座間市小松原にて屋根調査、築40年のスレート屋根の傷みは屋根葺き替え工事にて解消しましょう | 横浜の屋根工事、屋根リフォーム、屋根塗装は街の屋根やさん横浜

HOME > ブログ > 座間市小松原にて屋根調査、築40年のスレート屋根の傷みは屋根.....

座間市小松原にて屋根調査、築40年のスレート屋根の傷みは屋根葺き替え工事にて解消しましょう

更新日:2020年06月07日

 本日は一度他の業者から見積りを取ったが高すぎる感じがするので、他にも点検してもらって適正かどうか調べてほしいとの事がきっかけで、弊社に点検調査依頼をくださいました座間市小松原にお住まいのK様のお住まいに伺った際の様子をお伝えいたします。

 外壁は普段から見える、手で触れる事もでき割と身近でご自身で確認できますが、屋根の上はなかなか見る機会がない方がほとんどだと思います。また屋根にあがってもらっても写真がないと「言葉だけの説明だと納得がいかない、本当なんだろうか?」との思いが芽生えてしまうと思いますが、弊社では点検時に調査の内容の説明を撮った写真を交えてご説明していますので、お客様からもわかりやすいし納得、の声を多く頂きます。

 コロナ禍において何かと制限を受けている日々がいまだに続いておりますが、街の屋根やさんではできる限りの対策を講じて現場対応をさせて頂いております。

詳しくは「新型コロナウィルス対策について」をご覧ください。

築40年ですと葺き替え工事が必要な時期です

雨水を吸いすぎたスレートは飛散してしまう事も

 

 屋根にあがると、他の業者がそれなりに高い見積りを出した理由がわかりました。長い間塗装がされていなかった事もあり、屋根表面は撥水効果も薄れ雨水を吸収しすぎてしまったこちらのコロニアル・カラーベストの屋根は、クラック(ひび割れ)が多く見られ部分的に飛散してしまっています。歩くとミシミシ音がなり、気を付けないと点検で伺ったにもかかわらず屋根を壊してしまいそうになり、注意が必要でした。

 屋根材はほぼ耐用年数を過ぎていると思われます。屋根材を抑え雨漏りから守ってくれる棟板金はまだ大丈夫そうに見えますが、細かくみると固定するために打ち付けてあります釘が抜けそうになっているところもありました。

 

表面に多数クラックが出ている場合は塗装が出来ない事も 横縦にクラック

 横や縦に大きく入っているクラック(ひび割れ)。先端を触れるだけでも割れてしまいそうな程、脆くなってしまっておりました。

 年数的に塗装で保護ができない点、下地や下葺きの防水紙の耐用年数も考えますと、この状態から何かしら手をかけるならば屋根の葺き替え工事しか選択肢はありません。

飛散して庭先に落ちていた屋根材

庭先に落下したスレート

 屋根の上での調査が終わった後に探した飛散した屋根材の一部です。まだご自宅の敷地内に落ちていたので良かったのですが、これがお隣や通行人の方にもしぶつかっていたと思うと、屋根のメンテナンスの必要性を感じます。

 私達、街の屋根やさんでは点検調査は無料で承っております。今何でお困りで、どうしたいのかもわかっていても一歩前に進めないでいるお客様、ご不安は街の屋根やさんが解消致します。お気軽にお問合せください。

 

 記事内に記載されている金額は2020年06月07日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

2024年最新情報!補助金でお得にリフォーム!

関連動画をチェック!

【屋根葺き替え】屋根のお悩みを一新できる屋根葺き替え工事!【街の外壁塗装やさん】

 今回の記事で登場した工事やお住まいのトラブルに関連する動画をご紹介します!


 こちらの動画では、工事の内容やお住まいのトラブルの対処方法などをより詳しく説明しています。
 お役立ち情報が満載ですのでぜひご覧になってみてください。


屋根葺き替え898,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

屋根葺き替えで不安を解消しませんか?
 これまでの屋根を解体・撤去し、新しい屋根材に葺き替える工事です。屋根材を取り外しますので、その下の防水紙や野地板といった手の入れにくい部分も同時にメンテナンスや補修を行うことができます。屋根の葺き替えというと老朽化した屋根というイメージがありますが、最近では耐震対策としての軽い屋根へ葺き替える…続きを読む
瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?
 和風と洋風のテイスト、現代的と伝統的の時代感、現在はそれらの枠を飛び越えた様々なデザインの建築が増えました。一般的なお住まいも実に多彩です。 また、それに合わせて屋根の形状も多様になってきました。オーソドックスな三角屋根、地球環境に配慮し太陽光発電を数多く載せられるように南斜面を広く取った屋根、…続きを読む
地震に備えるなら軽い屋根を!スレート屋根へのカバー工法と種類をご紹介
 スレート屋根への屋根リフォームとして行われる屋根カバー工法。これまでの屋根の上に新しい屋根を被せる工法で、その新しい屋根には金属屋根材が用いられることがほとんどです。  実は金属屋根材以外でも屋根カバー工法は可能ということをご存知ですか。それでも金属屋根材が使われるのには合理的な理由があるのです。…続きを読む
あなたの屋根はどの形?18種類の屋根と名称をご紹介
 普段、生活する上で屋根の形を気にすることはあまりないと思います。ちょっと街を歩いてみましょう。ご近所を散歩するだけで、様々な形、様々な材料の屋根があることが分かります。  カッコイイ屋根、素敵な屋根、オシャレな屋根、かわいらしい屋根、ユニークな屋根、実に様々です。神社・仏閣ともなれば荘厳なものが多…続きを読む
スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のチェックポイントとメンテナンス方法
 国内で最も一般的に使われているスレート(化粧スレート)屋根材の寿命は、通常は新築後20~30年ほどですが、定期的なメンテナンスは新築から7~10年ごとに必要とされます。  これまでに何千ものスレート屋根を調査・点検してきた経験から、スレート屋根の劣化や問題を見逃さないためのチェックポイントや、メ…続きを読む
お住まいの寿命を延ばす!季節別・築年数別のメンテナンスポイント
 「家のメンテナンスって、いつがベストか分からないなぁ…」そうお考えの方、いらっしゃるのではないでしょうか。  一生に一度の大きな買い物とされるお住まいは、手に入れたらそこで終わりではありません。    初めは新築だった住まいも、年月が経つと、どれだけ大切にしても劣化してしまいます。…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店
      街の屋根やさん横浜支店
      お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      座間市のその他のブログ

      2023/08/28 座間市栗原中央にてテラス屋根の調査 フレームの木材の傷みが進んでいました

       座間市栗原中央にてテラス屋根の調査でお伺いしました。強風により波板が剥がれてしまったということで点検・お見積りのご依頼をいただきました。台風や強風の影響を受けやすいベランダやテラスの屋根は、経年により屋根材そのものの劣化も進みますが、固定部分の状態も重要です。二次的被害や大掛かりな工事が必要になる...続きを読む

      2023/06/12 座間市緑ケ丘で瓦屋根の傷みを点検しました

      瓦屋根の劣化が気になる 座間市緑ケ丘にお住まいのお客様より、瓦屋根の劣化が気になるので点検をお願いしたいとお問い合わせをいただき、現地調査にお伺いしてきました。屋根は瓦屋根で、瓦屋根の中でも釉薬瓦という焼き物の瓦でした。陶器を作る要領で造られた釉薬瓦は色あせを起こすことがなく、瓦だけで考えれば100...続きを読む

      2023/06/1 座間市南栗原にて一見問題が無いようなスレート屋根からの雨漏りを調査!野地板の傷みは屋根葺き替え工事で直す必要があります

       座間市南栗原にお住いのお客様より「最近になって雨漏りするようになった」とのご相談をいただき、調査に伺いました。お話によると、1年前に屋根塗装を行ったばかりなのに雨漏りが発生するようになってしまったそうです。 本来、塗装は塗膜によってその対象物を保護し、それ以上傷みを進行させないために行うものです。...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      座間市のその他の施工事例

      施工内容
      屋根葺き直し
      築年数
      6年
      使用材料
      ケイミュー コロニアルクァッド
      施工内容
      棟板金交換
      築年数
      22年
      使用材料
      ニスクカラーつや消し Sモスグリーン

      その他の施工事例一覧→

      屋根葺き替えを行った現場ブログ

      2024/07/18 塗装してはいけない屋根材の見分け方とは?そんな屋根に最適なメンテナンス方法をご紹介!

        家のメンテナンスは、お住まいの寿命を延ばし、快適な生活を維持するために不可欠なものです。その中でも屋根のメンテナンスは特に重要です。屋根は外部環境から家を守る第一の防壁であり、雨風や太陽光、雪などの自然の厳しい条件に常にさらされています。  しかし、全ての屋根材が同じようにメ...続きを読む

      2024/07/17 屋根塗装をしたばかりのスレートが雨漏り!?施工不良「縁切り不足」が雨漏り被害に繋がる理由とは?

       「スレート屋根塗装をしてもらったばかりなのに雨漏りが発生してしまった...(>_<)」 せっかく屋根のメンテナンスを行ったばかりなのに、すぐにトラブルが発生してしまっては残念な気持ちになりますよね... 実は、こうしたケースの場合、屋根塗装メンテナンスの施工不良が原因である可能性があり...続きを読む

      2024/07/17 屋根下地材の役割|「防水紙」「野地板」の重要性を徹底解説!

       屋根と言う言葉を聞いて、多くの方がイメージされるのは「スレート」や「瓦」などの屋根材ではないでしょうか。 しかし、屋根は構造物であり、当たり前ですが屋根材だけで構成されている訳ではありません(>_<) 普段目にする事は出来ませんが、屋根材の下にある「屋根下地材」は非常に重要な役割を担っ...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      屋根葺き替えを行った施工事例

      施工内容
      屋根葺き替え
      築年数
      約17~18年
      使用材料
      IG工業 スーパーガルテクト Sシェイドグリーン
      施工内容
      屋根葺き替え
      築年数
      41年
      使用材料
      オークリッジスーパー オニキスブラック

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お気軽にお問合せ下さい!


      お電話でのお問い合わせは

      通話料無料

      0120-989-936

      8時30分~20時まで受け付け中!