屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

HOME > ブログ > 葉山町堀内にて棟付近の陶器瓦が落下、復旧工事として棟取り直し.....

葉山町堀内にて棟付近の陶器瓦が落下、復旧工事として棟取り直しを行うまで養生をしておきます

更新日:2019年7月5日

葉山町堀内にお住まいのお客様より、庭に瓦が落ちているのがわかり、それがいつ落ちたのかわからない為に屋根がひどい状態になっていないか見て欲しいとの事で調査依頼を頂きました。

落下した瓦は割れていたようです。事故がなくてなによりです。

ではどこの瓦が落下したか屋根に上がって調査します。

 

綺麗な青緑瓦で葺かれた屋根瓦の様子

築30年経過している瓦屋根 瓦の上に土がこぼれている箇所があります

 

屋根に上がると綺麗な青緑瓦で葺かれていました。瓦が落下したところがどこか探していると、はかま腰屋根になっている所の棟直下に土がぽろぽろ落ちている所があります。

棟の近くに土という事は、漆喰が剥がれてしまって土が削れ出てしまっているのかもしれません。近くで見てみましょう。

 

二つに割れていたのではなく棟直下に葺かれたカットされていた桟瓦

綺麗に割れたとお客様が思っていらしたのは棟の直下に葺かれていたカットされた桟瓦でした

 

写真の土が見えている所に、落ちていた瓦がちょうど納まります。割れていたのではなく元々このようにカットされていたものが落下していたようです。

原因は棟の漆喰の剥がれで、内部にある土が削れてしまい固定力を失っていたからでした。回りを見渡すと漆喰の剥がれが多くの箇所で確認できました。

瓦自体は塗装もいらず、丈夫ですが漆喰は定期的に塗り替えねばいずれはこのように崩れる原因となってしまいます。

 

漆喰が剥がれていたり表面が変色していたら塗り替えて保護する必要があります 今回は棟の取り直し工事を行う事に。ただしすぐに着工できるわけではない為に、養生をしておきます

 

白い漆喰が剥がれると土台に水が染みてしまい、棟が歪んでしまいます。その歪みに雨水が入り込むと雨漏りに繋がる事もあるために、漆喰は陶器瓦屋根においては重要な役目を担っています。築30年ほどたっていて一度もやっていないなどありましたら、すぐにでも漆喰の状態を把握し必要な工事を行う事をお勧め致します。

今回は漆喰が剥がれて長年経っている形跡が見られたために雨漏りする前に棟の取り直し工事を行って落下した瓦も新しいものを用意し復旧することとなりました。

ただし、その日にすぐ職人さんを連れてこれるわけではない為に、着工日までは瓦の間にブルーシートをはさませて雨水が下地にいかないように養生を行っておきます。

よくスレート屋根などに使われている棟板金が飛散しての養生ではこれ以外にもブルーシートをかぶせ、防水テープとよばれるものでブルーシートを固定したりしますが、陶器瓦にはブルーシートを固定するのに防水テープは使えません。

使えるのですが、工事をするときに養生をはがすとなった時、瓦にテープの跡がくっついて残ってしまいます。養生の仕方も屋根材や状況により様々です。

緊急性が高い時にはその日に養生を行えることもありますので、屋根にお困りの時は街の屋根やさんにお気軽にご相談ください。

 記事内に記載されている金額は2019年07月06日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

このページに関連するコンテンツをご紹介

重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
 台風などの強風で被害に遭いやすく、他の部分へ被害を拡大してしまうケースも多いのが瓦屋根です。ずれてしまうだけならまだしも、災害の規模が大きいと屋根から瓦が落下してきます。重くて固い瓦が落下すると、まず間違いなく落下地点のものを傷つけ、破壊します。2階屋根から1階屋根に落下すれば、その部分の瓦がほぼ…続きを読む
瓦の種類はたくさん!粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦など瓦の種類や見分け方、メンテナンス方法について詳しく解説!
瓦の種類はたくさん!粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦など瓦の種類や見分け方、メンテナンス方法について詳しく解説!
 日本の伝統的な屋根材と言えば「瓦」。昔から馴染みがある屋根材で、瓦と聞いただけでイメージが頭に浮かぶ人も多いのではないでしょうか。 しかし、ひとくちに「瓦」と言っても、神社などの建築で使われる和風な瓦から、外国を彷彿させるような洋風な瓦までさまざまあります。色や形状などの見た目はもちろん、材質や…続きを読む
雨の浸入を防ぐ雨養生、即日対応致します!
雨の浸入を防ぐ雨養生、即日対応致します!
 台風などの強風による棟板金の飛散や屋根材の落下と破損、地震における被災、屋根の不具合にはこういった「すぐに補修を行わなければならないケース」が多数存在します。雨が多い日本は平均すると『3日に1回は雨が降る』からです。破損した部分をそのままにしておくと、降雨で建物内部に雨水が浸入し、雨漏りなどによっ…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店 街の屋根やさん横浜支店 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      葉山町のその他のブログ

      2023/01/6 三浦郡葉山町一色にて、金属波板屋根からの雨漏りが発生。腐食や穴あきが見られたため屋根葺き替え工事を提案しました。

       三浦郡葉山町一色にお住まいのお客様より、雨漏りが発生したため修理してほしいとご依頼をいただきました。ご自分で補修しようと試みたが目立った破損などは見られず、どこから雨漏りが発生しているのか見当がつかない状況のため、弊社にお問い合わせいただいたとのことでした。屋根全体に広がった腐食や錆  さっそく現...続きを読む

      2020/10/30 葉山町下山口でセメント瓦を使用した屋根が破損、袖瓦が外側に傾いておりました

       葉山町下山口にお住いになられているA様より「屋根の瓦が一部ズレていると思われる」とご心配なご相談がございました。お隣様のお宅の方が高い位置に建てられていることで、葉山町下山口A様のお宅の屋根がとても良く見えるそうです。以前から屋根に異変を感じていたそうで、気になって教えてくださったそうです。ご自宅...続きを読む

      2020/10/24 葉山町堀内で行ったバルコニーの調査は、束と笠木の隙間から雨水が入り込んでおりました

       葉山町堀内にお住いになられているS様のお宅より「家のバルコニーの柵がグラグラしてるので心配」とお困りのご相談がございました。バルコニーには、バルコニーを囲っている手摺壁と呼ばれる壁が設けられております。柵があるとのことでしたので、恐らくは手摺壁の上に手摺が取り付けられているタイプではないかと思われ...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      葉山町のその他の施工事例

      施工内容
      棟瓦取り直し
      築年数
      40年
      使用材料
      南蛮漆喰 シルガード(黒)
      施工内容
      棟瓦取り直し
      築年数
      40年
      使用材料
      南蛮漆喰 シルガード(黒)

      その他の施工事例一覧→

      棟瓦取り直しを行った現場ブログ

      2023/02/1 瓦屋根の棟瓦が崩れた、ズレてしまった場合の原因や症状別の対応方法をご紹介!

       「瓦屋根のてっぺんが崩れて倒壊していた」、「庭に瓦屋根の破片が落ちていたという場合」、どのような対応が必要になるのでしょうか。屋根の頂上部を「棟」と言うのですが、この棟があることによって屋根頂上部の隙間が塞がれ、雨水が内部へ入り込まないよう守ってくれています。また、屋根の頂上部である棟は雨や風、日...続きを読む

      2022/09/5 横須賀市逸見が丘にて棟土の流出により浮き上がった棟瓦の調査

       横須賀市逸見が丘にお住いのお客様より『屋根の一番上の棟がズレている』とのご連絡をいただき現地調査へ伺いました。この時期、本格的に台風が来る前に・・ということでご連絡いただくお客様も多くなっています。私たち街の屋根やさんでは、まず現地調査を行わせていただき、現状で最適なご提案をしております。状態によ...続きを読む

      2022/07/26 横浜市青葉区奈良町で釉薬瓦の屋根を調査しました

      釉薬瓦の点検 使われていた屋根材は釉薬瓦という焼き物の瓦です。築50年ほどとのことでしたが、屋根材自体は非常に鮮やかな青色を保っています。それもそのはず、焼き物の瓦は塗装ではなく陶器と同じ仕上げになっているため、色褪せることはありません。そのため瓦はメンテナンスが不要と思われがちですが、塗装が不要な...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      棟瓦取り直しを行った施工事例

      施工内容
      棟瓦取り直し
      築年数
      36年
      使用材料
      南蛮漆喰 シルガード(黒)

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      お問い合わせバナー

      屋根やさんの10のルール リフォーム瑕疵保険
      施工事例 お役立ち情報
      施工の流れ 屋根工事の種類
      お客様の声 スタッフ紹介
      現場ブログ 会社概要
      お問い合わせ・ご相談 資料請求
      電話でお問い合わせ プライバシーポリシー
      ▼メニューを閉じる