屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

HOME > ブログ > 棟がある庇の瓦は漆喰詰め直しでメンテナンス|横浜市都筑区

棟がある庇の瓦は漆喰詰め直しでメンテナンス|横浜市都筑区

更新日:2017年10月14日

築30年以上経過したお宅に見受けられることが多い、玄関の上に瓦を使用した建物。玄関の上の小さな屋根を庇(ひさし)と呼びますが、その庇で瓦を使用しており、並びの角度が変わるところがあると、そこには棟が存在します。この棟は、漆喰詰め直し工事でメンテナンスをする必要があります。横浜市都筑区N様より、「詰まっいるものがボロボロ落ちてきた」とお悩みのご相談がありました。横浜市都筑区N様のお宅の玄関の上にある瓦も、瓦の並びの角度が変わるところがあり棟がありました。既存で詰まっているものは漆喰で、その漆喰と中に詰まっている泥や土が落ちて無くなっておりましたが、ご安心下さい。新しく詰め直せば元に戻ります。

 

【漆喰は経年劣化で落ちます】

瓦の庇 IMG_6588

おそらく、どこかでこのようなデザインの建物を見たことがあるではないでしょうか?勾配が急で、エプロンのように垂れ下がったような瓦です。瓦の並びの角度が変わったところに、棟瓦が縦に取り付けてあります。

 

玄関棟の漆喰剥がれ

現状では、瓦の内部に土や泥が乾燥した状態で詰まっております。よく見ると反対側の光が見えてます。本来は、この土や泥の表面に漆喰が詰めてあるはずなんです。しかし、現状は漆喰が全く残っておりません。これは表面に詰められた漆喰が、すでに落ちて無くなっている状態なのです。空を向いているお部屋の上にある屋根と同様に、庇の瓦屋根もメンテナンスが必要です。棟のメンテナンスとしては、漆喰詰め直し工事が必要となります。

 

【新しく詰め直す】

シルガード詰め 漆喰詰め直し

既存の土や泥を全て落としてしまいます。洋瓦のため棟に熨斗瓦(のしがわら)がなく、取り外した方がシンプルに綺麗に仕上がるので、1度棟瓦を外してしまいます。銅線を新しものと交換したうえで、そこに新しい漆喰を屋根の隙間の詰めながら盛っていきます。今回は漆喰の替わりにシルガードを使用しております。シルガードは現代版の漆喰とも言うべく商品です。漆喰に比べて吸水率が低く、強度も耐久性も高い商品です。現代の瓦工事では漆喰が必要なところにはこのシルガードを使用することが非常に多いです。シルガードを詰めて盛り終えると、最後に棟瓦を戻して銅線で結び直すとメンテナンスを完成です。これで横浜市都筑区N様の、「詰まっいるものがボロボロ落ちてきた」というお悩みも無事に解決です。まだメンテナンスをされていない場合は、ボロボロ落ちて人に当たると大変ですので、早めに調査をしてもらってください。漆喰詰め直し工事は、街の屋根やさんにお任せください。街の屋根やさんでは棟や漆喰に限らず、様々な屋根のお悩みに対応しております。

フリーダイヤル0120-989-936まで。

 

 記事内に記載されている金額は2017年10月14日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

このページに関連するコンテンツをご紹介

瓦屋根の方へ、漆喰詰め直し・漆喰取直しで長寿命な屋根を目指しましょう
瓦屋根の方へ、漆喰詰め直し・漆喰取直しで長寿命な屋根を目指しましょう
 漆喰の歴史は古く、約5000年前から世界中で使われています。瓦や石材の接着、目地の充填、壁の上塗りなど漆喰は様々な場面に用いられてきました。日本が世界に誇る世界遺産「姫路城」、その白鷺と形容される美しい白壁にも漆喰が用いられています。 瓦屋根では瓦の固定や接着に漆喰が用いられています。この漆喰も…続きを読む
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
 台風などの強風で被害に遭いやすく、他の部分へ被害を拡大してしまうケースも多いのが瓦屋根です。ずれてしまうだけならまだしも、災害の規模が大きいと屋根から瓦が落下してきます。重くて固い瓦が落下すると、まず間違いなく落下地点のものを傷つけ、破壊します。2階屋根から1階屋根に落下すれば、その部分の瓦がほぼ…続きを読む
瓦の種類はたくさん!粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦など瓦の種類や見分け方、メンテナンス方法について詳しく解説!
瓦の種類はたくさん!粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦など瓦の種類や見分け方、メンテナンス方法について詳しく解説!
 日本の伝統的な屋根材と言えば「瓦」。昔から馴染みがある屋根材で、瓦と聞いただけでイメージが頭に浮かぶ人も多いのではないでしょうか。 しかし、ひとくちに「瓦」と言っても、神社などの建築で使われる和風な瓦から、外国を彷彿させるような洋風な瓦までさまざまあります。色や形状などの見た目はもちろん、材質や…続きを読む
お家の意外と大事な部分、庇(霧除け)の役割とメンテナンス方法
お家の意外と大事な部分、庇(霧除け)の役割とメンテナンス方法
 ちょっと前のお家だと必ずといっていいほど取り付けられている庇、屋根や外壁のようにお手入れの重要性がよく指摘される場所ではないのですが、雨漏りや庇の崩落などの不具合を見てきた経験からやはりメンテナンスは重要です。  最近のお家では固定資産税の影響やデザイン性や狭小地等の立地もあって庇を取り付けて…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店 街の屋根やさん横浜支店 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      横浜市都筑区のその他のブログ

      2022/08/6 横浜市都筑区川和台にて竪樋を固定するでんでんと呼ばれる役物が外壁から外れてしまい竪樋が風に煽られ揺れておりました

       横浜市都筑区川和台にお住まいのお客様より、最近の強風で雨樋が外れてしまったようだと私たち街の屋根やさんへご相談頂きました。 築20年以上は経過しているとの事で、外装のメンテナンスはされた事がないそうです。さっそく現地調査にお伺いさせて頂きました。 私たち、街の屋根やさんは新型コロナウィルス感染拡大...続きを読む

      2022/06/4 横浜市都筑区荏田東にて棟瓦が倒壊、原因は長年メンテナンスをしていなかった漆喰にありました

       横浜市都筑区荏田東にお住まいのS様より、屋根の瓦が落下してきたので一度点検調査をしてほしいと街の屋根やさんへご相談を頂きました。お話をお伺いしますと、S様邸は築40年程経過しており、屋根は瓦だからと何も手をかけて来なかったようです。最近大雨や強風の日が続いたからか分かりませんが、屋根から庭先へ瓦が...続きを読む

      2022/05/12 横浜市都筑区池辺町にてアスファルトシングルの屋根を調査しました

      アスファルトシングルの屋根 調査をお願いいただく屋根は基本的に10年以上が経過しており、新築時に価格の安いスレート屋根が選ばれることが多いため圧倒的にスレート屋根の調査が多くなっています。そんな中で今回はアスファルトシングルというスレートとは異なる屋根材の調査です。 アスファルトシングルはその名の通...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      横浜市都筑区のその他の施工事例

      施工内容
      屋根補修工事
      築年数
      25年
      使用材料
      ニチハ 横段ルーフS 色:KブラックS

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      苗字

      名前

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      苗字

      名前

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      お問い合わせバナー

      屋根やさんの10のルール リフォーム瑕疵保険
      施工事例 お役立ち情報
      施工の流れ 屋根工事の種類
      お客様の声 スタッフ紹介
      支店長ブログ 会社概要
      お問い合わせ・ご相談 資料請求
      電話でお問い合わせ プライバシーポリシー
      ▼メニューを閉じる