HOME > 施工事例 > 横浜市保土ケ谷区川島町で訪問営業に指摘を受けた棟板金を交換工.....

横浜市保土ケ谷区川島町で訪問営業に指摘を受けた棟板金を交換工事でメンテナンスしました

更新日:2023年11月08日

【施工前】
工事前

【施工後】
工事後

施工内容棟板金交換

築年数20年以上

平米数8m

施工期間1日

使用材料ガルバリウム鋼板製棟板金0.35mm厚

費用詳しくはお問合せください

保証保証は付けておりません

ハウスメーカー地元工務店

棟板金交換

【お問い合わせのきっかけ】


担当:高田


 横浜市保土ケ谷区川島町にお住いのS様より、近くで工事していたという訪問業者から屋根がぺらぺらしているから工事した方がいいと勧められたので、状態を確認してほしいとお問い合わせをいただいたことが今回の工事のきっかけでした。

 この手の訪問営業の指摘は9割以上が嘘なのですが、今回の指摘に関してもやはり嘘の指摘でした。このケースで指摘してきた業者を屋根に登らせると高い確率で屋根を壊されますので注意しましょう。

 指摘は嘘でしたが、費用によってはメンテナンスをしたいとのことでお見積りを出させていただき、今回は棟板金交換工事をご依頼いただきました。

 不安要素がなくなって、喜んでいただくことができました。
 横浜市保土ケ谷区川島町にお住いのS様より、近くで工事していたという訪問業者から屋根がぺらぺらしているから工事した方がいいと勧められたので、状態を確認してほしいとお問い合わせをいただいたことが今回の工事のきっかけでした。

 この手の訪問営業の指摘は9割以上が嘘なのですが、今回の指摘に関してもやはり嘘の指摘でした。このケースで指摘してきた業者を屋根に登らせると高い確率で屋根を壊されますので注意しましょう。

 指摘は嘘でしたが、費用によってはメンテナンスをしたいとのことでお見積りを出させていただき、今回は棟板金交換工事をご依頼いただきました。

 不安要素がなくなって、喜んでいただくことができました。


担当:高田


屋根がぺらぺらしているから工事した方がいい

指摘を受けた棟板金

 横浜市保土ケ谷区川島町にお住いのS様より、近くで工事をしていたという訪問業者から屋根がぺらぺらしているから工事をした方がいいと声をかけられたので、状態の確認と必要であれば工事の見積もりをお願いしたいとお問い合わせをいただいたことが今回の工事のきっかけでした。

 

 このお問い合わせをいただいたタイミングとほぼ同じころに、同じ町内で同様のお問い合わせをいただいて工事をさせていただいたので、もしかすると同じ訪問業者の指摘だったのかもしれません(´·ω·`)

 

 同様のお問い合わせで現地にお伺いすると、9割以上が嘘の指摘をされており、なんともないというケースが多くなっています。今回の屋根も特に問題はありませんでしたが、築年数を考慮して最低限の工事をしたいとのご要望もあり、棟板金の部分交換工事をご依頼いただきました。

 

既存の棟板金を下地ごと撤去処分します

貫板撤去

 既存の棟板金を下地の貫板(ぬきいた)ごと撤去します。棟板金はこの貫板に固定されているので、劣化した貫板を交換してあげないと棟板金交換工事の意味がありません。

 

 棟板金を再利用して貫板だけ交換する業者さんのお話も時折聞きますが、一度剥がした棟板金は傷が付いたり凹んだりとあまりいい状態ではないので、街の屋根やさんで再利用をオススメすることは基本的にありません。

 

新しい下地材を取り付けます

貫板設置

 新しい貫板を取り付けていきます。貫板には最近だと樹脂製の貫板もありますが、今回のような工事では木製の貫板をオススメすることが多くなっています。

 

 なぜならば、今回のケースで樹脂製の貫板を使うのは勿体ないからです。樹脂製の貫板は腐らず高耐久がウリですが、その分価格も高くなります。

 

 棟板金はこの先カバー工事や葺き替え工事といった大きな工事をする際には、撤去処分されてしまう箇所になるので、あと数年後に撤去するかもしれない場所に30年以上耐久性のある高級品を使うことは、勿体ないということです。

 

新しい棟板金を固定していきます

棟板金設置

 新しい棟板金を設置していきます。ひと昔前はトタンの棟板金が一般的でしたが、最近ではガルバリウム鋼板製のものが主流となっています(^^)

 

 ガルバリウム鋼板はトタンと比べて3倍以上の耐久性があり、薄くて軽いガルバリウム鋼板は現在では建築で欠かせない材料の一つとなっています。厚みは0.35mmと非常に薄いので、扱いには注意が必要です。

 

取り合い部分には念のためコーキングを裏打ちしています

取り合いコーキング

 長い板金でいっぺんに覆いかぶせることができれば簡単に仕上がりますが、持ち運びの兼ね合いなどもあり、一般的に棟板金一枚の長さは1.8~2mほどとなっています。

 

 そのため、長さが不足することがほとんどなのですが、その際は繋ぎ合わせて覆っていきます。繋ぎ合わせの部分は板金が返しになっていてそのままでも水が浸入することはないようにできていますが、念には念を入れてということで、繋ぎ部分の内側に見えないようにコーキング材を打ち込んで、より水が繋ぎ目から侵入しないように工夫しています(ω)b

 

 見えないところだからこそしっかりと施工して、より良い施工ができるように心がけています(^^)/

 

棟板金部分交換工事完了です

交換完了

 棟板金部分交換工事が完了しました。今回の屋根は隅棟という斜めの棟は差し棟といって棟板金が施工されない造りをしていたので、大棟というてっぺんの棟だけの施工となりました。

 

 嘘の指摘をきっかけとしての工事となりましたが、結果的には経年劣化した棟板金をメンテナンスする良い機会になったかと思います。

 

 棟板金交換工事の価格は¥154,000(税込)~承っておりますが、今回のように小規模な工事であれば現場状況によってもっとお安くご提供できる場合もございます。

 

 屋根のことでお困りごとがあれば、調査・見積を無料で対応しておりますので、なんでもお気軽にお問合せください。

 

 記事内に記載されている金額は2023年11月08日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

2024年最新情報!補助金でお得にリフォーム!

横浜市保土ケ谷区ではたくさんのお客様にご依頼をいただいております!

工事種類

漆喰詰め直し

お問い合わせ内容

横浜市保土ケ谷区M様
近所で工事をされていた他業者様に漆喰の剥がれについてご指摘を受けられたとのことでご相談いただきました。漆喰の剥がれを改善するため、漆喰詰め直し工事を行なわせていただきました!

関連動画をチェック!

【棟板金】釘浮き・錆 雨漏りを防ぐ棟板金チェックポイント【プロが解説!アメピタ!】

 今回の記事で登場した工事やお住まいのトラブルに関連する動画をご紹介します!


 こちらの動画では、工事の内容やお住まいのトラブルの対処方法などをより詳しく説明しています。
 お役立ち情報が満載ですのでぜひご覧になってみてください。


このページに関連するコンテンツをご紹介

屋根工事の訪問販売で起こったトラブルをご紹介!屋根業者の訪問販売には注意が必要
屋根工事の訪問販売で起こったトラブルをご紹介!屋根業者の訪問販売には注意が必要

 上の話は決してフィクションではありません。悪質な訪問業者がいる限り、誰にでも起こるトラブルなのです。このような方法を点検商法と言います。まず「無料で点検を行う」といい、その後、虚偽の報告で不安を煽り、高額な屋根リフォームの契約を結ぶというものです。  街の屋根やさんには「訪問してきた時は屋根が…続きを読む

 毎年9月と10月になると、台風の影響により「棟板金の交換・修理」に関するお問い合わせを特に多く頂きます。 屋根の上で「異音が聞こえる」「屋根の頂上が浮いている」といった変化に不安を感じている方はいらっしゃいませんか? 台風以外でも、春一番や竜巻、木枯らしといった突発的な強風で棟板金が被害を受けるこ…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店
      街の屋根やさん横浜支店
      お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県
      街の屋根やさん東京

      東京都の方はこちら

      街の屋根やさん千葉

      千葉県の方はこちら

      街の屋根やさんポータル

      全国版はこちら

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      施工内容
      屋根塗装,棟板金交換
      築年数
      約20年
      使用材料
      日本ペイント ファインパーフェクトベスト チョコレート

      横浜市保土ケ谷区と近隣地区の施工事例のご紹介

      施工内容
      屋根葺き替え
      築年数
      約20年
      使用材料
      ケイミュー コロニアルグラッサ グラッサ・ブラック


      同じ工事のブログ一覧

      貫板の場所や役割・読み方|劣化進行は棟板金の捲れ・飛散被害に繋がります!

      2024/05/14 貫板の場所や役割・読み方|劣化進行は棟板金の捲れ・飛散被害に繋がります!

       屋根に使用される部材として連想されることが多いのが、瓦やスレートなどの屋根材だと思います。  ですが、屋根は屋根材だけで構成される訳では無く、さらに目視では確認できない部材も多いです(>_<)  「貫板」もそうした部材の一つと言えます!  今回は、貫板の場所や読み方と併せて貫...続きを読む

      浮き・捲れ・剥がれが生じている棟板金の屋根修理方法とは?棟板金の場所・劣化症状と併せてご紹介!

      2024/05/8 浮き・捲れ・剥がれが生じている棟板金の屋根修理方法とは?棟板金の場所・劣化症状と併せてご紹介!

       棟板金は屋根の面同士の合わさり部に設置される部材であり、合わさり部に生じた隙間の保護や屋根材同士を固定する役割を担っています!  しかし、その一方で強風の影響を受けやすい特徴も持っており、棟板金の固定先である「貫板」の劣化が進行している場合は特に注意が必要です😥  今回は、...続きを読む

      飛び込みの訪問営業を断るコツ|よく指摘される「屋根の板金」とは?

      2024/05/7 飛び込みの訪問営業を断るコツ|よく指摘される「屋根の板金」とは?

       街の屋根やさんにいただくご相談の中でも非常に多いのが「訪問業者に屋根の異常を指摘されて困っている(>_<)」というご相談で、その中でも指摘を受ける事が多いのが「屋根の板金」です!  そうした場合、点検にお伺いさせて頂きますと本当に異常が生じているケースもありますが、残念ながら「何...続きを読む

      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お気軽にお問合せ下さい!


      お電話でのお問い合わせは

      通話料無料

                                 

      0120-989-936

      8時30分~20時まで受け付け中!