横浜市青葉区みたけ台のお住まいにて赤色の瓦屋根を現地調査!瓦と比較して耐用年数が短い漆喰や防水紙にご注意を!

HOME > ブログ > 横浜市青葉区みたけ台のお住まいにて赤色の瓦屋根を現地調査!瓦.....

横浜市青葉区みたけ台のお住まいにて赤色の瓦屋根を現地調査!瓦と比較して耐用年数が短い漆喰や防水紙にご注意を!

更新日:2023年04月25日

 横浜市青葉区みたけ台のお住まいにて、瓦屋根に設置された漆喰剥がれを現地調査させて頂きました。
 瓦屋根は見た目も屈強・頑丈で実際に瓦自体には耐用年数が50年以上の物もある為、メンテナンスを必要としないイメージが強いかもしれません。
 しかし、棟の土台を覆う事で雨水の侵入を防ぐ「漆喰」や、屋内への雨水の侵入を防ぐ役割である瓦内部の「防水紙」など、瓦屋根の中では瓦と比べて耐用年数が短い建材も多く使用されている為、瓦屋根にも定期的なメンテナンスが必要となります。

赤色が特徴的な瓦屋根を現地調査

横浜市青葉区みたけ台のお住まいの瓦屋根

 現地調査にお伺いさせて頂きますと赤色が特徴的な瓦屋根のお住まいでした。
 早速、屋根に上らせて頂き調査をさせて頂きます!

棟瓦の漆喰の剥離と葺き土の露出

棟瓦の漆喰の剥離 棟瓦の葺き土の露出

 まずは、お客様にご相談を頂きました「棟瓦の剥離した漆喰」の調査です。
 写真の様に漆喰が剥離している個所を複数確認致しました。
 また、葺き土が露出してしまっている個所もございます。

 漆喰の主な役割は棟の土台である葺き土を雨水から守ることで、その耐用年数は10年~20年程度です。
 葺き土が剝き出しの状態ですと雨水によって葺き土が流されてしまい、棟が支えられなくなることで「棟の倒壊」に繋がるリスクがある為、早期の対応が必要となります。

瓦内部の防水紙の劣化による穴

瓦内部の防水紙 防水紙の劣化による穴

 合わせて、瓦内部の防水紙も調査させて頂きました。
 瓦を外させて頂き確認致しますと、劣化による穴が発生している個所が散見されました。

 多くの雨水は瓦によって防がれますが、瓦では防ぎきれなかった雨水が屋内へ侵入する事を防ぐのがこの「防水紙」で、その耐用年数は材質・メーカーにもよりますが10年~20年です。
 防水紙の劣化・穴が開いている状態を放置してしまいますと、屋内へ雨水の侵入を許すこととなり「雨漏り」の大きな原因となってしまいますので、こちらも早期の対応が必要となります。

瓦と比較して耐用年数が短い漆喰や防水紙の劣化にご注意下さい!

 これまでご紹介させて頂いた通り、「瓦」の耐用年数と比較して「漆喰」や「防水紙」の耐用年数は10年~20年と短いです。
 瓦屋根もスレート屋根と変わらず、長く安心してご使用いただく為には定期的なメンテナンスが必要となりますのでご注意ください!

 私達、街の屋根やさんは、お住まいの屋根の現地調査から最適な施工方法のご提案・お見積り作成まで無料にて承っております。
 瓦屋根の漆喰や防水紙の定期点検・ご不安やお困りごとのご相談などございましたら、まずはお気軽にご相談下さい!

 参考価格として「漆喰詰め直し工事」では、1mあたり税込み5,500円~、既存の瓦を再利用し防水紙を含めた瓦内部のメンテナンスが可能な「屋根葺き直し工事」では、1㎡あたり税込み9,900円~ご提案させて頂いております。

 「新型コロナウィルス対策」として手指の消毒やマスク着用の上お住まいへお伺いさせて頂き、点検・ご相談の際は適切なソーシャルディスタンスを保つ事を徹底しておりますのでご安心下さい!

 

 記事内に記載されている金額は2023年04月25日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

2024年最新情報!補助金でお得にリフォーム!

横浜市青葉区ではたくさんのお客様にご依頼をいただいております!

工事種類

屋根カバー工事, 外壁塗装

お問い合わせ内容

横浜市青葉区O様
他業者様よりお住まいのことについてご指摘を受けられたことがきっかけてお問い合わせをいただきました。お住まいの状態を拝見し、屋根カバー・外壁塗装工事を提案させていただきました!

関連動画をチェック!

棟瓦からの雨漏りは取り直し工事で解決【アメピタ!】

 今回の記事で登場した工事やお住まいのトラブルに関連する動画をご紹介します!


 こちらの動画では、工事の内容やお住まいのトラブルの対処方法などをより詳しく説明しています。
 お役立ち情報が満載ですのでぜひご覧になってみてください。


このページに関連するコンテンツをご紹介

瓦屋根の方へ、漆喰詰め直し・漆喰取直しで長寿命な屋根を目指しましょう
 漆喰の歴史は古く、約5000年前から世界中で使われています。瓦や石材の接着、目地の充填、壁の上塗りなど漆喰は様々な場面に用いられてきました。日本が世界に誇る世界遺産「姫路城」、その白鷺と形容される美しい白壁にも漆喰が用いられています。 瓦屋根では瓦の固定や接着に漆喰が用いられています。この漆喰も…続きを読む
4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう
 「瓦屋根は手入れいらずで安全」と思っていませんか? 確かに瓦屋根は耐久性が高く、数十年以上も持ちますが、台風や強風の影響を受けやすい場合があります。  瓦屋根の耐用年数をさらに延ばし、安全かつ安心してご利用いただくために、瓦屋根のメンテナンスについて説明します。メンテナンスのタイミングや方法につ…続きを読む
瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?
 和風と洋風のテイスト、現代的と伝統的の時代感、現在はそれらの枠を飛び越えた様々なデザインの建築が増えました。一般的なお住まいも実に多彩です。 また、それに合わせて屋根の形状も多様になってきました。オーソドックスな三角屋根、地球環境に配慮し太陽光発電を数多く載せられるように南斜面を広く取った屋根、…続きを読む
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
 最近では台風や地震が頻繁に発生し、瓦屋根に不安を感じている方も多いのではないでしょうか?  重くて堅固な瓦が地に落ちると、まず間違いなくその着地点の物を傷つけ、破壊してしまいます。 自分の敷地内であればまだしも、お隣に被害を及ぼしてしまった場合、問題が複雑化します。  頑丈で重い屋根材故に、適切…続きを読む
瓦の種類はたくさん!粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦など瓦の種類や見分け方、メンテナンス方法について詳しく解説!
 日本の伝統的な屋根材と言えば「瓦」。昔から馴染みがある屋根材で、瓦と聞いただけでイメージが頭に浮かぶ人も多いのではないでしょうか。 しかし、ひとくちに「瓦」と言っても、神社などの建築で使われる和風な瓦から、外国を彷彿させるような洋風な瓦までさまざまあります。色や形状などの見た目はもちろん、材質や…続きを読む
あなたの屋根はどの形?18種類の屋根と名称をご紹介
 普段、生活する上で屋根の形を気にすることはあまりないと思います。ちょっと街を歩いてみましょう。ご近所を散歩するだけで、様々な形、様々な材料の屋根があることが分かります。  カッコイイ屋根、素敵な屋根、オシャレな屋根、かわいらしい屋根、ユニークな屋根、実に様々です。神社・仏閣ともなれば荘厳なものが多…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店
      街の屋根やさん横浜支店
      お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      横浜市青葉区のその他のブログ

      2024/04/20 横浜市青葉区さつきが丘で表層剝離を起こしたパミールの調査に伺いました

        こんにちは! 街の屋根やさんです(=゚ω゚)ノ  今回は屋根材に剥がれが起きてしまっているから点検と修理が必要ならその見積もりが欲しいとご連絡をいただき、横浜市青葉区さつきが丘へ調査に伺いました!  それでは早速調査開始です( `ー´)ノ 表層剝離が起こっ...続きを読む

      2024/03/14 横浜市青葉区美しが丘で割れた”アーバニー”の調査に伺いました

        こんにちは! 街の屋根やさんです(=゚ω゚)ノ  今回は屋根のメンテナンスを考えているから、メンテナンスをした時の見積もりが欲しいとご相談をいただき調査に来ました。  それでは早速調査開始です! 割れたアーバニー  屋根に上り、調査をしてみると「...続きを読む

      2024/02/28 横浜市青葉区柿の木台にて強風被害、棟板金が飛散し貫板も屋根上に散乱してしまておりました

       横浜市青葉区柿の木台にお住まいのN様よりとある最近続いた強風で夜中屋根から大きな音がしたので、一度屋根に異常がないか確認と同時に点検もしてほしいとご相談を頂きました。  N様邸は築20年以上経過し、今まで屋根は塗装のメンテナンスを一度されていたそうです。ただ、塗装のメンテナンスはしたが棟...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      横浜市青葉区のその他の施工事例

      その他の施工事例一覧→

      棟瓦取り直しを行った現場ブログ

      2024/05/28 相模原市中央区横山で強風で崩壊した棟瓦を点検・調査しました

      屋根が崩れてしまったので見に来てほしい 相模原市中央区横山にお住まいのお客様より、ご自宅の瓦屋根のてっぺん部分が崩れてしまったので状態を確認して欲しいとお問合せをいただき、現地調査にお伺いしてきました。   早速屋根に登ってみると、棟瓦が崩壊している状態でした(;´・ω・)&nb...続きを読む

      2024/04/16 棟瓦の読み方・役割とは?|棟瓦を構成する「のし瓦」などの部材を併せてご紹介!

      棟瓦は、一般的に瓦屋根の頂点など面と面の合わさり部に設置されます! それでは、棟瓦はどの様な役割があるのでしょうか(・・? 今回は棟瓦の読み方・役割をはじめ、棟瓦を構成する「のし瓦」などの部材の位置やそれぞれの役割をご紹介いたします!棟瓦の読み方・役割 棟瓦は「むねがわら」と読み、冒頭でもお伝え致し...続きを読む

      2024/03/7 コーキングとシーリングの違いとは?施工を必要とする工事事例をご紹介!

       コーキング・シーリングと聞きますと、何となく「浸水を防ぐ役割を持っている」と分かるもののその違いについて分からないと言う方も多いのではないでしょうか(・・? この記事では、コーキングとシーリングの違いや役割と併せて必要とする施工箇所の一例をご紹介致します!コーキングとシーリングの違い 結論からお話...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      棟瓦取り直しを行った施工事例

      施工内容
      棟瓦取り直し
      築年数
      11年
      使用材料
      南蛮漆喰 シルガード(黒)

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お気軽にお問合せ下さい!


      お電話でのお問い合わせは

      通話料無料

      0120-989-936

      8時30分~20時まで受け付け中!