座間市西栗原にて訪問業者に指摘された棟板金調査、それより気になったのはスレート屋根の傷み | 横浜の屋根工事、屋根リフォーム、屋根塗装は街の屋根やさん横浜

HOME > ブログ > 座間市西栗原にて訪問業者に指摘された棟板金調査、それより気に.....

座間市西栗原にて訪問業者に指摘された棟板金調査、それより気になったのはスレート屋根の傷み

更新日:2019年07月12日

訪問業者に棟板金の釘が浮いているので至急直した方がいいと言われて不安になり、座間市西栗原にお住まいのN様より棟板金を含めた屋根の点検調査依頼を頂きました。

特有の切り口としての棟板金の釘が浮いているだけならいいののですが、屋根に上がって見たら実際に釘が浮いていて、棟板金が強風に煽られたら飛散してしまいそうなら修繕が必要です。

 

確かに釘の浮きはあるものの経年劣化の範囲で緊急性が高いというわけではありません

確かに釘は浮いていますが経年劣化の範囲です 棟板金も横から手が入り込むほど隙間は出来ていますが、こちらも今すぐ工事しないと雨漏りするというわけではありません。もちろん長苑放置するとこちらも雨漏りの原因となります

 

確かに細かく見ると釘は浮いているものの、果たしてこれが地上から分かるかというと疑問です。手も横から入るほどの隙間はありますが釘はしっかり固定している所が多い為にすぐに飛散するなどはありません。ただ、このままで長年何もせずですともちろん横殴りの強風を伴う降雨時に雨水が棟板金内部に入ってしまい、貫板が腐食し結果棟板金が固定できず飛散してしまう事に繋がります。いずれは棟板金交換工事や、屋根工事が必要になりますのでそちらのご報告を致しました。

 

実は棟板金よりも気になる端部が白くなっているスレート屋根材

塗装工事をしたとの事なのでタスペーサーがありますが、実はスレート一枚にひとつしか差し込まれていませんでした 端部が白くスレート屋根材の素地が出ています

 

写真左はスレート屋根塗装で必ず必要なタスペーサーが差し込まれている所です。塗装すると屋根材の重なり部分にも塗膜が形成されてるため、屋根材の裏に雨水が回り込む構造になっているスレート屋根に必要な隙間を作る為にタスペーサー(縁切り作業)を差し込みます。ですがこちらの屋根にはスレート屋根一枚につき一つしか差し込まれておらずそれもランダムです。

これでは隙間が設けられていないところも出来てしまいます。隙間がないとその裏に雨水が留まってしまい屋根材が雨水を吸収して劣化します。その証拠に写真の様に端部が白くなっているのがお分かりいただけると思いますが、こちらはスレート屋根の素地、セメントがあらわになっている様子です。

タスペーサーがきちんと差し込まれていないスレート屋根は雨漏りするケースがよくあります。

 

切妻であるこちらの建物の全体を見回すとどこの

 

その後に屋根全体を見てみましたが、写真を見ると分かるように屋根材が重なる部分である小口がどこを見ても白くスレート屋根の素地が出ているのが分かります。

雨水が留まってしまっている所が多いようです。スレート・コロニアルと呼ばれる塗装が必要な屋根は、塗装しても保護されるのは目に見えている部分のみであり、実は裏側はなにも保護がされていません。なので裏側にまわった雨水を流すような構造になっています。ですが塗装時にタスペーサーが入っていないとその雨水が流れず裏側にたまり、それを保護されていない裏側から吸い込んでしまい、反りやクラック、表面の劣化が見られるようになります。

これが長年続くと、防水紙や野地板にまで雨水が回ってしまい、小屋裏から雨漏りがはじまります。タスペーサーがきちんと使われていない屋根は注意が必要です。

 記事内に記載されている金額は2019年07月12日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

関連動画をチェック!

【棟板金】釘浮き・錆 雨漏りを防ぐ棟板金チェックポイント【プロが解説!アメピタ!】

 今回の記事で登場した工事やお住まいのトラブルに関連する動画をご紹介します!


 こちらの動画では、工事の内容やお住まいのトラブルの対処方法などをより詳しく説明しています。
 お役立ち情報が満載ですのでぜひご覧になってみてください。


このページに関連するコンテンツをご紹介

棟板金の交換・修理について徹底解説|施工事例・費用もご紹介!
 毎年9月と10月になると、台風の影響により「棟板金の交換・修理」に関するお問い合わせを特に多く頂きます。  屋根の上で「異音が聞こえる」「屋根の頂上が浮いている」といった変化に不安を感じている方はいらっしゃいませんか?  台風以外でも、春一番や竜巻、木枯らしといった突発的な強風で…続きを読む
瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?
 和風と洋風のテイスト、現代的と伝統的の時代感、現在はそれらの枠を飛び越えた様々なデザインの建築が増えました。一般的なお住まいも実に多彩です。 また、それに合わせて屋根の形状も多様になってきました。オーソドックスな三角屋根、地球環境に配慮し太陽光発電を数多く載せられるように南斜面を広く取った屋根、…続きを読む
屋根修理の詐欺、訪問営業に注意!多発する詐欺や悪徳営業への対処法
 最初にリフォーム業者として悲しい事実をご紹介しなくてはいけません。  それは屋根や外壁にまつわる補修工事に限らずリフォーム業界において詐欺やトラブルが発生しているという事実です。例えば火災保険を活用したリフォームトラブルでは過去10年間で国民生活センターに寄せられる相談件数が20倍を超えています…続きを読む
地震に備えるなら軽い屋根を!スレート屋根へのカバー工法と種類をご紹介
 スレート屋根への屋根リフォームとして行われる屋根カバー工法。これまでの屋根の上に新しい屋根を被せる工法で、その新しい屋根には金属屋根材が用いられることがほとんどです。  実は金属屋根材以外でも屋根カバー工法は可能ということをご存知ですか。それでも金属屋根材が使われるのには合理的な理由があるのです。…続きを読む
あなたの屋根はどの形?18種類の屋根と名称をご紹介
 普段、生活する上で屋根の形を気にすることはあまりないと思います。ちょっと街を歩いてみましょう。ご近所を散歩するだけで、様々な形、様々な材料の屋根があることが分かります。  カッコイイ屋根、素敵な屋根、オシャレな屋根、かわいらしい屋根、ユニークな屋根、実に様々です。神社・仏閣ともなれば荘厳なものが多…続きを読む
スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のチェックポイントとメンテナンス方法
 国内で最も一般的に使われているスレート(化粧スレート)屋根材の寿命は、通常は新築後20~30年ほどですが、定期的なメンテナンスは新築から7~10年ごとに必要とされます。  これまでに何千ものスレート屋根を調査・点検してきた経験から、スレート屋根の劣化や問題を見逃さないためのチェックポイントや、メ…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店
      街の屋根やさん横浜支店
      お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      座間市のその他のブログ

      2023/08/28 座間市栗原中央にてテラス屋根の調査 フレームの木材の傷みが進んでいました

       座間市栗原中央にてテラス屋根の調査でお伺いしました。強風により波板が剥がれてしまったということで点検・お見積りのご依頼をいただきました。台風や強風の影響を受けやすいベランダやテラスの屋根は、経年により屋根材そのものの劣化も進みますが、固定部分の状態も重要です。二次的被害や大掛かりな工事が必要になる...続きを読む

      2023/06/12 座間市緑ケ丘で瓦屋根の傷みを点検しました

      瓦屋根の劣化が気になる 座間市緑ケ丘にお住まいのお客様より、瓦屋根の劣化が気になるので点検をお願いしたいとお問い合わせをいただき、現地調査にお伺いしてきました。屋根は瓦屋根で、瓦屋根の中でも釉薬瓦という焼き物の瓦でした。陶器を作る要領で造られた釉薬瓦は色あせを起こすことがなく、瓦だけで考えれば100...続きを読む

      2023/06/1 座間市南栗原にて一見問題が無いようなスレート屋根からの雨漏りを調査!野地板の傷みは屋根葺き替え工事で直す必要があります

       座間市南栗原にお住いのお客様より「最近になって雨漏りするようになった」とのご相談をいただき、調査に伺いました。お話によると、1年前に屋根塗装を行ったばかりなのに雨漏りが発生するようになってしまったそうです。 本来、塗装は塗膜によってその対象物を保護し、それ以上傷みを進行させないために行うものです。...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      座間市のその他の施工事例

      施工内容
      屋根葺き直し
      築年数
      6年
      使用材料
      ケイミュー コロニアルクァッド
      施工内容
      棟板金交換
      築年数
      22年
      使用材料
      ニスクカラーつや消し Sモスグリーン

      その他の施工事例一覧→

      棟板金交換を行った現場ブログ

      2024/02/28 横浜市青葉区柿の木台にて強風被害、棟板金が飛散し貫板も屋根上に散乱してしまておりました

       横浜市青葉区柿の木台にお住まいのN様よりとある最近続いた強風で夜中屋根から大きな音がしたので、一度屋根に異常がないか確認と同時に点検もしてほしいとご相談を頂きました。  N様邸は築20年以上経過し、今まで屋根は塗装のメンテナンスを一度されていたそうです。ただ、塗装のメンテナンスはしたが棟...続きを読む

      2024/02/27 横浜市青葉区寺谷町で築30年の屋根の調査を行いました

      スレート屋根の点検 横浜市青葉区寺谷町にお住まいのお客様より、築30年で屋根は一度塗っているがそろそろ塗装の時期かと思ったので状態を見て欲しいと思い合わせをいただき、現地調査にお伺いしてきました。   屋根はニューコロニアルというアスベスト含有スレートで葺かれた屋根でした。&nb...続きを読む

      2024/02/24 横浜市神奈川区西神奈川にて経年劣化で棟板金に錆が発生していました

      棟板金と谷が錆びているのが確認できました    横浜市神奈川区西神奈川にて屋根の点検、調査をしてほしいとお問い合わせをいただき現地調査に伺わせていただきました。  早速屋根に上ってみると屋根材の交わる頂点に設置してある棟板金と屋根材の交わる谷になっている箇所に設置してあ...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      棟板金交換を行った施工事例

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お気軽にお問合せ下さい!


      お電話でのお問い合わせは

      通話料無料

      0120-989-936

      8時30分~20時まで受け付け中!