屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

HOME > ブログ > 大和市深見にて防水紙劣化による雨漏りを屋根葺き直し工事で改善.....

大和市深見にて防水紙劣化による雨漏りを屋根葺き直し工事で改善

更新日:2019年5月29日

雨漏りを放置するとお住まいの寿命は短くなります

大和市深見にお住まいのお客様より「家の天井から雨漏りしている」とのお問い合わせをお受けいたしました。雨漏りはちょっと前から発生していたようで、お問い合わせするまで数か月くらい時間が経ってしまっているということです。雨漏りは水分によって木部を腐食させることで、建物の耐久性を著しく低下させます。お住まいを長持ちさせる上で特に雨漏りについては早急に対応することが大事になってきます。また、天井に発生した染みは清掃だけでは落ちないことが多いので、天井板の張り替えなど内装工事も別途必要になります。雨漏りを放置すればするほど後になって工事をする規模も大きくなるので、早めに専門業者に調査と修理を依頼するようにしましょう。
※雨漏り被害に関する詳細については専用ページをご覧ください。

 

雨漏りの原因は防水紙の劣化

大和市深見 雨漏りによる天井の染み  大和市深見 屋根葺き直し工事 屋根材取り外し

まずは室内の雨漏りの様子です(左写真)。天井の隅に染みができていますが、ここ以外にもさまざまな箇所に染みができていました。雨漏りは天井裏の柱や壁を伝って色々な箇所を雨水の出口とします。ですので一概に雨染みがある真上やその付近が雨漏りしているとは限らないのです。
調査をすすめると屋根は瓦でその下に設置されている防水紙が劣化して、それによって雨漏りしていることがわかりましたので今回は防水紙を交換するために屋根葺き直し工事を実施いたします。
屋根葺き直し工事は既存の屋根材を再度利用する屋根工事です。まずは瓦を外していきますが、ご覧の通り防水紙は経年劣化で変色しており(右写真)、さらにはあちこちが破れてしまっています。

屋根葺き直し工事で雨漏りを改善させます

大和市深見 屋根葺き直し工事 防水紙交換 大和市深見 屋根葺き直し工事 屋根材設置

経年で野地板が傷んだ箇所は増し張りし、その上から新しい防水紙を取り付けます(右写真)。続いて瓦桟をとりつけて、そこに瓦を引っ掛けるようにして設置していきます。この工法は引掛桟葺き工法とも言われており最近のお住まいにも広く使われております。

大和市深見 屋根葺き直し工事 棟瓦工事

棟瓦には漆喰を使って棟を組んでいきます。
最終的には雪止めなどを設置して清掃をすれば屋根葺き直し工事は完工となります。
工事が終わり、これで雨漏りも改善されましたので安心ですね。
屋根葺き直し工事は屋根材を再度使うことから屋根材に傷みが出ていないことや、現在でも入手できる屋根材であることなどの施工をする上での条件があります。街の屋根やさんでは事前に調査を行い、お住まいにとって最適な工事をご提案いたしますので、屋根工事をお考えの方はお気軽に弊社の無料点検をご利用ください。

 記事内に記載されている金額は2019年05月29日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

このページに関連するコンテンツをご紹介

知ってお得!屋根の便利な豆知識
知ってお得!屋根の便利な豆知識
 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。 素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の…続きを読む
瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?
瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?
 和風と洋風のテイスト、現代的と伝統的の時代感、現在はそれらの枠を飛び越えた様々なデザインの建築が増えました。一般的なお住まいも実に多彩です。 また、それに合わせて屋根の形状も多様になってきました。オーソドックスな三角屋根、地球環境に配慮し太陽光発電を数多く載せられるように南斜面…続きを読む
屋根や外壁の劣化を促進させる苔・藻・カビの放置は絶対ダメ!?
屋根や外壁の劣化を促進させる苔・藻・カビの放置は絶対ダメ!?
 新築時や外装リフォーム後は綺麗だった屋根や外壁も時が経つにつれ、だんだんと汚れてきます。その中で屋根や外壁に苔や藻、カビが生えてしまうのは珍しいことではありません。苔や藻、カビは「汚れている・お手入れされていない」という美観の問題だけでなく、建材の劣化を早めてしまう可能性もあるのです。【動画で確認…続きを読む
とても重要!雨漏りを防止する雨仕舞い
とても重要!雨漏りを防止する雨仕舞い
 「防水」は一般の方でも馴染みのある言葉だと思いますが、「雨仕舞い」は聞いたことがないという方がほとんどではないでしょうか。屋根やさんなどの建設関係者でなければ、聞く機会がない「雨仕舞い」、雨漏りを防ぐためにとても重要な考え方なのです。雨水を残留させないのが雨仕舞いの基本的な考え方 雨を仕舞うと書い…続きを読む
あなたの屋根はどの形?18種類の屋根と名称をご紹介
あなたの屋根はどの形?18種類の屋根と名称をご紹介
普段、生活する上で屋根の形を気にすることはあまりないと思います。ちょっと街を歩いてみましょう。ご近所を散歩するだけで、様々な形、様々な材料の屋根があることが分かります。 カッコイイ屋根、素敵な屋根、オシャレな屋根、かわいらしい屋根、ユニークな屋根、実に様々です。神社・仏閣ともなれば荘厳なものが多いで…続きを読む
雨漏りの原因となりやすいパラペット、メンテナンスは必須です
雨漏りの原因となりやすいパラペット、メンテナンスは必須です
 誰しも一度はビルの屋上に上がったことがあるのではないでしょうか。一般的にビルの屋上は陸屋根と呼ばれるほぼ平らな屋根で、ほぼ傾斜がありません。そして、その外周部は建物によって違いますが、低い壁か高い壁で取り囲まれていることがほとんどです。低い壁の場合、その上に手摺りが設置されていなければ歩行可能な…続きを読む
これまでの瓦を再利用!瓦屋根葺き直しの2つのメリット・デメリット
これまでの瓦を再利用!瓦屋根葺き直しの2つのメリット・デメリット
一旦、屋根材(瓦・天然スレート)を取り外し、防水紙や野地板を交換・補修してから、これまでの屋根材を再利用して屋根を葺き直す工事です。既存の屋根材を新しい屋根材に交換する屋根葺き替えと似ていますが、これまでの屋根材を再利用するところが大きく違います。したがって、屋根葺き直しが行える屋根は耐用年数が長い…続きを読む
雨漏り修理・雨漏り工事は街の屋根やさんへ
雨漏り修理・雨漏り工事は街の屋根やさんへ
 雨漏りは屋根から漏ると思われがちですが、原因が屋根以外である事も普通です。よくある窓回り、外壁、ドレインからの他、異常気象で雨水が吹き上がって軒天の隙間から入り込んだり、太陽光パネルの設置による下地の破損など、原因が多様化しているのが最近の傾向です。そのため、気がついた時にはすでに様々な経路を伝っ…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店 街の屋根やさん横浜支店 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      大和市のその他のブログ

      2022/01/23 大和市福田にて防水紙の劣化により外壁との取り合い部分から雨漏り

       大和市福田にお住まいのお客様より、雨漏りのご相談をいただき現地調査へ伺いました。屋根から雨漏りする場合、「屋根材の経年劣化・破損」、「防水紙の劣化・破損」、「板金部分の劣化・破損」、稀に施工不良が主な原因です。今回は、点検から修繕した方法についてご報告します。雨漏り部分の確認  「雨染み」を確認し...続きを読む

      2021/07/17 大和市福田にて棟板金交換工事に伴い遮熱塗料サーモアイSiで屋根塗装!

       夏は室内の温度が高いため、エアコンを使用する頻度も多くなると思います。テレワークやお家時間が増えた現在では、電気代が掛かりお悩みの方もいらっしゃるでしょう。暑さ対策として、遮熱塗料を使用した屋根塗装を行うのも一つの手です。 大和市福田にお住まいのお客様は棟板金交換工事に伴い、遮熱塗料を使用した屋根...続きを読む

      2020/10/23 大和市大和南にて強風により棟板金と下地木である貫板が飛散しており早急な棟板金交換工事が必要な状況でした

       大和市大和南にお住まいのK様より、最近の台風や強風時だと思うが屋根から木材が落ちて庭先に置いてある。自宅の物かどうかも分からない状態なので一度屋根調査をして、もし自宅の物であれば修理を依頼したいとのご相談を頂きました。 K様邸は築20年以上経過されておりましたが、今までに足場を架けての外装リフォー...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      大和市のその他の施工事例

      施工内容
      屋根カバー工法
      築年数
      28年
      使用材料
      オークリッジスーパー(テラコッタブレンド)

      その他の施工事例一覧→

      屋根葺き直しを行った現場ブログ

      2022/07/5 横浜市緑区鴨居で30年の瓦屋根を調査しました

      築30年の瓦屋根 横浜市緑区鴨居にお住まいのお客様より、築30年になる瓦屋根に問題が無いか状態を確認して欲しいとお問い合わせをいただき、現地調査にお伺いしてきました。瓦は全ての屋根材の中でもっとも長持ちする屋根材ですが、メンテナンスフリーという分けではありません。瓦屋根そのものは50年以上の耐用年数...続きを読む

      2022/06/29 横浜市神奈川区羽沢町にて築25年のお住いの現地調査を行いました

      築25年のスレート屋根の調査を行いました 横浜市神奈川区羽沢町にて築年数25年ほどのスレート屋根の調査を行いました。スレート屋根材は重量も軽くお値段も安価という理由で現在最も普及している屋根材です。耐用年数は約20年~30年だと言われていますがその中でも塗装や棟板金交換などといった定期的なメンテナン...続きを読む

      2022/06/22 横浜市磯子区岡村にて強風の影響でスレート屋根が落ちてしまったようです

      欠けが多く発生しているスレート屋根 横浜市磯子区岡村にて強風の影響でスレート屋根材が落下してしまったとお問い合わせがあり、現地調査に伺いました。調査をしようとしたところ、屋根材の劣化状況がひどく、上ることが出来なかったので今回はドローン撮影での調査となります。ドローン撮影は細かいところの撮影や画質も...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      屋根葺き直しを行った施工事例

      施工内容
      屋根補修工事
      築年数
      25年
      使用材料
      ニチハ 横段ルーフS 色:KブラックS
      施工内容
      屋根葺き直し
      築年数
      6年
      使用材料
      ケイミュー コロニアルクァッド

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      苗字

      名前

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      苗字

      名前

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      お問い合わせバナー

      屋根やさんの10のルール リフォーム瑕疵保険
      施工事例 お役立ち情報
      施工の流れ 屋根工事の種類
      お客様の声 スタッフ紹介
      支店長ブログ 会社概要
      お問い合わせ・ご相談 資料請求
      電話でお問い合わせ プライバシーポリシー
      ▼メニューを閉じる