屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

HOME > ブログ > 横浜市保土ケ谷区法泉にて飛散した棟板金は貫板の劣化が進んでい.....

横浜市保土ケ谷区法泉にて飛散した棟板金は貫板の劣化が進んでいました

更新日:2021年12月3日

 横浜市保土ケ谷区法泉にお住まいのお客様より「先日の強風で棟板金が剥がれてしまった」とのご連絡をいただき現地調査へ伺いました。棟板金は屋根の面が合わさる部分の頂上にあり、常に雨・風に晒されるため、風災害などの被害を受けやすい部分でもあります。今回は、飛散した棟板金の点検結果をご報告します。

棟板金飛散状況

棟板金飛散 コーキング劣化

 屋根の形状は、寄棟タイプでした。剥がれていたのは、大棟部分から下に向かって設置されている下り棟(隅棟)の棟板金1枚でした。剥がれていない別部分の大棟と下り棟の接合部分も、コーキングの劣化が進んでおり、隙間が出来ている状態でした。強風が吹き込んだ場合は、さらなる飛散が発生する可能性が高い状況です。

釘を残して貫板ごと飛散

釘のこし

 棟板金が飛散した部分を詳しく確認したところ、貫板(ぬきいた)の1枚が無くなっていました。「貫板(ぬきいた)」は、棟板金の下地材です。屋根面の頂上部分に1枚ずつ設置し、2枚を一緒に棟板金で覆います。貫板は、これまで木材を使用することが多く、どうしても水分による劣化は免れません。経年などで、屋根と棟板金に少しずつ隙間が出来き、そこから雨水などの水分が浸入し木材を腐らせてしまいます。水分を含んでは、乾燥することを繰り返していくうちに、貫板が痩せてしまうため、釘の固定が弱くなります。現在、雨水が建物内部へ侵入することを防ぐ棟板金が無いため、このままの状態では雨漏りに繋がる恐れもあります。屋根の下に敷かれている「防水紙」に問題が無ければ、すぐに雨漏りするということはありませんが、防水紙の耐用年数もありますので早めの対処が必要です。

屋根の傷み

屋根に苔発生 屋根の劣化

 屋根全体の状況も確認したところ、苔やカビが全体的に発生していました。スレート屋根はもともと塗装されており、塗料(塗膜)により防水性能が維持されます。塗装が剥がれることで徐々に防水性能が損なわれ、屋根の表面に雨水が残りやすくなり「苔」や「カビ」の発生原因となります。棟板金の錆も発生していて、屋根に錆が流れた跡が付いています。外観的にも、防水性の観点からも棟板金の交換をすることが必要と判断しました。スレート屋根の耐用年数は約20年~30年と言われています。塗装などの定期的なメンテナンスの有無により、寿命が短くなってしまうこともあります。耐用年数を迎える頃には、葺き替え屋根カバー工法などのリフォームが必要です。

 私たち街の屋根やさんでは新型コロナウィルスの予防対策として、手指の消毒・マスクの着用など、点検等でお伺いする際は安全に配慮しております。 ※現在「zoom」などオンラインでのお打ち合わせも承っております。お気軽にお問い合わせください。

 記事内に記載されている金額は2021年12月03日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

このページに関連するコンテンツをご紹介

スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のチェックポイントとメンテナンス方法
スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のチェックポイントとメンテナンス方法
 国内でもっとも使用されている屋根材の一つが今回のテーマにもなっているスレート(化粧スレート)と呼ばれる屋根材です。コロニアルやカラーベストとも呼ばれることも多く、「我が家も屋根材にスレートを使っている」という方も多いかもしれませんね。仮に瓦や金属といった他の屋根材のお住まいに住んでいらっしゃる方で…続きを読む
棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!
棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!
 毎年9月、10月の台風の時期になると特に増えるお問い合わせがあります。それは「棟板金交換」です。こちらのページをお読みの方でも「屋根の上から異音がする」など屋根の上の異変に不安を抱えていらっしゃる方はいらっしゃいませんでしょうか? 台風に限らず春一番や竜巻、木枯らしなど突発性の強風でも被害を受ける…続きを読む
屋根や外壁の劣化を促進させる苔・藻・カビの放置は絶対ダメ!?
屋根や外壁の劣化を促進させる苔・藻・カビの放置は絶対ダメ!?
 新築時や外装リフォーム後は綺麗だった屋根や外壁も時が経つにつれ、だんだんと汚れてきます。その中で屋根や外壁に苔や藻、カビが生えてしまうのは珍しいことではありません。苔や藻、カビは「汚れている・お手入れされていない」という美観の問題だけでなく、建材の劣化を早めてしまう可能性もあるのです。【動画で確認…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店 街の屋根やさん横浜支店 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      横浜市保土ヶ谷区のその他のブログ

      2022/03/18 横浜市保土ヶ谷区仏向町にて貫板が腐食し浮いてしまった棟板金を交換工事し雨漏り予防

       横浜市保土ヶ谷区仏向町にて、棟板金がめくれているため交換工事をしてほしいとご依頼をいただきました。お客様のお隣にお住まいの、以前屋根カバー工事の施工をご依頼いただいた別のお客様が街の屋根やさんをお客様にご紹介くださり、今回工事を担当させていただくことになりました。現地調査の際には棟板金の様子を写真...続きを読む

      2022/02/9 横浜市保土ヶ谷区上菅田町にて瓦棒葺き屋根調査、赤錆が多く下地がぶかぶかな状態で雨漏りしている可能性があった為に屋根葺き替え工事をご提案致しました

       横浜市保土ヶ谷区上菅田町にお住まいのお客様より、築30年程経過している屋根に異常がないか一度見てもらいたいと私たち、街の屋根やさんへご相談を頂きました。 特に室内に雨漏りしている訳ではないが、30年程外装のメンテナンスをされていないとの事でしたので現地調査にて屋根に異常がないかどうか、メンテナンス...続きを読む

      2021/12/26 横浜市保土ヶ谷区新桜ケ丘にてスレート屋根点検調査、築は浅くてもスレートが雨水を吸ってしまうと早期に屋根工事が必要になります

       横浜市保土ヶ谷区新桜ケ丘にお住まいのO様より、離れた所からちょうど見える自宅屋根の色が新築時とかなり違って見えるとの事で、屋根点検調査のご依頼を頂きました。 O様邸はまだ築12~13年程で、そろそろ外壁も含めた外装リフォームをしようと検討中だったとの事でした。新築時とは違ってみるという事は屋根の劣...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      横浜市保土ヶ谷区のその他の施工事例

      施工内容
      屋根葺き替え
      築年数
      41年
      使用材料
      オークリッジスーパー オニキスブラック
      施工内容
      屋根カバー工法
      築年数
      15年
      使用材料
      オーウェンスコーニング オークリッジスーパー
      色:エステートグレー

      その他の施工事例一覧→

      棟板金交換を行った現場ブログ

      2022/07/2 横浜市青葉区鴨志田町にて調査した屋根はアスベスト入りのスレート屋根でした

      古くなったスレート屋根 横浜市青葉区鴨志田町にお住まいのお客様より、10年ほど前に屋根は塗装しているが、そろそろ劣化具合など点検の時期かと思うので見てほしいとお問合せをいただき、現地調査にお伺いしてきました。 屋根材にはニューコロニアルという屋根材が使われており、これはクボタという会社が昔作っていた...続きを読む

      2022/06/24 横浜市瀬谷区三ツ境にて棟板金が浮いていると指摘されたようです

      棟板金が浮いていると訪問業者の方に指摘を受けたとお問い合わせをいただきました 横浜市瀬谷区三ツ境にて訪問業者より棟板金に浮きが発生していると言われたようですので現地調査に伺いました。このように訪問業者から屋根の状況を指摘されるということはよくあることです。なのでその際にはご安心して私たち街の屋根やさ...続きを読む

      2022/06/23 横浜市泉区緑園にて強風で飛ばされたと見られた棟板金の本当の原因は塗装工事の際に不必要なシーリングにありました

       最近の強風で屋根の一部が飛んだとの事で修繕の為の点検調査を、横浜市泉区緑園にお住まいのS様より頂きました。お住まいのメンテナンスとしては10年程前に屋根を塗装工事にてメンテナンスをされたとの事です。S様邸の屋根には化粧スレートが使われており、塗装でのメンテナンスは自然な流れです。しかし、塗装のみで...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      棟板金交換を行った施工事例

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      苗字

      名前

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      苗字

      名前

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      お問い合わせバナー

      屋根やさんの10のルール リフォーム瑕疵保険
      施工事例 お役立ち情報
      施工の流れ 屋根工事の種類
      お客様の声 スタッフ紹介
      支店長ブログ 会社概要
      お問い合わせ・ご相談 資料請求
      電話でお問い合わせ プライバシーポリシー
      ▼メニューを閉じる