屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

HOME > ブログ > 座間市立野台にて強風の影響で隅棟が倒壊し脇の道路に瓦が落下す.....

座間市立野台にて強風の影響で隅棟が倒壊し脇の道路に瓦が落下する寸前でした

更新日:2020年5月8日

 座間市立野台にお住まいのK様より、深夜強風が吹き荒れた翌日に陶器瓦が使われていた屋根の隅棟が倒壊した事がきっかけで屋根の点検調査依頼を頂きました。

なによりもすぐ横にはお隣のカーポートがあり、公道もありで二次被害を考えねばなりません。

 不在でもいいので至急見て欲しいとの事で現地を見させていただきました。

 

五段熨斗の重厚な屋根

和瓦が使われた築40年経過した屋根 瓦は漆喰がダメージを受けるとそこから雨水が侵入し雨漏りする場合がございます

 

 屋根にあがると、台風の影響からか隣家のカーポートの屋根材も飛散しているのが確認できます。ここら一帯が風の通り道だったようで、被害が多かったようです。倒壊しているという棟はどこかというと、思っていた以上に被害が甚大です。

 

隅棟が倒壊してしまい鬼瓦の近辺に冠瓦が滑り落ちていました

屋根のそこらかしこに泥や瓦が散乱

 

 こちらが倒壊してしまった棟の様子です。下っている棟を下り棟や隅棟と言いますが、その部分が丸々崩れてしまっていました。この状況を見ると自然の力には備える事でしか対応できないと感じます。いくらきちんとメンテナンスを定期的に行っていたとしても一瞬でそれが無に帰してしまいます。

 今回は他に倒壊しなかった棟同様にダメージを受けてしまっていると考えられるため、屋根全体の棟取り直し工事を行い復旧すると共に他の棟に関してもリフレッシュさせる事にしました。

 

こう見ると瓦屋根には相当な量の土や泥で造られていると分かります 元々漆喰も傷んでいたようです

 

 倒壊してしまったのは南西に下っている棟一本のみでしたが、ここまで崩れてしまうと養生もできません。その場でできた事と言えば落下しそうになっている軒先まで崩れ落ちてしまった冠瓦や熨斗瓦を拾い集めて屋根から降ろすことぐらいです。後は早めに段取りをし工事を行いませんと、雨水から建物を守れません。

 このような被害に遭われて初めてご自宅の屋根に使われている屋根材が何かわかったという方もいらっしゃいます。常日頃建物のメンテナンスに関しては、注意しておくと何かあった時に選択肢が広がります。

 私達、街の屋根やさんではどんな屋根材にも対応させて頂き、お客様の選択肢が狭まるようなことが無いようにさせて頂いております。何も起こらないのが一番ですが、何かと自然災害が多い日本ですのでせめてメンテナンスをしっかりしておき、備えるようにしておきましょう。

 またコロナウィルスの影響で色々と判断が難しい事も多いかと存じますが、街の屋根やさんでは様々な対策を講じて現地調査や現場確認などを行わせて頂いております。詳しくは「新型コロナウィルス対策について」をご覧ください。

 記事内に記載されている金額は2020年05月10日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

このページに関連するコンテンツをご紹介

重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
 台風などの強風で被害に遭いやすく、他の部分へ被害を拡大してしまうケースも多いのが瓦屋根です。ずれてしまうだけならまだしも、災害の規模が大きいと屋根から瓦が落下してきます。重くて固い瓦が落下すると、まず間違いなく落下地点のものを傷つけ、破壊します。2階屋根から1階屋根に落下すれば、その部分の瓦がほぼ…続きを読む
瓦の種類はたくさん!粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦など瓦の種類や見分け方、メンテナンス方法について詳しく解説!
瓦の種類はたくさん!粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦など瓦の種類や見分け方、メンテナンス方法について詳しく解説!
 日本の伝統的な屋根材と言えば「瓦」。昔から馴染みがある屋根材で、瓦と聞いただけでイメージが頭に浮かぶ人も多いのではないでしょうか。 しかし、ひとくちに「瓦」と言っても、神社などの建築で使われる和風な瓦から、外国を彷彿させるような洋風な瓦までさまざまあります。色や形状などの見た目はもちろん、材質や…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店 街の屋根やさん横浜支店 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      座間市のその他のブログ

      2021/09/18 座間市入谷東でスレート屋根から雨漏り発生、原因は棟板金の浮きでした

       座間市入谷東にお住まいのお客様は屋根からの雨漏りにお悩みでした。雨漏りが発生した場合には、原因を突き止め、きちんと修繕することが大切です。屋根の上は地上から確認することが難しいため、必ず専門の業者に点検を依頼しましょう。私たち街の屋根やさんでは、お住まいの調査から工事のお見積り・ご提案まで無料で承...続きを読む

      2020/11/8 座間市南栗原でセメント瓦の点検、表面が劣化したセメント瓦は雨水を吸い込んでしまいます

       座間市南栗原にお住いになられているE様より「屋根が傷んできているようなので点検してほしい」とご心配なご相談がございました。築30年以上が経過している座間市南栗原E様のお宅は、瓦を使用している屋根でした。瓦は瓦でも製造している原材料はそれぞれで、その中でもセメントで造られているセメント瓦を使用してお...続きを読む

      2020/10/21 座間市栗原でスレート屋根が破損、棟板金が外れて無くなっておりました

       座間市栗原にお住いになられているE様より「前から棟板金が屋根から無くなっている箇所がある」とご心配なご相談がございました。築年数は30年以上が経過した建物で、屋根はスレートを使用した屋根でした。これまでに何度か棟板金が落ちてきて、そのたびに部分的に板金を被せ直したりしてきたそうですが、また今回も棟...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      座間市のその他の施工事例

      施工内容
      屋根葺き直し
      築年数
      6年
      使用材料
      ケイミュー コロニアルクァッド
      施工内容
      棟板金交換
      築年数
      22年
      使用材料
      ニスクカラーつや消し Sモスグリーン

      その他の施工事例一覧→

      棟瓦取り直しを行った現場ブログ

      2022/06/4 横浜市都筑区荏田東にて棟瓦が倒壊、原因は長年メンテナンスをしていなかった漆喰にありました

       横浜市都筑区荏田東にお住まいのS様より、屋根の瓦が落下してきたので一度点検調査をしてほしいと街の屋根やさんへご相談を頂きました。お話をお伺いしますと、S様邸は築40年程経過しており、屋根は瓦だからと何も手をかけて来なかったようです。最近大雨や強風の日が続いたからか分かりませんが、屋根から庭先へ瓦が...続きを読む

      2022/05/19 鎌倉市今泉にて漆喰の劣化状況を調査、棟瓦取り直し工事をご提案させていただきました

       鎌倉市今泉にて棟瓦の漆喰の剥がれについて調査を行いました。お客様にお話を伺いますと、「瓦屋根の漆喰が剥がれているのを発見し、雨漏りが心配なので点検をお願いしたい」とのことでしたので、さっそく調査にお伺いさせていただきました。漆喰の重要な役割  梯子を使って屋根に上がらせていただくと、棟部分で漆喰が...続きを読む

      2022/04/29 三浦郡葉山町長柄で強風の影響で隅棟が倒壊してしまったお住まいを調査。経年により漆喰や葺き土が劣化?

       三浦郡葉山町長柄で、庭に瓦が落ちており、自宅の屋根の棟が一部なくなっているように見えるため調査をしてほしいとお問い合わせをいただきました。前日には強風があったため、風の影響で飛散してしまったものと思われます。 調査のためご自宅へお伺いすると、どうやら瓦屋根の隅棟が崩れてしまっているようです。このま...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      棟瓦取り直しを行った施工事例

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      苗字

      名前

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      苗字

      名前

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      お問い合わせバナー

      屋根やさんの10のルール リフォーム瑕疵保険
      施工事例 お役立ち情報
      施工の流れ 屋根工事の種類
      お客様の声 スタッフ紹介
      支店長ブログ 会社概要
      お問い合わせ・ご相談 資料請求
      電話でお問い合わせ プライバシーポリシー
      ▼メニューを閉じる