屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

HOME > ブログ > バルコニーからの雨漏りの原因になる部分は一箇所とは限りません.....

バルコニーからの雨漏りの原因になる部分は一箇所とは限りません|横浜市栄区

更新日:2017年10月16日

バルコニーから下のお部屋へ雨漏りしてお困りの横浜市栄区のお宅へ伺いました。天井に染みが出来ていて、その上がバルコニーになっているのでそこから雨漏りしているのではないか?というお問合せがありました。

バルコニーの床にはなにかしらの防水が施工してありますが、その防水が劣化してしまうと雨漏りに直結してしまいます。今回の雨漏りも防水に原因がありましたが実は他にもある事がわかり、可能性がある部分は全て直すことになりました。雨漏りの原因は一箇所とは限りませんので、正確な調査が不可欠になっていきます。

お客様は建てたハウスメーカーに何度も雨漏りの調査を依頼したそうですが一向に原因がわからず、街の屋根やさんへご連絡頂きました。原因がはっきりとわかって雨漏りが止まったので、とても安心されていました。

雨漏りしている部分の上を徹底調査!

和室の雨染み バルコニーの床下地

普段あまり見ない天井に何となく染みの様なものが出てきたな、とおもっていたら段々染みが広がってきて『雨漏りしている!』と気づかれる事があると思います。または、サッシと室内側の枠の隙間からポタポタと雨水が垂れたりして雨漏りに気付いた、なんて事もありますよね。

天井に染みが出来る場合、洋室よりも和室の方が症状が現れるのが早いんです。その理由は、和室に多く見られる木目の天井材は簡単に言えばベニアに薄く剥いだ木を貼り付けているのに対して、洋室の天井は石膏ボードにビニールクロス貼りの仕上げになっているので、表面に雨染みが出るのが和室よりも遅くなる事があります。また、天井裏の断熱材が雨水を吸ってしまう為に雨漏りの量によってはなかなか気付かない事も多いんです。

この事からも天井に雨染みが出てきた時には大分前から雨漏りしていた可能性が高いので、柱や梁などの建物の構造材に傷みが出始める前に早急な補修工事が必要になります。

雨漏りの原因は一箇所とは限りません

バルコニーの状態

ここで皆様に質問です。この様なバルコニーは良くあると思いますが、下のお部屋の天井から雨漏りしていました。床にはFRP防水が施工してありますが雨漏りの原因として考えられる部分はどこにあるでしょうか?何となく床の防水に原因が有りそう、という事はわかると思いますが雨漏りの原因に繋がる部分は床の防水だけではないんです。

雨漏りの原因になる場所

正解は赤い矢印で指している部分は全て雨漏りの原因になってしまうところです。『えっ!?こんなにあるの?』と思われたかもしれませんが、バルコニー部分はデザインや機能性を重視する余り雨仕舞いに問題がある部分がとても多いんです。

排水口 排水管と防水の隙間

例えば、排水口回り。バルコニーの床を流れる雨水を壁を横に抜いたり床から下に排水するのですが、排水管と防水の取合い部分がどうしても弱くなってしまうので、隙間や切れ目が出来てしまい雨水が下に流れて雨漏りになっていきます。雨漏りしている水の量が多い場合は排水口部分が原因の事が多いんです。ここに雨水を集めますので隙間が空いていればどんどん入り込んでしまいます。

腰壁の開口部 小さな隙間も原因になります

ここも良く雨漏りの原因になる部分です。立上りの壁に格子などがある場合取付金具のビス穴の防水処理をしていなかったり、笠木という板金と外壁の取合い部分に隙間があいてここから入り込む事もあります。

笠木の隙間 コーキングと水抜き穴

あとは、手すりが取り付いている笠木です。腰壁の上に被せるようにしてある板金ですが、一枚の板金では加工出来ませんので必ずコーナー部分や長い直線で繋ぐ事になります。しかし、このジョイントが結構な確率で雨漏りに繋がる部分で、隙間から雨水が入り込んで外壁と柱の間を下に流れていって下の部屋へ雨漏りとして出てきてしまいます。

また、手スリの柱も処理が必要でアルミ製のものならば繋ぎや隙間などから入り、鉄骨製の柱であればサビなどで腐食したところから入り込んでしまいます。場合によっては柱の中に水が溜まって水筒の様になってしまう事もありますので、必ず水抜の穴を開けて中に注入剤を入れてカサ上げして外に流れる造りにしないとなりません。

他にも雨戸の戸袋の中に拭き込んだり、サッシ回りのヒビ割れや外壁と床から立ち上がった防水部分の水切りが良くなかった時も、防水層の下に雨水が入り込んでしまいます。もちろん一目でわかる床のヒビ割れが原因の場合もありますが、この様にバルコニーからの雨漏りには沢山の原因になる部分がありますので、ひとつひとつ調べていって一回の補修工事で雨漏りを止めていきましょう!

横浜市栄区の雨漏りの原因はバルコニー回りに複数ありましたが、原因をしっかりと突き止めましたので完全に直って安心していただける様になりました。

雨漏りでお困りの方は、フリーダイヤル0120-989-936までお気軽にご相談・お問合せください。

 記事内に記載されている金額は2017年10月16日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

このページに関連するコンテンツをご紹介

とても重要!雨漏りを防止する雨仕舞い
とても重要!雨漏りを防止する雨仕舞い
 「防水」は一般の方でも馴染みのある言葉だと思いますが、「雨仕舞い」は聞いたことがないという方がほとんどではないでしょうか。屋根やさんなどの建設関係者でなければ、聞く機会がない「雨仕舞い」、雨漏りを防ぐためにとても重要な考え方なのです。雨水を残留させないのが雨仕舞いの基本的な考え方 雨を仕舞うと書い…続きを読む
雨漏りの原因となりやすいパラペット、メンテナンスは必須です
雨漏りの原因となりやすいパラペット、メンテナンスは必須です
 誰しも一度はビルの屋上に上がったことがあるのではないでしょうか。一般的にビルの屋上は陸屋根と呼ばれるほぼ平らな屋根で、ほぼ傾斜がありません。そして、その外周部は建物によって違いますが、低い壁か高い壁で取り囲まれていることがほとんどです。低い壁の場合、その上に手摺りが設置されていなければ歩行可能な…続きを読む
雨漏り修理・雨漏り工事は街の屋根やさんへ
雨漏り修理・雨漏り工事は街の屋根やさんへ
 雨漏りは屋根から漏ると思われがちですが、原因が屋根以外である事も普通です。よくある窓回り、外壁、ドレインからの他、異常気象で雨水が吹き上がって軒天の隙間から入り込んだり、太陽光パネルの設置による下地の破損など、原因が多様化しているのが最近の傾向です。そのため、気がついた時にはすでに様々な経路を伝っ…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店 街の屋根やさん横浜支店 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      横浜市栄区のその他のブログ

      2022/04/5 横浜市栄区犬山町にて色褪せが目立つスレート屋根を調査、棟板金を含めた全体的なメンテナンスをご提案

       横浜市栄区犬山町にてお住いのお客様より、屋根のメンテナンスについてご相談を頂きました。屋根材にはスレートが使用されており、色褪せて傷んでいるように見えるとのことで工事をご検討されていました。スレートは傷み具合によって必要な工事が変わってきますので、まずは現地で状態を確認させていただきます。スレート...続きを読む

      2022/03/6 横浜市栄区笠間にてセメント瓦屋根に葺き替え工事をご提案、屋根材の耐久性が下がりひび割れが発生していました

       横浜市栄区笠間ではセメント瓦屋根に多くの経年劣化が見受けられ、メンテナンスのご相談を頂きました。セメント瓦は陶器の和瓦と違い、塗装などの定期的なメンテナンスが必要な屋根材です。経年劣化によってどうしても耐久性が下がっていきますので、状態によってお手入れは必要になってきます。セメント瓦の点検  屋根...続きを読む

      2022/02/21 横浜市栄区長沼町にて塗膜が劣化したセメント瓦屋根を点検、漆喰にも補修が必要な状況です

       横浜市栄区長沼町にお住いのお客様より、「セメント瓦が古くなってきているようなのでメンテナンスを考えている」とのご相談を頂きました。セメント瓦は和瓦と違い屋根材にもメンテナンスが必要となり、状態によってその方法も変わってきます。築40年が経過しているとお伺い致しましたので、さっそく現地で調査を行って...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      横浜市栄区のその他の施工事例

      施工内容
      棟瓦取り直し
      築年数
      36年
      使用材料
      シルガード(黒)

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      苗字

      名前

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      苗字

      名前

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      お問い合わせバナー

      屋根やさんの10のルール リフォーム瑕疵保険
      施工事例 お役立ち情報
      施工の流れ 屋根工事の種類
      お客様の声 スタッフ紹介
      支店長ブログ 会社概要
      お問い合わせ・ご相談 資料請求
      電話でお問い合わせ プライバシーポリシー
      ▼メニューを閉じる