えているとお問合せをいただき、現地調査にお伺いしてきました。一般的に瓦と聞くと陶器瓦を思い浮かべる方が多いですが、今回はちょっと違った瓦となります。 小口が凸凹しているのがモニエル瓦の...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      屋根塗装を行った施工事例

      施工内容
      屋根塗装
      築年数
      築26年
      使用材料
      日本ペイント ファインパーフェクトベスト モスグリーン

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      お問い合わせバナー

      屋根やさんの10のルール リフォーム瑕疵保険
      施工事例 お役立ち情報
      施工の流れ 屋根工事の種類
      お客様の声 スタッフ紹介
      支店長ブログ 会社概要
      お問い合わせ・ご相談 資料請求
      電話でお問い合わせ プライバシーポリシー
      ▼メニューを閉じる